FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

チャーチルの読書

2月1日のブログで紹介した『知の旅は終わらない』(立花隆著 文春新書)の副題は、「僕が3万冊を読み100冊を書いて考えてきたこと」でした。

第二次世界大戦時のイギリス首相、ウィンストン・チャーチルも43冊(72巻)の著書があり、回顧録『第二次世界大戦』では1953年のノーベル文学賞を受賞しています。  ちなみに、この年の文学賞有力候補はアーネスト・ヘミングウェイ(1954年受賞)だったそうです。

チャーチルの読書について、先日読んだ『危機の指導者 チャーチル』(冨田浩司著 新潮選書)に記述があったので、抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①(前略)  さらに留意すべきは、チャーチルが政治家修行のために払った意識的な努力で、この面で特筆されるのが、膨大な読書を通じた自己教育である。

②もともと(21歳からの)バンガロール駐屯地での生活は、午前中に多少の訓練を行った後は、昼寝かポロをして過ごすといった、怠惰なものであった。

③当時、チャーチルは自分の教養が不十分なものであることを意識し、大学に進学することも考えたようであるが、(陸軍士官学校進学前のパブリック・スクール)ハロー校時代にあれほど苦労したラテン語と再格闘するすることに気が進まず、断念する。  そのかわりにに選んだ選択肢が自己教育である。

④彼が最初に手を染めたのは、ギボン、マコーリによる歴史書であり、母親のジェニーを通じロンドンから送らせた原典を毎日数十ページのペースで読み進める。

⑤ギボンの『ローマ帝国衰亡史』全八巻、マコーリの歴史書、論文集全十二巻を読破すると、幅広い題材の書物に転じる。  アダム・スミスの『国富論』、チャ-ルズ・ダーウィンの『種の起源』、プラトンの『共和国』などである。』

2013年6月、視察で南インドのバンガロールとコインバトールに行きました。  チャーチルが着任したのは、1896年9月ですから100年以上前のことですね。  

現在のバンガロールは、インドが誇るIT産業の中心地となっています。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT