FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

李登輝さん「武士道」

前回に続き、李登輝さんを取り上げます。  李さんが書かれた『「武士道」解題』(小学館文庫)から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『武士道』の解説本です。  『武士道』は1900年に新渡戸稲造が英語で書きました。  新渡戸は1901~2年に台湾総督府において、台湾における糖業発展の基礎を築くことに貢献しています。

『①かって、私は台北郊外の聖なる山・観音山に妻と孫の3人だけで登ったことがあります。  深い霧に包まれて一寸先も見えないような中で峻険な山道を、一歩また一歩と足元を踏みしめながら登っていって、ふと気が付くと、私はいつの間にか頂上に立っていました。

②突如、一陣の風が吹いてきて、一望千里の視野が開けてきました。  足元を見ると、1メートル四方の切り立った岩の上にいる自分に気がついたのです。  観音山の頂上にはたったそれだけの広さしかなく、一歩でも足を滑らせたら最後、奈落の底に転げ落ちてしまうのです。

③そのとき私は、1つの天啓のような不思議な気持ちに包まれました。  「1人なのだ。  たった1人なのだ。  誰も助けてはくれない。  生きるも死ぬも、自分1人で立っていかなければならないのだ」

④それ以来、私も、新渡戸稲造先生が喝破された人間社会の「横の関係」を全く気にしないようになりました。  すなわち、世間の誤解や非難など気にならないようになったのです。  総統時代も、あの観音山の頂上に立ったときの気持ちでやってきました。

⑤(1999年にドイツの放送局のインタビューで)「特殊な国と国との関係」(台湾と中国の「二国論」)という言葉が、突如私の口を衝いて迸り出たときもそうでした。  一国の指導者たるものがそんな言葉を使えば、いったいどんなことが起きるか、私にもそれははっきりとわかっていました。

⑥しかし、私を立たせているのは私だけしかいないのだ。  また、台湾を立たせているのも台湾だけなのだ。  究極的には、誰が助けてくれるわけでもないという思いのほうがはるかに強かったのです。

⑦新渡戸稲造先生の心の中に最後まで去来していたのも、そのような思いであったに違いない、と私は固く信じて疑いません。  なぜなら、それが「武士道」の発露だからです。

⑧だからこそ、改めて、日本の方々にも言いたいのです。  「もっと自信をもって、自らの意志で、決然と立ってもよいのではないですか?  なぜなら、あなたがたこそ、『日本の魂』の真の継承者なのだから」と。  (中略)

⑨「いま、そこにある危機」ではありませんが、目の前にあることを、1つずつ誠実に、自己の良心と信念だけに基づいてやり抜いていく。  結局、それ以外にはないのです。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT