FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

経営から野球を学ぶ

アメリカ大リーグ、アナハイム・エンジェルスの大谷翔平選手を取り上げた『道ひらく、海わたる』(佐々木亨著 扶桑社文庫)を読みました。  大谷選手の出身校・花巻東高校の佐々木洋監督に関する記述から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①国士舘大学を卒業後に神奈川県の強豪校でのコーチ経験を経て地元の岩手県に帰った佐々木監督が、私立高の花巻東高校に教員として赴任したのが1999年4月のことだ。  (中略)  晴れて野球部監督に就任したのが2001年のことである。  (中略)

②「監督になりたての頃は選手の個性を潰してしまっていたと思います。  それぞれの可能性に気付かずに」  佐々木監督は悔いるのだ。  

③そして、こう言葉をつなげる。

「同じような投げ方のピッチャーや、同じような打ち方のバッターを育てようとしていました。  要するに『型にはめた野球』をやっていた。  練習もそうです。  たとえば冬のオフシーズン。  みんながみんなシステマティックな練習メニューを流れ作業のようにこなしていた時期がありました。  それぞれの良さや個性を潰してしまっていることに気付かずに。  その失敗と反省から、「個」を生かさなければいけないんだと思いました。」

④それぞれの特徴を知り、その力を生かす指導の大切さ。  そのためにも、指導における「カスタマイズ」が必要だと感じるようになった。  (中略)

⑤きっかけは、監督就任4年目の2004年、秋季大会での1つの負けだった。  就任2年目、3年目と、県大会ベスト4までチームを導き「甲子園もすぐそこだ」と感じていた矢先のことだ。  花巻地区予選で、県立の進学校である花巻北高校に敗れた。  (中略) 地区予選で敗退したときは「クビを覚悟した」のだという。  (中略)

⑥「監督を続けさせてもらえるチャンスをいただきました。  そのときに思いましたね。  指導者として、何かを見直せ、何かが間違っているよと、神様が教えてくれているんだ、と」

⑦それまでの指導を振り返り、変化を求めた佐々木監督は、大学時代に出会い、考え方や生き方を教えてくれた恩師をグラウンドに招いて「変わる」きっかけを見つけようとした。

⑧「そのとき、恩師に言われたんです。  野球のことばかりを考えているからダメなんだ、と」

⑨当時はまだ、マネジメントにおけるドラッガーなどという言葉なども現代のように広まっていない頃だ。  そんな時代に「経営からいろいろ学んだ方がいい」と助言された。

⑩それ以前から、佐々木監督は独自の考えから野球に関わる講演会やメーカーのトレーニング講義に足繁く通っていた。  バッティングの技術本も読み漁っていた。  そのすべてを、恩師からの助言をきっかけに一切やめた。

⑪分厚い経営書を読み、一般の会社を訪ねるようになった。  そこから得た情報や思考は、野球に通ずるものばかりだった。  経営から野球を学ぶ。  その考えは今、指導者としての佐々木監督の根底にある。  (中略)

⑫もちろん、チーム全体で守備や打撃に特化した練習をすることはある。  守備力が落ちていると思えば、徹底的にその課題を1つ1つ潰していき、チームとしての守備の精度を上げることがある。  (中略)

⑬しかし、佐々木監督は選手を育て、チーム力を上げるためのアプローチとして、あくまでもそれぞれの「個」に光を照らし続けるのだ。  1人1人の特徴を生かし、力を底上げすることこそが、本当の意味でのチーム力になると信じている。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT