FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ツキ場

1.大山倍達総裁も懇意にされていた大下英治先生が書かれた『安藤昇』(さくら舎)を読みました。  「〝ツキ場〟の理論を明かす」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①安藤昇は、家相術でも活躍する。  安藤は、1981年3月、世田谷区下馬の家の改築を決意し、6か月後の9月に改築をすませた。  理由は、それまでの家相の悪さに気づいたからだという。

②当時、安藤は、「ツキ場」について深く考えていた。  俳優になった1965年ごろから、撮影の合間を縫っては、麻雀をしていた。  ときには、昼夜ぶっ通しで二日も打つことさえあった。

③麻雀に熱中した結果、ある考えに辿り着いた。  「人間の運、不運は、ツキ場によって決まる」

④麻雀経験者なら、安藤の言うことがわからぬでもないだろう。  勝負は、八割が「ツキ」に左右されるからである。  さらに安藤は「ツキ」は「場」についていると感じた。  ついていない場に座れば、あっという間に稼いだ点数を取られる。  〈麻雀では、ツキ場に座りたいものだ〉

⑤その後、安藤は、「麻雀」のみならず「人生」にもツキ場があるのではないかと思うようになる。  そして、自分の数奇な人生も「場」の影響があったのではないかと思うようになった。  (中略)

⑥結局、切った張ったの命のやり取りや、家庭内のゴタゴタから解放されるには、それまで住んでいた場を〝ツキ場〟に変えるしかない。  そう気がついた安藤は、その日以来、方位学・家相学を熱心に勉強し始めた。  ありとあらゆる文献を読みあさった。』

  
2.①過去のブログでも書きましたが、私も青森の安部芳明先生にご指導をいただいた「気学」の信奉者です。  もともと先生は作曲家だったのですが、46歳から気学の研究家となられました。

②2005年、安部先生の指導を受けている友人から先生の著書をもらったのがきっかけです。  不思議なことに、翌日食事をした別の友人も先生の指導を受けていることがわかり、そのご縁で2005年7月6日に初めて先生にお目にかかりました。

③以来、年に数回、ときには青森まで伺ってご指導を受けてきました。  

④ここ数年は肺気腫を患っていらっしゃいましたが、昨年(2020年)6月6日にご逝去されました。  1930年6月9日のお生まれで、あと3日で90歳でした。  ちなみに、安藤昇さんも2015年12月16日に、89歳で亡くなられています。

⑤約15年間にわたりご指導いただきました。  先生との出会いには本当に感謝しています。  

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT