FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

セコンドの指示

1.モハメド・アリやシュガー・レイ・レナードを育てた、名トレーナーのアンジェロ・ダンディーが書いた『勝つことを知った男』(ベースボール・マガジン社)を読みました。  「名トレーナーへの道しるべ」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①(元世界フェザー級王者)ウィリー・ペップを鍛えたビル・ゴーアがまた素晴らしかった。  その手ぎわの敏速で確かなこと!  

②彼は一番上のロープの上からよりかかるようにして、各ラウンドごとにウィリーをできるだけ新鮮でこざっぱりと見せるようにようにする。  ビルは試合中のボクサーの外見も心理的に重大な影響があると信じている。

③俺も同意見だ。  白熱したラウンドが終わっても生き生きしていれば、相手のファイターの勇気をくじくし、ジャッジにあたえる印象も違おうというもんだ。』


2.「やったぜ!  デュバスはジュニア・ミドルのチャンプだ」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①率直に言って、俺はかなりうまく応用心理学をボクサーたちにもちいたとおもう。  疲れたボクサーにはアスピリンの半かけらをやって、こんなことを言う。  「これは元気の出る丸薬だぞ。  もうこれからは疲れることはないぜ」  効いたねぇ!

②それから決して口にしない言葉は、「おまえ負けてるぞ」なんてことだ。  不利な場合は逆に、「あっちはだいぶ参っているぞ」と言ってやって、それからおだて、自信をつけさせる。  どやしつけ、ののしり、その他、奮起させることがあれば何でもやる。

③あるボクサーにはどうすればいいか別な指示をする。  また他のには違ったアプローチを用いる。

④モハメド・アリには、どうしたらいいかなんて事は言わない。  「種」をまくんだ。  そうしてあたかも彼自身がそれを思いついたかのように思い込ませるんだ。』


3.「起死回生の特効薬」の項に、1981年9月16日に行われた、シュガー・レイ・レナード(WBC王者)対トーマス・ハーンズ(WBA王者)の世界ウェルター級・統一王座決定戦のもようが書かれています。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①12ラウンドが終わるとレイはスツールにどさっと腰をおとし、疲労の色を濃くしていった。  気落ちするラウンドだった。  勝利が俺たちの手からすべり落ちるような気がした。  きっぱりさせるにはノックアウトしかない。  (中略)

②「いまやらなければダメなんだぞ、レイ!  おまえはみんな台無しにしちまっている。  聞いてるのか?  倒してしまうんだッ。  このラウンドでやるんだッ」  

③トップ・ギヤに戻してやらなければならない。  きっとハーンズを倒せる。  第13ラウンドのゴングが鳴った。

④レイに活気がみなぎった。  いまや完全にファイティング・マシーンとなっていた。  右の長打でハーンズをつかまえた。  ハーンズは危機におちいった。  レイは奴を追う。  パンチの応酬でハーンズはロープに首をつっこんで倒れたが、レフリーはダウンを取らず、かろうじてハーンズはこのラウンドを何とか持ちこたえた。  俺にはレイが奴めを見事に打ち砕いたことが分った。

⑤(14ラウンドの)ゴングが鳴るとレイは飛んでいってハーンズにパンチをあびせ始めた。  エネルギーが彼を突き進ませ、試合の始めよりも強く生き生きしてきた。  リング上の37度の熱さもなんのその、まさに獲物をしとめようとする感覚と、勝利は手中にありという確信から生まれる威力はすごかった。

⑥レイはハーンズにパンチを雨あられと浴びせて窮地に追い込んだ。  ハーンズはロープによりかかったまま棒立ちになった。  しかし、果敢にも試合を投げようとはしない。  ついにレフリーが分けて入って、勇敢なハーンズをレイの強打から救った。  闘いは終わった(14ラウンド・TKO勝ち)。』  

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT