FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

学習棄却

『失敗の本質』(野中郁次郎他著 中公文庫)を読みました。  『三章 失敗の教訓』の中の「組織学習」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①組織は学習しながら進化していく。  つまり、組織はその成果を通じて既存の知識の強化、修正あるいは新知識の獲得を行っていく。  組織学習とは、組織の行為とその結果との間の因果関係についての知識を、強化あるいは変化させる組織内部のプロセスである、と定義される。

②しかしながら、組織は、個人の頭脳に匹敵する頭脳を持たないし、またそれ自体で学習行動を起こすこともできない。  学習するのは、あくまで一人一人の組織の成員である。  したがって組織学習は、組織の成員一人一人によって行われる学習が互いに共有され、評価され、統合されるプロセスを経て初めて起こるのである。  (中略)

③さて、日本軍は既存の知識を強化させるという面ではまことによく学習したといえる。  

④(陸軍)・・・実際、帝国陸軍の白兵銃剣主義の成果はけっして悪いものではなかった。  満州事変、日中戦争などで対決した近代的陸軍とはいえない中国軍に対しては、個々の戦闘では十分に機能したのである。  (中略)  満州・中国から香港、シンガポールへと続いた白兵銃剣主義の成功は、火力に頼らずにやれたという自信とあいまって、ますます強化されたのは、当然のことであった。  (中略)

⑤(海軍)・・・成果という点からいえば、帝国海軍は自らの手による航空攻撃(真珠湾攻撃)で米戦艦を倒し、大艦巨砲主義から転換できるはずであった。  (中略)  真珠湾攻撃後の連合艦隊では、航空優先の策は具体化されなかったし、その後も戦艦部隊中心の志向がいぜんとして根強かった。

⑥いずれにせよ、帝国陸海軍は戦略、資源、組織特性、成果の一貫性を通じて、それぞれの戦略原型を強化したという点では、徹底した組織学習を行ったといえるだろう。

⑦しかしながら、組織学習には、組織の行為と成果との間にギャップがあった場合には、既存の知識を疑い、新たな知識を獲得する側面があることを忘れてはならない。  その場合の基本は、組織として既存の知識を捨てる学習棄却、つまり自己否定的学習ができるかどうかということなのである。

⑧(陸軍)・・・そういう点では、帝国陸海軍は、ガダルカナル戦以降火力重視の必要性を認めながらも銃剣突撃主義による白兵戦術から脱却できなかった。

⑨(海軍)・・・また、帝国海軍もミッドウェーの敗戦以降空母の増強を図ったが、大艦巨砲主義を具現化した戦艦「大和」・「武蔵」の46センチ砲の威力が必ず発揮されるときが来ると、最後まで信じていたのである。』

極真空手の全日本大会は、今年で52回目を迎えます。  その間、技術は常に進歩し続けてきました。  特に、4年前の第48回大会以降、ルール改定が行われたこともあって、試合技術が猛スピードで進化しています。

その中で重要なのは、⑦にある「学習棄却」だと思います。  今までの技術のうち欠点が見え始めたものは、改良・修正・破棄・交換しなければなりません。  そこで最も大切なことは、チーム城西のモットーである「創意工夫」です。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT