FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

一万時間の訓練

1.『老いと記憶』(増本康平著 中公新書)を読みました。  「はじめに」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①アメリカの神学者ラインホルド・ニーパー(1892~1971)の次の言葉をご存じでしょうか。

神よ、
変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、それを受け入れるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。(大木英夫訳)

②この言葉は、「平静の祈り(Serenity Prayer)」とも呼ばれ、さまざまな場所で引用されています。  生活、仕事、健康状態など、私たち自身や私たちを取り巻く環境には、変えられることと変えられないことがあります。  この言葉にあるように、変えられることと変えられないことの見定めは、私たちが何を目標とし、その目標をどのように達成すればよいのかを考えるうえで極めて重要になります。』


2.同書の「何かをはじめるのに遅すぎるということはない」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①クランプ教授らは、高齢になっても活躍するピアニストが多いことに着目し、若年と高齢の熟年のピアニストとアマチュアのピアニストに対して、㋑一般的な認知課題と㋺ピアノの鍵盤を用いた音楽課題を実施しました。  その結果、音楽の熟達者、初心者にかかわらず、㋑一般的な情報の処理速度は加齢による低下が認められました。

②しかし、㋺音楽課題ではアマチュアのピアニストでは加齢による低下が認められたのに対して、熟練のピアニストでは加齢による低下が認められませんでした。

③また、高齢のピアニストの技能の程度には、直近10年の計画的な練習量が影響していました。  この結果は、長年の練習によって熟練化した技能は、計画的な練習を行うことで高齢期でも維持されることを示しています。

④車の運転は多くの人が獲得する技能の一つですが、教習所に通い始めたばかりの時は、アクセルとブレーキの位置でさえも意識しなければなりません。  そのため、エンジンをかけてサイドブレーキを下ろし、左右前方を確認し、ゆっくりとアクセルを踏む・・・・・・というように車を発進させるだけでも前頭葉に依存したワーキングメモリが働きます。

⑤しかし、運転に慣れて、これらを意識せずにできるようになると、運転中の脳活動にも変化が生じ、線条体といった、高齢者でも機能の低下が小さい部位が活動するようになります。

⑥熟練者とされるだけの技能の獲得には一万時間の訓練が必要となると言われています。  一万時間は途方もない時間のように思えますが、1日3時間で10年程度です。

⑦平均寿命が80歳を超えていることを考えると、退職した後でも何か新しいことにチャレンジし、その分野のエキスパートになることは可能なのです。』

⑥・⑦から高齢の入門者は大歓迎ですし、③からは私たち指導者も計画的な練習を行って技能が低下しないようにしなければなりませんね。


3.今日7月7日は、故・大西靖人の誕生日です。  毎年、七夕になると思い出します。  1957年生まれですから、生きていれば62歳でした。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT