FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

取り越し苦労

対談集『身体の言い分』(内田樹 池上六朗著 毎日文庫)を読みました。  「取り越し苦労は傲慢である」の項の内田さんの発言から、抜粋し、番号を付けて紹介します。  内田さんは哲学者・武道家(合気道)です。

『①「取り越し苦労をしてはいけない」というのは、言葉では簡単ですけれど、実はすごく難しいし、重要なことだと思うんです。

②ぼくの師匠の師匠に当たる中村天風先生の教えに「七戒」というのがあって、それは「怒るな、恐れるな、悲しむな、憎むな、妬むな、悪口を言うな(言われても言い返すな)、取り越し苦労をするな」というんです。  (中略)

③でも、ある程度年をとってくるとだんだんわかってくるわけですよ。  取り越し苦労って、かなり危険なものだということが。 これは、怒りや嫉妬と同じくらい人間の心身を蝕む有害なものなんです。

④取り越し苦労って、要するに、時間を先取りすることだから。  時間を先取りして、まあこんな程度のことが起こるのであろう、とある程度の未来予測をして、さらにその未来予測の中のネガティブなファクターだけを拾い出してゆくことが取り越し苦労ですからね。

⑤未来というのは何が起こるかわからないから未来なのに、それをわかったつもりになって、その上、起こるか起こらないかわからないことのうちのマイナス要素だけを確実に起こることだと思い込んで苦しむわけですから。

⑥たしかにそういうふうに見る人にはそういうふうに見えるかもしれないけれど、違う見方をする人には違うふうに見える。

⑦こっちに、来月のうちの会社の売り上げはどうなるんだろうと取り越し苦労をしている人がいて、こっちに来月彗星が衝突して地球がなくなったらどうしようと取り越し苦労をしている人がいる。  彗星の衝突に怯えている人から見たら、来月の売り上げなんかどうだっていいじゃないかということになりますよね。  (中略)

⑧だから、取り越し苦労をする人って、「取り越し苦労自慢」みたいなのをすることになる。  「彗星」の人のほうが「売り上げ」の人より威張れるわけですよ。  オレの心配ごとのほうがずっとすごいぞ、と。

⑨取り越し苦労をしている人って、傲慢な人間だと思うんです。  何が起こるか自分はわかっていると思っているという点でまず傲慢だし、お気軽にすごしているほかの人間に比べて、自分のほうがずっと濃密で重厚な人生を送っていると思っている点でも。』

自戒のために取り上げました(笑)

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT