fc2ブログ

深呼吸

前回は『大リーグのメンタルトレーニング 第2版』(ケン・ラビザ/トム・ヘンソン著 ベースボールマガジン社)のなかの「ボディーランゲージ」に関する記述を紹介しました。  今回も同書からです。

1.同書では「深呼吸」に関する記述が多く出てきます。  「マイク・トラウト選手の打席でのプレー前のルーティン」の項を番号を付けて紹介します。  トラウト選手はMLBのロサンゼルス・エンゼルス所属で大谷翔平選手の同僚です。   オールスターゲーム選出11回・MVP3回の実績を残しているMLBを代表する選手の一人です。

『①バッティングにおいては、私はゆっくりと打席に向かい、バットとバッティンググローブを持ってルーティンをし、気持ちを準備して深呼吸をします。  深呼吸をすることは、ケン (ラビザ博士) が最初に私に言ったことの一つでした。

②しかしそれで終わりではありません。   私にとって重要なことは、打席に戻る前に深呼吸を終えるということです。

③私はバッティンググローブをして深呼吸をすると、 本当に力が湧いてきます。  一度深呼吸を終えれば、 準備ができた状態で打席に戻ります。  自分の準備が終わらないうちは、ピッチャーに投げ始めてほしくないので、私の準備ができた時に打席に入るのです。

④私の態度は、「打ってやる、ここは俺の縄張りだ、 俺の打席だ」 というものです。  もし、私が素晴らしいシンカーを投げるピッチャーと対戦し手を出せなかったら、私は打席を外し、 何回か深呼吸をし、 ルーティン (準備) を終えます。   そして「ボールをよく見ろ」と自分自身に言い聞かせます。

⑤私は前のプレーを思い出し、何が問題であったかを考えます。   深呼吸をした後、打席に入った時にはすべては過去のこととなり、 私は未来、次のプレーへと向かいます。   私はこのように考えます : 3回打ち取られたが、1回は打った。

⑥私は、ポジティブになることを心がけました。   ライナーを捕られてアウトになったり、いい当たりをアウトにされたりするのは、ネガティティブな結果です。  しかし、「オーライ、次は打つよ」と前向きな気持ちになります。

⑦良いスイングをしたようなポジティブな気持ちで、もう一度素晴らしいバッティングをする準備をし、真ん中の球を打ったり、 ホームランを打つなどのポジティブな気持ちを持ちます。』


2.続く「プレーの前に質の高い呼吸をする」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『もしできるならば各プレーの前に、意味のある、明確で、きれいな、意義深い呼吸をします。  ゆっくりと安定した呼吸は、ヘッズアップアプローチの重要な点です。   

深呼吸は:

①前のプレーから気持ちを切り替えることに役立ちます。

②自分がコントロールできているかどうかを確認できます。

③自分をコントロールするのに役立ちます。

④緊張を緩めるのに役立ちます。

⑤意識的な思考から無意識の勝負に移行する手助けをします。

⑥バッティングのリズムを確立するのに役立ちます。』


3.「ヘッズアップ守備」の項にも関連する記述があったので抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①そのうちの1回以上で、 質の高い呼吸であるダブルブレス (2回の深呼吸) ルーティンを実践するのも良いでしょう。   プレッシャーがかかっている時はダブルプレス (2回の深呼吸)のルーティンを使い、 それ以外の時は、 シングルプレス (1回の深呼吸)のルーティンを使うのがいいかもしれません。

②深呼吸というスキルは、 ヘッズアップベースボールの中ではMVPです。』


4.続く「注意」の項も抜粋し、番号を付けて紹介します。

『① 呼吸を完了させましょう。   他のことをするのと同じように、深呼吸の動作を行うことができます。

②呼吸に注意を向けてください。   入ってくる空気を感じていますか?   出ていく空気を感じていますか?

③あなたのルーティンに進む前に呼吸を終了させます。  選手は、困難な状況な時で息を短く切ってしまいます。   呼吸を急げば、 彼らは緊張して、急いでいる感覚になってしまいます(時には息を止めてしまうこともありますそれはさらに緊張を生み出します)。

④呼吸をすることで、 リズム、 テンポ、 努力のレベルを維持することができます。  もし、プレー前に深呼吸をしたかどうかを100%確認していない場合は、 自分をコントロールできていないということになりますし、 1球1球に対して、プレーしていない可能性が高いということになります。』

空手の試合でも、試合前の緊張感をやわらげたり、自分が不利な状況での焦りを緩和するなど、深呼吸(腹式呼吸)は必須です。  






TOP↑

ボディーランゲージ

1.8月26・27日は京都で極真祭でした。  

競(せ)っている決勝戦で弱気になって、判定負けした選手がいたので、終了後に次のような話をしました。

『競っている試合では、どちらに勝ちが転ぶかわからない。  心の中で弱気になりがちなのは分かるが、それを態度に表すと、相手選手にそれが伝わり、同じように苦しかった相手を勢いづかせてしまう。  

当然、審判からも見えているので判定にも影響する。  

大きな大会で、決勝戦まですべて楽勝ということはありえない。  「苦しくても、態度に表さない、ポーカーフェイスでいる」ことができないと優勝するのは難しい。』


2.最近読んだ『大リーグのメンタルトレーニング 第2版』(ケン・ラビザ/トム・ヘンソン著 ベースボールマガジン社)の「ヘッズアップピッチング」の項に関連する記述があったので抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①大きくなりましょう!   胸を張り、上を向きましょう。   足幅を広げて、背筋を伸ばしましょう。   地面に足を踏みしめ、エネルギーを広げましょう。

②自信を持って身体を動かせば、身体は心に「準備はできている、 私はできる」と伝えます。

③肩を落としているということは、相手や自分のチームに、 自分が困っているというメッセージを送っていることになります。

④バッターはサメのようなもので、マウンド上での悪いボディーランゲージは、水中の血のようなものです・・・彼らは積極的に食べに来るでしょう。』


3.同じ項に、ニューヨーク・ヤンキースのゲリット・コール投手のコメントが載っていたので、番号を付けて紹介します。

『①ネガティブなものを一掃して、はっきりと考えることができるようにしなければなりません。   アドレナリンが出ていようが、それを計画的に利用して自分に有利になるようにしなければなりません。

②バッターはサメと同じで、血の匂いを嗅ぎ分けることができます。   だからこそ、ピッチャーの悪いボディーランゲージによって彼らに自信を与えないことが重要なのです。   何があっても常に自分の方が優位であることをアピールしなければなりません。』

TOP↑

〝化ける〟裏に〝反復〟あり

『老いては「好き」にしたがえ!』(片岡鶴太郎著 幻冬舎新書)を読みました。  「〝化ける〟裏に〝反復〟あり」の項を番号を付けて紹介します。

『1.①波動が「出る、出ない」はごまかしがきかない気がします。  私としては、「波動」は魅力や才能とは違って、波動としか言い表せません。

②芸能界は、波動が出ている人が大勢います。  最近お仕事をご一緒した方で波動をビンビン感じたのは、橋本環奈さん。  映画の撮影現場で初めて見た瞬間、強い波動が伝わってきました。

③私なりの言い方をすると「この子はぶっとい!」と感じました。  田舎出の女の子の役で、地味な衣装にノーメイクなのに、波動が強く出ていて、どこにいても存在感があるのです。

④ルックスのかわいさ、美しさだけではなくて、背後にドンと大きな柱が見えます。  何事にも動じないぶっとい芯の強さ。  そこを中心に、身体や顔から波動が出ているようなイメージです。   『NHK紅白歌合戦』の司会を初めて務めた時も、やっぱり動じず、ドン!としっかりしていましたしね。


2.①ずっとその波動を持っている人もいますが、突然ある時から波動が強くなる人もいます。  これは、覚醒するんですね。   元々持っていたものが眠っていて、ある日何かをさっかけに覚醒する。  いわゆる「化ける」というやつです。

②役者でいえばキャリアを積んで、自信がつくといい味が出てきて、ブレイクするパターン。  こういうタイプは、いいものを持っていても、それが何なのかなかなか気づけなかったり、気づいても反復を怠っていたり、反復していてもその能力の出口がなかなか見つからなかったりして、時間がかかったということ。

③反復しているのに化けない場合、「能力がない」と考えるより、「本当にちゃんと反復していたのか?」と私は思います。   丁寧に反復していれば、それが波動となって現れますから、「こいつ、違ってきたな」 「チャンスがあれば、上に行くだろうな」と誰かが感じるようになるはずなんです。

④こんな具合に、どの業種にも、ある時期いきなり覚醒して〝化ける"人がいるでしよう。  反復から生まれる波動は、隠し切れないものです。   反復は嘘をつかない。  努力は嘘をつかないということですね。』

「〝化ける〟裏に〝反復〟あり」というのは空手の選手でもまったく一緒ですね。  大前提は上の2.③にあるように、丁寧に(正しく)反復することです。  

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT