FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

自ら明かりを燈せ

1.昨年8月に47歳の若さで亡くなられた瀧本哲史さんが、2012年6月30日に東大で行った講義録『2020年6月30日にまたここで会おう』(星海社新書)を読みました。  『自ら明かりを燈せ』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。 

『①ワイマール共和政というのは、第一次世界大戦終戦後にドイツでできた政体ですね。  皇帝が退位したあとに、基本的人権とか社会権も明記したきわめて理想的な憲法がつくられて、素晴らしい民主的な国家ができたんです。

②ところが、理想だけは素晴らしいのに内実はボロボロで、政党はまとまらないし国としてもダメダメで。  もうほんとにダメだってときに、元軍人の、といっても伍長でしたが、ひとりの売れない画家の人が、「俺が何とかしてあげよう」と言って、出てきました。  (中略)

③その人、最初のうちはホント良くて、経済政策が大当たりして国の景気もむちゃくちゃ良くなり、「やっぱりあの人に任せて良かった」と国民の多くが思ったんですが、その後どんどん変なことをやり始めて、あちこちにいろんな敵をつくって攻撃したり、やたら戦争を起こしたりして、結果的にドイツは大変なことになりました。

④はい、ナチスのアドルフ・ヒトラーって方です。

⑤けっこう今、日本もそれに近いところがあるんじゃないかと心配をしています。

⑥ちょっと前も、理想的な政権がつくられたはずだったんですけど、フタを開けてみたらぜんぜんダメで、「政治家はどいつも当てにならない」って空気が蔓延しているところに、「西のほうにすべての問題を解決してくれるいい人がいるかもしれない」みたいな流れが、最近ありますよね。

⑦でも、それってまずいんじゃないかと思うんですよ。  (中略)  誰かすごい人がすべてを決めてくれればうまくいく、という考えはたぶん嘘で、「みなが自分で考え自分で決めていく世界」をつくっていくのが、国家の本来の姿なんじゃないかと僕は思っています。

⑧仏教には「自燈明」という言葉があります。  開祖のブッダが亡くなるとき、弟子たちに「これから私たちは何を頼って生きていけばいいのでしょうか」と聞かれて、ブッダは「わしが死んだら、自分で考えて自分で決めろ。  大事なことはすべて教えた」と答えました。

⑨自ら明かりを燈せ。  つまり、他の誰かがつけてくれた明かりに従って進むのではなく、自らが明かりになれ、と突き放したわけです。

⑩これがきわめて大事だと僕は思いますね。』

瀧本さんについては、2018年5月13日のブログでも、『ミライの授業』(瀧本哲史著 講談社)を取り上げました。


2.最近『NETFLIX』にはまっています。  でも、映像というのはその内容や感動を、ブログではちょっと紹介しにくいです。

ということで、今回からブログの副題を、従来の『私の備忘録』から『私の読書録・備忘録』に変更することにしました。




TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT