FC2ブログ

宿無し弘文

前回はマイク・タイソンの師、カス・ダマトを取り上げましたが、今回はアップル創業者のスティーブ・ジョブズが師事した禅僧のはなしです。  『宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧』(柳田由紀子著 集英社インターナショナル)から抜粋し、番号を付けて紹介します。  内容は、1993年にオーストリアにある山奥の禅堂での乙川弘文(おとがわこうぶん)禅師の法話からです。

『①私は、危篤状態だったポールという人物を病院に訪ねた足で、ここ、オーストリアに来ました。  こちらに着いてから、彼が亡くなった知らせを受けたのですが、ポールがもう苦しまないですむと思うと、安らかな気持ちにさえなっています。

②ポールは、いささか風変わりな子を養子に迎えていましてね。

③20年ほど前でしたか、あれは私が、カリフォルニア州のロスアルトスに住んでいた頃のことですが、真夜中にその子が、私たち夫婦の自宅を訪ねて来たんです。  裸足で長髪、髭ぼうぼう、ジーパンは穴だらけ。  (中略)

④私には真剣さが伝わったので、夜中に2人して街まで出かけました。  1軒だけ開いていたバーに入りカウンターに腰かけると、誰もが我々をじろじろ見てね。  だって、とにかく彼の服装はひどかったんですよ、ふふ。

⑤「悟りを得た」と彼が言ったので、私は、「証拠を見せてくれ」  すると彼は困ったように口ごもって、「まだ見せられない」

⑥そんなことで、その夜はお開きになったのですが、1週間後、彼がまた裸足でやって来て、「これが悟りの証拠だ」と、そうですね、横幅40センチ、縦幅20センチくらいの金属板を出したのです。

⑦私は、そこにチョコが並んでいるのかと思ったのですが、パーソナルコンピュータのチップと呼ぶんですか、あれは。  今思えば、あの金属板の板が、アップルコンピュータの始まりだったんですね。  でも、あれが悟りの証拠と言えるのかなぁ?  ふふ。

⑧彼は、しばしば私に「僧侶にしてくれ」と頼むのですが、ダメだと答えています。  なぜって、彼自身も認めているように、とても悪い修行者ですから。  摂心(禅宗で、一定期間ひたすら座禅に専念すること。  接心とも書く)をしないんですよ。  聡明すぎるのでしょうか、1時間以上の座禅ができないんです。

⑨しかし、何よりうれしいのは、彼の娘、リサが、私のことをゴッドファーザーだと思ってくれていることです。  リサは、私が訪ねるといつも駆け寄って来て日本語で話しかけてくれるのですよ。』

本文中に「弘文が公にスティーブの話をするのはとっても珍しい、というか、これ1度じゃないかな。」とあるように、弘文禅師は生前、自分からスティーブ・ジョブスの話はしなかったようです。

「師弟は三世(さんぜ)」という言葉があります。  師弟の間は、前世・現世・来世の三世にわたる深い因縁でつながっているという意味です。

カス・ダマトとマイク・タイソン、乙川弘文禅師とスティーブ・ジョブズ、どちらの出会いも偶然ではなく、必然だったんでしょうね。

TOP↑

カス・ダマトとマイク・タイソン

元・ライトヘビー級世界チャンピオンのホセ・トーレスが、カス・ダマト(1908~85)門下の弟弟子であるマイク・タイソンについて書いた『ビッグファイト、ビッグマネー』(山際淳司訳 竹書房)を読みました。  「第四章 出会い」から、抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①ひと昔も、ふた昔も前のことだ。  ボクシングの指導者、コンスタンチン・ダマトはまだ若くて、短気なマネージャー兼トレーナーだった。 かれはニューヨークの南ブロンクスで育った。

②カス・ダマトは22歳のときにはすでに白髪となり、片目しか見えず、そのうえ色盲という状態だった。  32歳になったころから、その原因についてついにかれは語らなかったが、臭覚、味覚、視覚、聴覚が衰え始めた。

③ダマトはほんの子供のころにボクシングにほれこみ、かれの言葉を借りれば「ストリート・ファイター」となっていた。  12歳の時に、自分の倍の年の大人と喧嘩をし、顔を何かで殴られた。  そのために彼は片方の目の視力を失った。

④22歳の時に、カスはジャック・バロウと共にエンパイア・スポーティング・クラブを創立し、若いボクサーを育てはじめた。  3人の世界チャンピオン、フロイド・パターソン(元・ヘビー級世界チャンピオン)、ロッキー・グラシアーノ(元・ミドル級世界チャンピオン)、そして私、ホセ・トーレスをはじめとするボクサーたちがそこから出た。  フロイドや私がダマトにゼロから育てあげられたのも、まさしくそこだった。

⑤カスは1930年年代の中頃にアメリカ軍に入隊し、ボクシング・コーチとなった。  第二次世界大戦直前に除隊された時は、軍曹だった。  カスはあまり背が高いほうでもなく、強健でもなかった。  たくましい首にのった頭にはわずかに白髪が残っているだけだった。

⑥カス・ダマトは独立独歩の孤高の人だった。  自分の考えを執念ともいえる頑固さで守り通した。  その根本的なボクシング哲学は、高い次元においては、リング上の勝敗を決するのは肉体のメカニズムではなく精神力であるというものだった。

⑦カスは何度もくりかえしていった。  「ボクシングでは人間性と創意が問われる。  勝者となるのは、常に、より多くの意志力と決断力、野望、知力を持ったボクサーなのだ」

⑧そんなころ、1979年、マイク・ジェラルド・タイソンは初めてカス・ダマトと会った。  それはまた、私がタイソンと会った年でもある。

⑨カスは私がプロボクサーであった11年間(1958~69)を通じてマネージャーをし、私を世界ライトヘビー級チャンピオンに育て上げてくれた。  その後もかれは、二人の若いチャンピオン、ウィルフレッド・ベニテス(元・スーパーライト級、ウェルター級、スーパーウェルター級の3階級世界チャンピオン)とエドウィン・ロザリオ(元・ライト級、ジュニアウェルター級の2階級世界チャンピオン)を含めて、数百名の若いボクサーのトレーニングを手伝ってきた。

⑩しかし、子供のころからずっと育てたボクサーはまだいなかった。  1979年2月のある寒い朝、カスは一人の若いボクサーのことで夢中になっている様子だった。  (中略)  やってきたのは力強い顔をした少年だった。  カスはその少年の頭にそっと手を置くと、私にいった。  「この子がマイク・タイソンだ。  ボクシングに対する興味と希望を捨てさえしなければ、いつかヘビー級の世界チャンピオンになる子だよ」

⑪ヘビー級にしては背が低く(5フィート6インチ)、ボクサーにしては筋骨たくましく(186ポンドで、ほとんど脂肪はなく筋肉の塊だった)、荒々しいルックスのわりに内気なようだった。  マイクはその時13歳にもなっていなかったが、すでにかなりの件数の犯罪を犯していた。』

それから7年9か月後の1986年11月22日、タイソンは史上最年少(20歳5か月)で世界ヘビー級チャンピオンとなります。 ところが、カス・ダマトは前年の11月4日に亡くなっているため、 残念ながら見届けることができませんでした。

外出自粛が続いていますが、本を読むには最適の環境です。  

「与えられた環境条件の中でできるだけのことをする」というのは、私の生活信条の一つでもあります。

TOP↑

歩くだけでウイルス感染に勝てる

『歩くだけでウイルス感染に勝てる!』(長尾和弘著 山と渓谷社 2020年4月25日初版第1刷発行)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①大切なのはウイルス感染で死なないこと。  治療法がないウイルスへの対策は予防がすべてと言っても過言ではありません。  

②ウイルスで死なないためのキーワードは抵抗力と免疫力を上げること。  そのために必要な方法が「歩く」ことだと思います。

2.①(ウイルスが)生き物かどうかは意見が分かれるところですが、私は「物質」だと思っています。  だからウイルスが消えた場合は「死んだ」とは表現しません。  「不活化」といいます。

②生物とウイルスはどちらが先に生まれたのでしょうか。  人間の歴史は約20万年。  それに対し、ウイルスは数億年前から存在していたといわれています。

③ウイルスにはまだまだ謎が多く、わかっていないことだらけです。  人間にとってウイルスは大先輩。  だからこそ、ウイルスとの闘いに勝つのは容易ではありません。  人間の歴史を振り返ると、ウイルスに対して苦戦の連続だったことがわかります。

3.①人類がウイルスに勝利した少ない事例として、C型肝炎ウイルスが挙げられます。  (中略)  新薬の開発が進み、C型肝炎に効果がある薬剤が次々と誕生。  ウイルスの発見から約30年後に、C型肝炎は薬での完治がほぼ可能となりました。

4.実は、コロナウイルスはありふれたウイルスで、全部で6種類あるといわれています。  そのうち、いわゆる風邪ウイルスが4種類あり、5番目がSARS、6番目がMERSで、今回の新型コロナは7番目の新しいコロナウイルスです。

5.ウイルス対策は薬よりも予防につきます。  こまめな手洗いと、距離感を意識して密閉空間を避けることが基本です。  こまめに窓を開けて換気しましょう。

6.①もっとも有効なウイルス対策は、体力アップ、つまり抵抗力・免疫力を上げることです。  人口のワクチンではなく、いわば自然のワクチン(のようなもの)をつくっておくこと。

②ウイルスが体内に入ると炎症反応が起きて、免疫システムが作動しはじめます。  司令塔であるT細胞というリンパ球が、B細胞に、ウイルスに対する抗体をつくるよう指示を出します。  それを受けたB細胞がウイルスに対抗するための抗体をつくりはじめます。  こうしてウイルスを不活化させます。

③適度な運動を行うと、免疫システムが活性化されることがわかっています。  あくまでも「適度」というところがポイントです。  この「適度な運動」にちょうど良いのが、歩くこと=ウォ―キングです。

7.ウォ―キングに適した時間帯はあるのでしょうか。  ウイルス対策として考えるならば、できるなら毎日、太陽が出ている時間帯に歩いてください。  一般にウイルスは紫外線にとても弱く、紫外線に当たると不活化します。

8.(自律神経の)副交感神経といえば代表的な神経が「迷走神経」です。  わかりやすく言えばリラックス神経。  ウイルス流行期こそ迷走神経優位な生活を送りましょう。  (中略)  副交感神経を優位にするための「迷走神経生活」の一例をまとめました。  これらの生活を心がけることで、自律神経が整います。

①歩行を習慣化する
②暴飲暴食をせず、バランスの良い食事を心がける
③夕食は寝る3時間前までに終わらせる。  寝酒はやめる
④ヨガや太極拳で、呼吸を意識した静的な運動をする
⑤決まった時間に起き、朝日を浴びて体内時計をリセットする
⑥寝る前はクラシック音楽を聴くなどリラックス環境をつくる
⑦お風呂の温度を40度以下にして、交感神経を刺激しない
⑧人間関係の悩みを解消し、ストレスのかからない生活を意識する

9.①国によって(新型コロナの)検査法や基準が違うので感染者数の国際比較はあまり参考になりません。  死亡者数に注目すべきです。  日本は先進国中、最低レベルです。  新型コロナは極論すれば、かかっても仕方がない。  死ななければいいのです。

②「早くかかって免疫をつけておいたほうがいいよ」と公言する専門家も出ています。  そう考えると、封じ込めるとか、闘うというイメージよりも、「上手に付き合う」とか「上手に共存する」という方針に変わってくる可能性があります。

10.①気にしなければならないのは、重症化した人、死亡者数と両者の割合です。  陽性者が増えたといったって無症状の人が多いのですから、気の弱い人はコロナ報道など観ない方がいいです。

②もしそんな時間があるのなら歩きましょう。  情報よりも体力・抵抗力。

11.新型コロナウイルスも、現在はインフルよりも少し重篤な病気でしょうが、いずれ風邪のようにありふれた病気になります。  仮に感染しても自然治癒するかどうかは、まさに免疫力にかかっています。  もし特効薬が見つかれば状況が急展開する可能性がありますが、それまでの間、できることは自助努力しかありません。

12.①たとえ肺炎を発症しても、ほとんどの人は死にません。  日本の医療レベルはすごいものです。  日本には国民皆保険制度があります。  そして世界でいちばん清潔な国です。  街もトイレも水もきれいです。  毎日のように風呂に入り、温熱療法(HSPといいます)で免疫を高めているのは日本人ぐらいです。  清潔な生活環境と、まじめな国民性があるのでほかの国に比べて死亡率がずば抜けて低いのだと理解しています。

②ウイルスで死なないための戦略を立てなければならないのは、どのウイルスに対しても同じですが、基礎は抵抗力・免疫力です。  ウイルスで死なないために歩く。  この意識を皆さんで共有すれば、日本は新興ウイルスに強い国でいられます。

13.人間の歴史を振り返れば、新型コロナの次は8番目、9番目のコロナウイルスが必ず登場するのでしょう。  人間とウィルスとの付き合いは、人間が存在する限りずっと続くわけです。  (中略)  歩行習慣により、この国難を乗り切ることができると信じています。』

私は今朝も、日課の「立禅・意拳」と「ウォ―キング」でした。  本書でいうように、自助努力で抵抗力・免疫力を上げるしかありません。

緊急事態宣言で、道場は休講せざるを得ませんが、現在150人以上の方々に参加していただいているオンライン稽古を通じて、会員の皆さんの抵抗力・免疫力がアップされれば幸いです。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT