FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

量は質を凌ぐ

『ひとりで生きる』(伊集院静著 講談社)を読みました。  「人間の基本」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①人間が、一人でやれることには限界がある。  たとえどんなに優秀な人の能力でもだ。

②では皆で力を合わせてやれば、何でもできるかというと、これも違う。  これには大前提があって、まずは一人一人の能力を高めることが必要なのである。

③どうやれば能力が高められるか?  これは、基本、他人と同じ学び方をしないで、その人独自の学び方を、どのくらいの時期に獲得するか、という点が大切になる。

④早ければ早いほどイイが、早過ぎると、精神、情緒がともなわない場合が多く、・・・私は優秀な人間である。  と勘違いするし、傲慢になる。

⑤勘違いと傲慢は、その人の成長をたちまち止まらせる。  天才と言われて、その気になったら終わるのと同じである。

⑥謙遜になれと言っているのではない。  勘違いとか傲慢なぞ、思う暇もないほど励まないと、人並み以上の能力は身に付かないし、未知の領域にあるものを発見したり、創造したりする作業、行為は、おそらくそういうものなのだろうと思う。

⑦一番イイのは、他人の何十倍もやり続けていることに気付かないことだ。  それが当たり前と思って、いや思うことすらないのがイイ。

⑧私は自分の能力を、この程度だと、三十歳半ばで知ったが、遊べば遊ぶほど、自分の程度に抗って生きるのも面白かろうと思うようになり、五十歳半ばから他人の倍、次に三倍と働きだした。  〝量は質を凌ぐ〟 〝バカは倍やるしかない〟 これを信じることにした。

⑨まだ失敗続きだが、瓢箪とて、やたらと振っていれば妙な駒が出るかもしれない。  ヘェヘヘヘ。 

⑩なぜそうしたか?  〝ひとりで生きる〟ことが人間のまず基本らしいということが経験でわかったからである。

⑪孤独とは違う。  まずはひとりで生きる力と精神を養うことが、大人の男になる大前提だとわかったからだ。』

別の項で著者は 「毎月、四百枚から六百枚(四百字詰)の原稿を書いている」 「ボールペンのインクが二晩でなくなる」と書かれています。

7月21日のブログで紹介した、北方謙三先生のインタビューでも「月に千枚書いても文章は乱れなくなった」とありました。

〝量は質を凌ぐ〟  チーム城西もこれだな~(笑)

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT