fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

脳の寿命

(1)前々回のブログでうつ病の原因となるSITH-1について、「HHV-6というウイルスが脳の中枢神経系に存在するグリア細胞の1つであるアストロサイトで潜伏感染しているときに発現している潜伏感染遺伝子」と紹介しました。

グリア細胞に興味を持ったので、『脳の寿命を決めるグリア細胞』(岩立康男著 青春出版社)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①脳は全てニューロンからできているわけではないということ、これは多くの人にとって驚きの事実ではないでしょうか。  それでは、そのニューロンよりもはるかに多く存在する細胞とは何なのか。

②それこそが本書のタイトルともなっている「グリア細胞」と言われる細胞です。   ニューロンとグリア細胞の比率は健康な成人では年齢ごとにほぼ一定で、ニューロンの占める割合は20歳代の一般的な成人で20%弱、それ以外の80%はグリア細胞が占めているのです。

③しかも、グリア細胞にはアストロサイト、オリゴデンドロサイト、マイクログリアの3種類の違う細胞があるのです。  (中略)

④ほんの十数年前まで、このグリア細胞はニューロンの間を埋めている単なる物理的な支持細胞だと考えられていました。  グリア細胞がニューロンを機能面でも支え、重要なメンテナンスをしているということが明らかとなってきたのはつい最近のことです。  

2.①「脳を守る」とはニューロンと3種類のグリア細胞が織りなす複雑なネットワークの崩壊を防いでいくことに他なりません。  そしてその第一歩は、とりもなおさずグリア細胞を護ることです。  この本のなかで、脳を劣化させる要素をいくつか指摘してきました。  (中略)

②このオリゴデンドロサイトを護る、という発想が脳を守るための効率の良い方法です。  それは認知症になるリスクを減らし、年をとってからもみずみずしい脳機能を維持することにつながります。

③オリゴデンドロサイトが死ねばアストロサイトやニューロンも引きずられて死んでいってしまいます。  その結果が脳の萎縮であり、認知症の症状が出現して、普通の日常生活を送ることが困難になってしまうのです。

④脳は構造的に老化しやすい臓器ですから、なんとかそのダメージを最小にして細胞の減少を最低限にしていくしかありません。   認知症は症状が出始めてから治療を考えるのではなくて、その予防が重要であり、年を取ってから意識するのではなく、できるだけ若いときからリスクを減らすための努力・生活習慣を心がけていくべきなのです。  (中略)

⑤特に悪い影響をもたらしていたのは脳の使い方の偏りです。  「睡眠」と「覚醒」の二相性のバランスを取る、 そして覚醒時における「集中系ネットワーク」と「分散系ネットワーク」の二相性のバランスを取る、これらが重要なポイントになります。

3.①(前略)背景に、強い精神的ストレスやうつ状態がある場合です。  こういった場合には、何か無条件に集中できる時間が必要になります。  

②勉強や仕事に打ち込めればベストですが、ストレス下で他のことを忘れてこれらに集中するのは難しい場合が多いと思います。そういったときには、テレビゲームやスマホでゲームをすることが、過度にならなければ、脳を休め、うつ状態からの脱出に有効となるのです。  (中略)

③うつ状態では、分散系が過活動となっていますが、テレビゲームをするのは目的を持った集中力を要する作業ですので、分散系を抑制することになるからです。  (中略)

④精神的ストレスや不安が強いときには、何か手軽に集中できる対象を見つける、というのは有効な対抗策であり、周囲の人々もそこを理解してあげることが必要だと思います。』

(2)1月17日の日経新聞夕刊の特集『シニアサポーター』のタイトルは「認知症予防につながる生活習慣は」で、(1)の著者である岩立康男さんが情報提供されていました。  その中で脳内の「集中系ネットワーク」と「分散系ネットワーク」の活動例として、以下のようなものが挙げられています。

1.集中系
・課題をこなす
・深い思考
・好きなことに熱中
・読書
・運動
・好きな音楽を聴く
・オンラインゲーム

2.分散系
・ぼーっとする
・景色を眺める
・散歩
・過去の記憶を思い返す
・入浴
・レム睡眠(浅い睡眠)
・単純作業



















TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT