FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

セロトニン

1.3月8日のブログで「スマホによる脳過労」を取り上げました。  今回は「セロトニン」です。  セロトニンをネット検索すると、次のように書かれています。

『セロトニンとは、しあわせホルモンと呼ばれる脳内ホルモンで、「ノルアドレナリン(神経を興奮)」や「ドーパミン(快感を増幅)」と並び、感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係する三大神経伝達物質の1つです。  脳は緊張やストレスを感じるとセロトニンを分泌し、ノルアドレナリンやドーパミンの働きを制御し、自律神経のバランスを整えようとします。  しかし、ストレスや疲労が溜まると、セロトニンの分泌量が減ったり、働きが制限されたりしてしまいます。』


2.セロトニン研究の第一人者で、医学博士の有田秀穂さんが書かれた、『太陽の浴び方』(山と渓谷社)を読みました。  

有田さんによると、相談に来る人のよくある生活は次のようなパターンだそうです。  

『①朝、出勤するとき、スマホを歩きながら、あるいは電車の中で使用。

②会社に着くと今度はパソコンの前に座り、息を詰めながら液晶画面を睨む作業を続け、昼休みもパソコンを見ながらコンビニ弁当。  

③午後もパソコン漬け、帰路にまたスマホ。

④帰宅すると、ゲームやインターネットで気晴らし、ベッドに入ってもスマホ。

⑤セロトニン神経には最悪の生活なのだが、そうとは気付かずに暮らしている。』


3.本書中の「太陽の恵みを受ける生活とは」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①太陽が出ているときに、帽子を被ったり、長袖を着たり、UVカットの化粧品を使用したりしても、外を歩けばセロトニン活性になる。

②網膜に2500ルクス以上の光が当たることが必要なだけで、皮膚に当たる光は、脳内のセロトニン分泌に全く影響しない。

③ただし、サングラスをつけるのはNGである。』


4.「歩行リズム運動で脳内セロトニンを増やすコツ」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①どこかへ移動するためではなく、健康や元気になるために、すなわち脳内セロトニンを増やすために行うのが、ウォーキングやジョギングの生活習慣だ。

②この行動は、間違いなく脳内セロトニン分泌を促して、元気な状態を作り出す。

③朝日を浴びながらやれば、二重のセロトニン活性効果になる。』


5.別の項で、セロトニン活性効果のあるリズム運動として、ウォーキングやジョギング以外に、サイクリング、縄跳び、ラジオ体操、太極拳が挙げられています。  空手の基本稽古も一種のリズム運動ですから、セロトニンを増やす効果がありますね。

ちなみに私も、最近、毎朝約30分のウォーキングを行っています。  太陽が出ている日は最高の気分です。



TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT