fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

脳をバランスよく使う

1.『忘れる能力 脳寿命をのばすにはどんどん忘れなさい』(岩立康男著 朝日新書)を読みました。  『第5章 脳寿命を延ばす・・・「忘れられる脳」の作り方』の中の「一番大事なのは、脳をバランス良く使うこと」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①脳を病弊させないために最も有効なのが、違うことをすることだ。  これは言い換えれば、「集中系と分散系をバランス良く使う」ということである。

②脳には大きく分けて2つのシステムがある。  それが「集中系」と「分散系」であり、それぞれの活性時には必ず他方を抑制し、休ませている。

③集中系というのは、「目的を持って何かの仕事に集中している」ときに活性化する部分で、主に前頭葉や頭頂葉の外側皮質がこれにあたる。  逆に、何かの仕事に集中しているときに抑制されている部分が分散系で、脳全体のバランスを抑制し、記憶の整理もつかさどる。

④両者は互いに抑制し合いながら作用するのであって、高度な連携作業によって脳のパフォーマンスを最大限引き出すような仕組みを取っている。  つまり、両者を交互にバランスよく活性化させていけば、それぞれに適度な休息を与えることにつながり、脳の健康寿命は延びていくのである。  (中略)

⑤これとは反対に、「同じこと」を続けていたら、すなわち「集中系」と「分散系」のどちらかしか使っていない状態が続いていたら、脳はどんどん病弊していく。  (中略)

⑥集中系の過剰な活性化は、その部位に劣化したタンパク質や活性酸素などの蓄積を招き、細胞死につながっていく。  さらにノルアドレナリンやドーパミンを分泌する細胞たちへの過剰な負担からその病弊をもたらし、これらの細胞死を招くことになり、やがて集中系の機能低下につながってしまう。

⑦脳の細胞が死んでいく「神経変性疾患」のうち、パーキンソン病やある種の認知症では、病前性格として「生真面目」「律儀」などの傾向が挙げられている。  こういった性格は周囲の人々から高く評価されるが、集中系が長い時間、過剰に活性化しやすいため、その弊害が起こってくると考えられる。  真面目な性格ゆえに、「きちんと仕上げるまで」「ひと区切りつくまで」と、一つの仕事に集中して作業を続けてしまう。

⑧そのため「疲れた」「飽きた」と仕事を一旦放り出して休んだり、違うことをして息抜きをしたりする、といったことができないわけだ。  これだと長い目で見れば、脳の働き方に、集中系の過剰活性化という偏りが生じてしまうだろう。』

2.著者がまとめた「集中系・分散系の活動リスト」は以下の通りです。

(1)集中系
・何か目的を持って課題をこなす
・読書
・好きなことに熱中する
・運動、エクササイズ
・好きな音楽を聴く
・文章を書く
・スマホでゲームに興じる

(2)分散系
・ぼーっと景色を眺める
・散歩
・過去の記憶を回想する
・入浴、シャワー
・睡眠(レム睡眠時)
・あまり頭を使わない単純作業
・SNSを流し読み

3.私自身、ぼーっとすることが苦手で集中系に偏ることが多いので、自戒を込めて紹介しました。


TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT