FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

2019東日本大会

昨日は墨田区総合体育館で2019東日本大会でした。  一般選手権は第12回全世界大会の最終選抜戦で、準決勝進出者4名が代表に選ばれました。  本部席前のB・Cコートの支部入賞者についてコメントします。  他のコートの入賞者については、それぞれのセコンドがコメントを書くことになっています。

①江島陽向(小学3年生男子-30㎏級・第3位)
左右へのサイドステップが秀逸ですし、動きながらも冷静に相手の動きを見ていました。  また、組手全体のバランスが整っている印象です。  今後は、蹴り込みなどによって上段の蹴りを磨くとともに、強い突きが打てるよう腕立て伏せなどで筋力を鍛えれば、優勝も見えてきます。

②川合貫太郎(小学4年生男子-30㎏級・優勝)
決勝を含め、安心して観ていられました。  動きの中での上段への蹴り、相手との間合い操作が光っていました。  欲を言えば、これからも安定して勝ち続けるための力強さが欲しいです。  江島陽向同様、腕立て伏せなどで筋力を鍛えることは必要でしょう。  

私自身の体験ですが、小学5年生の時に鉄棒の懸垂が1回もできませんでした。  担任の先生に家で腕立て伏せをするようにアドバイスを受け、毎日続けたところ、一年後には懸垂が10回できるようになりました。  バーベルを用いたウェイトトレーニングは高校生になってからだと思いますが、自重(自分の体重)を用いた筋力トレーニングは、小学生でも可能です。    

③小木戸瑛斗(高校2・3年生男子-65㎏級・第3位)
腰が落ちた安定した戦い方で、力強さも出てきました。  準決勝は相手選手の、左右へのサイドステップと突きの連打に若干圧倒された印象です。  あの戦い方に対抗するには、㋑自分自身もサイドステップを取り入れること、㋺連打の回転スピードが上がるようにトレーニングすること、㋩連打の回転を一定時間続けられるようスタミナトレーニングに励むこと、㋥強い連打が打てるようウェイトトレーニングにも注力すること、が必要です。

④岡部慎太郎(高校2・3年生男子+65㎏級・準優勝)
国際親善大会のときと同様、自分より体の小さい選手に動き回られ、ラッシュを仕掛けられ、手数負けしたように見えました。  もし、サポーターを着用しない一般の試合だったら違った判定になったかも知れません。  でも、与えられた条件の中で勝たなければならないわけですから、やるべきことは小木戸瑛斗と同じ㋑~㋥です。  
今回は、上段の蹴りで技あり寸前までいく惜しい場面もありました。  その蹴りが技有りとなるためには、他の技とのコンビネーションや相手の攻撃に合わせたカウンターで蹴ることなど、もっと創意工夫しなければなりません。  「空手頭(からてあたま・・・空手のトレーニング方法・戦い方など試合全般に関する知能)」は磨き続けなければ向上していきません。  

⑤竹岡拓哉(一般選手権・第4位)
竹岡らしい勝負強さを見せてくれました。  特に、準々決勝の樋口知春戦・再延長での力強いラッシュは、相手もラッシュを仕掛けてくるあの局面を考えると、簡単にできるものではありません。  欲を言えば、3位決定戦の高橋扶汰戦でもう少し踏ん張れたのではとも思いますが、そこも竹岡らしいと言えば竹岡らしいです(笑)  
でも、絶対取らなければならない勝負で勝ちを取ってくる、その戦いは、チーム城西の後輩たちに良いお手本を示してくれました。

いずれにしても、竹岡、世界大会出場おめでとう!  また、11日に男の子が生まれたそうです。  パパ、頑張りましたね(^^)/

選手・セコンド・応援の皆さん、お疲れ様でした。  次は、来月の極真祭です。  ともに、稽古に励みましょう。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT