FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「努力」と「熱中」

1.精神科医で作曲家の泉谷閑示さんが書かれた『「うつ」の効用』(幻冬舎新書)を読みました。  『「努力」に価値を置く危険性』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①ある野球少年が、毎日熱心に日が暮れるまで練習をしていました。  そして、その野球少年が、後々大リーグで活躍するほどの選手になるまで成長したとしましょう。

②その近所に住んでいた家族がこんな会話をしています。  「○○君は、毎日欠かさず日が暮れるまで努力したからこそ、あそこまで成功したんだ。  やっぱり、人一倍努力した人間が最後には成功するんだよ」

③しかし、当の本人にこの話をぶつけてみると、意外にもこんな反応が返ってきました。  「いやぁ、僕は人一倍努力をしたという自覚はありません。  ただ野球が好きで、もっと楽しむためにうまくなりたいという一心で、ただ自分がやりたいからやってきただけなんです」  (中略)

④私が指摘したいのは、本人にとって「熱中」と呼ぶべきものを、ともすると、傍らの人間が「努力」と見誤ってしまうことが多いのではないかということです。  子供が砂場で日が暮れるまで砂の城を作ったり、ゲームを徹夜でクリアしたり、エレキギターの練習に夢中になることは、まず滅多に、周りから「努力」と呼ばれることはありません。

⑤しかし一方で、ことこれが勉強やスポーツのトレーニング、ピアノやヴァイオリンの練習などの場合には、たとえ本人にとっては「熱中」と呼ぶべき内実だったとしても、周囲からは一律に「努力」として称賛される傾向にあります。  (中略)

⑥そもそも「努力」という言葉には、「辛いことを我慢して」というニュアンスが少なからず含まれた用いられ方になっており、一方の「熱中」については、「好きなことに自発的にのめり込んで」といったニュアンスがあります。

⑦先ほどのフィクションのように、「熱中」したがゆえに成功した人間を見て、周囲の人間がそれを「努力」と誤解したところに、今日の「努力」信仰が作り出されてきた大きな原因があるように私には思われてならないのです。』


2.①約2500年前の中国で孔子も言っています。  「これを知る者はこれを好む者に如(し)かず。  これを好む者はこれを楽しむ者に如(し)かず。」(『論語』)

②「物事を理解し知っている者は、それを好んでいる人には及ばない。  物事を好んでいる人は、それを心から楽しんでいる者には及ばない。」という意味です。


3.①空手の指導も「努力」させるのではなく、「熱中」させる(=楽しませる)必要がありますね。  

②「努力」している時間はなかなか過ぎませんが、「熱中」している時間はアッという間です。  私が指導する選手稽古の時間も、チーム城西のメンバーにとって「アッという間」に過ぎていることを祈ります 笑


4.①大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手は、いつでも楽しそうにニコニコしながら、投げたり(8月22日現在・8勝1敗)・打ったり(40ホームラン)・走ったり(18盗塁)しています。  毎日感心しながら、試合を観ています。

②ちなみに、道場に貼ってある城西のチームカルチャーは

「どこよりも創意工夫する、どこよりも練習する、どこよりもそれらを楽しんでやる」

です。

③大活躍している大谷選手にあやかりたいものです(^^)/

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT