FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

精度の高い動きと激しさ

(パント)マイムアーティストのJIDAIさんが書かれた『「動き」の天才になる!』(BABジャパン)を読みました。  

1.「激しく動けるように」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①体の情報量、神経回路の精度・密度を上げ、精度の高い動きができるようになることは大切なのですけれど、この項のタイトルにある「激しさ」にはちょっと結びつかないですよね?  激しさというのは、勢いやパワー、スピードも含めて、ただ思い切りといった動きを想定しています。  (中略)

②ですから、精度の高い動きと激しさという相反するようなことを克服しないと、スポーツや踊り、格闘技など実践的な場面では困るでしょうし、踊りなど身体表現でも、楽器演奏でもときに重要な要素ですよね?  (中略)

③体の精度を上げる練習はどうしても静かでゆっくりな動作になりがちです。  その限られた枠(動作)の中では、良い動きを実現できても、パワーやスピードを上げたとき、ついこれまでの身体の使い方・神経回路に戻ってしまうのです。

④これはどういうことかといいますと、静かでゆっくりな動作では頭、脳を働かせられるんですね。  逆から見ますと、脳を使うことでこれまでの神経回路を使わないようにして、新しい神経回路を作ろうとしているわけです。

⑤これである程度、回路の変更ができたとしても、それはゆっくりな動作のときの回路なんです。  パワーやスピードのある動作では、それとは異なる神経回路を作る必要があるのです。

⑥前者のような考えながら行う動作は大脳の領域ですが、後者のパワーやスピードは小脳の領域になるようです。  それは、いわゆる脳からの指令が薄くて済む状態なんです。

⑦つまるところ、癖や習慣は小脳の領域の問題であるため、そこを書き換えないと、いざというときには結局、今まで通りという残念な身体の使い方になってしまうわけです。』


2.続く「繊細さと荒っぽさの併存」の項からも紹介します。

『①そこで、私が大事にしていることの一つに、「静かでゆっくりな動作の練習時に、これは実はスピードがあって力強い動きをしているんだ、という意識を持つこと」があります。  これは、ある意味「スピードがあって力強い動きを、スローモーションで練習する」ともいえます。

②これは何かに似ていませんか?  そう!  何だか太極拳みたいですよね。  この意味で、太極拳は相当に高度な練習体系だと思っています。

③(今度は)この意識の持ち方での練習が、ただのイメージ・妄想になってしまわないように、先ほどのスローモーションとは逆に、じっさいに速く、スピードを上げて動き、そのときに、どれだけゆっくりな動きとして感じられるか?を大事にするのです。

④動きが速いからといって意識や感覚が雑になってはいけないということです。  むしろ、より繊細にシビアにという気持ちが必要だったりするのです。』

②で「太極拳」と書かれていますが、同じ中国拳法の「意拳」の練習体系もまったく一緒です。

また極真空手においても、新しい技術を習得する場合には、まず「ゆっくりと、正確に」が大切です。  その先には、試合で使える「スピードがあって力強い動きを、正確に」があることはいうまでもありません。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT