FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ダム経営

1.「ダム経営」という言葉があります。  パナソニック創業者の松下幸之助さんが提唱した経営哲学です。

『松下幸之助用語』というサイトから抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①事業経営は、いついかなるときでも健全に発展していかなければならないが、現実にはさまざまな経済要因に左右されてなかなか難しい。

②しかし、松下幸之助は「それはやり方次第で可能なこと」という。  その一つの方法が「ダム経営」である。

③ダムは河川の水をせき止め、蓄えることによって、季節や天候などに影響されることなく、つねに一定量の水の供給を可能にする。  そのダムのごとく経営にも設備、資金、人員、在庫、技術、企画や製品開発など、あらゆる分野に的確な見通しに基づいた適正な余裕をもてばよいというのである。

④この余裕は一見ムダのようにみえる。  しかし、このムダは、経営の安定的な発展を保証する保険料なのだ。』


2.京セラ創業者の稲盛和夫さんが若い頃、講演会で松下さんの「ダム経営」の話を聴き大変感銘を受けたという、有名なエピソードがあります。  松下さんの側近だった江口克彦さんが、2017年9月28日の『東洋経済オンライン』に書かれていたので、抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①かつてこのようなエピソードを稲盛氏自身から直接聞いたことがあります。  松下幸之助さんが、関西財界セミナーで「ダム経営」の必要性の内容の講演をしました。  もういまから50年近く以前の話です。  (中略)

②それを聞いて参加していた何百人という中小の経営者たちは、小声で不満をささやき合っていた。  それが後方の席にいた稲盛氏にはよくわかったと言います。

③講演が終わって質疑応答の時間になったとき一人の参加者が、「ダム式経営ができれば確かに理想です。  しかし、現実にはできない。  どうしたらそれができるのか、その方法を教えていただきたい」と質問しました。

④これに対して松下さんは苦笑を浮かべ一瞬の間をおいてから、ポツリと「ダムをつくろうと強く思わんといかんですなあ。  願い念じることが大事ですわ」。  会場全体に失笑が広がりますが、その松下さんの言葉に稲盛氏は、体に電流が走るような衝撃を受けて、なかば茫然として我を失ったそうです。

⑤稲盛氏がなぜに茫然としたのか、我を失ったのか。  それは経営というものへの思いを反省したからです。  言われてみれば、いまの自分は経営を上手に進めたいとは思っているけれど、強く願い念ずる、それほどの思いはなかった。  強烈な祈りを込めるほどの熱意はなかった。  

⑥そうか、そうなのか。  祈り念ずるほどの強烈な思い、強い熱意が出発点なのか。  よし、今日からその思いで経営に取り組んでいこう。  まあ、今日の京セラがあるのは松下さんのおかげです、といかにも稲盛氏らしく謙虚な話をしてくれました。

⑦なにごとでもそうですが、念じ祈るほどの思いや魂を込めるほどの思いがなければ、そして、そのような出発点でなければ、事は成就しない、経営は成功しないということは、経営者たる者、しっかりと心に留めておくことが大事ではないかと思います。』

私が経営者になってもうすぐ42年が経ちます。  今回の新型コロナ騒ぎのときほど、「ダム経営」の重要性を感じたことはありません。  


3.明日、6月1日(月)から待ちに待った道場再開です。  本当に嬉しいです(^^)/

普通に道場稽古が行われていることの有難みを、今回感じることができました。

オンライン稽古に参加していただいた多くの会員の皆さん、稽古を担当した指導員に心から感謝します。    

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT