FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

最近の新聞記事から

最近の新聞記事から抜粋し、番号を付けて紹介します。

1.『笑顔のプレー 高める集中力・・・「笑うと好成績」実験結果も』(8月10日 朝日新聞)

『①ゴルフの全英女子オープンで日本勢42年ぶりの海外メジャー大会制覇を果たした渋野日向子(20)の笑顔が注目を浴びている。  9日からは優勝後初の国内ツアー復帰戦となる、札幌国際CC島松での北海道meijiカップに出場した。  「スマイリング・シンデレラ」とも名付けられたその笑顔は、プレーにどんな効用があるのか。  専門家に聞いた。

②渋野はこの日も、フェアウェーで笑顔を見せた。  高校時代まではイライラや怒りを表情に出していたが、プロになり、「それがボギーにつながる」と気づいた。  以来、つらくても、いつも笑顔でいることを心がける。  「プロゴルフは見せる競技。  ギャラリーの方たちに楽しんでもらうには、心の底から笑顔でやらないと、みんな楽しくない」

③笑顔は、ファンを楽しませるだけではなく、選手自身に与える好影響がある。  慶大やJR東日本の野球部などを指導してきたスポーツ心理学博士の布施努氏によると、笑顔は「面白い時に自然に出る笑顔」と「意識的に作る笑顔」の2種類がある。  「渋野選手は意識的に笑うことで、気持ちを切り替えられている。  役者の役作りのように『勝てる自分の姿』を考え、それを演じることで、いいプレーにつながっている」と見る。

④こんな実験結果もあるという。  口でペンをくわえ、笑顔を作って映画を見た場合、笑顔ではない場合に比べて、多くの人がより映画を面白く感じた。  笑顔で脳内に神経伝達物質(ドーパミン)が放出され、楽しくなるらしい。

⑤布施氏は、元世界ランキング1位の宮里藍さん(34)や2008年北京五輪ソフトボール金メダリストの上野由岐子(37)の笑顔に注目する。  「宮里さんは笑顔を意識的にしていたはず。  プロとしての笑顔。  上野選手は投げる前に白い歯を見せていた」

⑥東海大の高妻容一教授(スポーツ心理学)は、テレビ番組の企画で13人の学生に100メートル走と投球をさせる実験を行った。  多くの学生が笑顔の時にタイムが上がり、球速も上がったという。

⑦高妻教授は「笑うだけで、筋肉がリラックスして、スムーズな動きになる。  呼吸が安定し、気持ちを切り替えたり、集中力を高めたりする効果もある」と指摘する。  米国留学時に笑顔の効用を知り、研究を続けてきた。  1985年に帰国後、スポーツ界に笑顔を広めようと取り組んだ。  「当時は、笑うと『へらへらするな』と怒られる時代だった」と振り返る。

⑧2000年代に入り、徐々に広がってきたという。  最近では14年、高校野球の星稜(石川)が、どんな時も笑顔でプレーする「必笑」を掲げ、地方大会決勝で大逆転した。  全国各地で講演し、笑顔の大切さを説く高妻教授は「渋野選手の優勝をきっかけに、笑顔でプレーする選手が増えてほしい」と話す。』

「必笑で必勝」を城西のチームカルチャーに付け加えようかな~(笑)


2.『リベラルは共闘下手?・・・論客に「味方」から批判』(7月10日 朝日新聞)

『①参院選で、野党は与党に共闘で対抗しようと必死だ。  一方、争点の消費税ひとつとっても政権批判の知識人は意見がまとまらず、「身内」どうしで反発し合う。  左派、リベラルが一枚岩になれないのは、なぜなのか。  (中略)

②著述家の浅羽通明さんは「左派やリベラルは知識人。  頭でつながっている人たちです。  自分が一番頭がいいと思っているので衝突する」と厳しい。

③逆に「政権支持派は胃袋でつながっている。  権力についていることが目的化しているので、いや応なくまとまる。  自分を殺せる」

④実は頭vs胃袋。  左派対右派、リベラル対保守の構図にさえなっていない、というわけだ。』

グループで何かを成し遂げようとする時、③の「(各メンバーが)自分を殺せる」ことは重要な要素です。


 

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT