fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

イエロメンコ選手のオノマトペ言葉

城西のブログやフェイスブックでも紹介していますが、21日火曜日、二日前に世界チャンピオンになったばかりのイエロメンコ選手が道場生の皆さんと出稽古に来てくれました。  今年の国際親善大会後に続いて、二度目の来訪です。  世界チャンピオン直々のテクニックセミナーが行われ、私も見学させてもらいました。

最近読んだ『熟達論』(為末大著 新潮社)の中に参考になる記述がありました。  「リズムが連動を生む」の項を抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①連動はあまりにも複雑なので、私たちが詳細を意識することは難しい。  だから、良い連動を引き出すためにはリズムが使われる。   どんなことでも上手な人と一緒に何かを行うと、うまくできるような感覚に陥ることがある。   カラオケが上手な人と歌うと上手に歌える気がするし、ダンスでも運動でもそうだ。   知的作業でも上級者の横で一緒に行っているだけでリズムにひきずられてうまくいく。

②だが、内在化されていないので一人で行うとまた元に戻ってしまう。  「心」を捉えると、自分のリズムを内側に持てるようになる。  だから良いリズムが何かがわかり、「流れが良くない」 「タイミングがおかしい」という感覚で、リズムのずれを素早く検知することができる。  例えば「ダダダ」  「グイッ」などのオノマトペ言葉には、リズムが組み込まれている。

③運動における上級者はこのオノマトペを頭の中で意識するだけで、動きを変化させることができる。  うまくいかない時も意識的に変えて良いリズムに引き戻していく。

④運動は自分の身体だけにはおさまらない。  生まれた力を外部に伝え、返ってきたカを適切なタイミングで受け止めれば、徐々に力は増幅されていく。  お風呂の中で自分の身体を前後に揺さぶると徐々に水面も前後に揺れていく。  それにタイミングを合せて揺さぶれば、波は大きくなりいずれ風呂からお湯が溢れる。

⑤外部との連動がでるようになると、自分が中心となり、周囲を巻き込むことができるようになる。  周りを自分のリズムに引き込めるのだ。

⑥レベルの高い集団に入ると、入った人間も急にレベルが上がることがある。  その集団の目的意識が高かったり、当たり前のレベルが高かったりするなどの理由はもちろんあるが、リズムも大きく影響しているだろう。   最初はついていくのに必死でも、そこで行き交っているリズムに自分を合わせていくうちに、本当にできるようになっていく。

⑦集団の中にもリズムがあり、良い集団はこのリズムと連動の質が高い。』

組手においても、リズムはとても重要です。

イエロメンコ選手がコンビネーションを指導する際の「パパパン、パーン」というオノマトペ(さまざまな状態や動きなどを音で表現した言葉のこと)は非常に分かりやすかったです。

イエロメンコ選手と道場生の皆さん、ありがとうございました。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT