FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

第36回ウェイト制大会・2019国際親善大会

1.4月20・21日は「武蔵野の森 総合スポーツプラザ」で第36回ウェイト制大会が行われました。  出場選手について、結果と感想を書いてみます。

①奥寺勇輝(軽量級)・・・第4位。  昨年からウェイトトレーニングにも取り組み、体重・体格ともにアップしてきました。  それなりにパワーも付いてきましたが、全般的に軽さが感じられます。  接近戦での突きの攻防が出来るようになると、自然と腰も落ち、重さが出てくるのかも知れません。  素材的には素晴らしいものを持っていますが、それを開花させられるかどうかは、奥寺自身の今後の精進にかかっています。

②平沢拓己(軽量級)・・・2回戦で山西練選手に判定負け。  今春、大学に進学し、城西の稽古に参加しています。  素晴らしい空手センスを持っています。 特に1回戦で見せたクイックの突きはタイミングが秀逸でした。  道場稽古およびウェイトトレーニングによって練習量を積めば、大きな大会で活躍することも可能です。

③加賀健弘(中量級)・・・優勝。  実力はありながら、中々優勝に手が届きませんでしたが、やっと結果を出すことができました。  突き・蹴りの威力が増したこと、捌き・足掛けが上手くなったこと、などが目につきました。  今年の世界大会も含め、無差別の大会での優勝が、加賀の次の目標になると思います。

④吉田篤司(中量級)・・・3回戦でブラデスラブ・カミドゥリン選手に判定負け。  昨年と比較すると、技・パワーともに格段の進歩が見られました。  今後は、吉田自身の特性・個性を生かした組手を研究することが大事です。  真面目に取り組んでいるようなので、試合経験を積めば、上位入賞も見えてきます。  

⑤楠幹太(中量級)・・・3回戦で海老原聖人選手に判定負け。  経験は浅いのですが、空手センスは光るものを持っています。  来年のウェイト制や全日本大会に向けて、技・パワー・スタミナともに向上していけば、結果は付いてくるはずです。  本人の自覚に期待します。

⑥亘和孝(中量級)・・・第3位。  準決勝で清水祐貴選手に延長戦判定負け。  昨年のウェイト制大会後のブログで「普段の稽古では足払いも器用にこなしていましたが、試合では出せませんでした。」と書きましたが、今回はその成果が出ました。  年齢的には、加賀とともに次代のチーム城西のリーダーになるのですから、今よりもさらに高い意識で、稽古・日常生活に取り組むことが必要でしょう。

⑦佐藤拓海(中量級)・・・3回戦で清水祐貴選手に判定負け。  チーム城西の若手の中では、一番真面目に稽古に取り組んでいるという印象です。  試合経験を積む中で、体が柔らかいという特性を生かした「自分に合った組手」を研究していけば、面白い選手になると思います。  

⑧中川拓人(中量級)・・・1回戦で貴堂実選手に判定負け。  昨年のウェイト制大会後のブログで「突きと下段廻し蹴りだけでなく組手の幅をもう少し広げることが望まれます。」と書きましたが、あまり向上が見られませんでした。  突きと下段は良いものを持っています。  他の技で攻撃を散らせれば、その突きと下段がもっと活きてきます。  毎日課題を持って稽古量を積む中で、徐々に組手の幅を広げていく必要があります。    

⑨橋本拓人(軽重量級)・・・1回戦でイバン・アクセネシコ選手に判定負け。  稽古に真面目に取り組んでいます。  腰が強く、上段も蹴れるという特性を持っています。  今後は捌き・足掛けなどの技術習得に取り組み、中川同様、組手の幅を広げていく必要があります。  

⑩竹岡拓哉(軽重量級)・・・第4位。  準々決勝で相手選手の顔面殴打でドクターストップとなりました。  勝ち上がれば、準決勝の相手は昨年勝っているアンドレイ・チルコフ選手だっただけに残念でした。  それまでの試合を見ると、突き・蹴りの威力が昨年よりアップしているように感じました。  また、1回戦で見せた突きの連打は、体全体を上手に使っていて、見栄えがしました。

⑪吉村基(重量級)・・・1回戦で、アンソニー・トッカ―選手に、判定負け。  昨年から取り組み始めたウェイトトレーニングによって突き・蹴りの威力がアップしてきました。  また、道場稽古を見ると、足掛けも上手にこなします。  実力は確実に上がってきているので、今後は、副審に旗を挙げてもらえるような戦い方を、試合経験を積む中で身に付けていってもらいたいと思います。    


2.同時開催の2019国際親善大会の入賞者については各セコンドがコメントすると思います。


3.1月6日のブログで書きましたが、私が理想とする城西のチームカルチャーは

「①どこよりも創意工夫する

②どこよりも練習する

③どこよりも楽しんでやる」

です。

また、次の試合に向けて、頑張りましょう。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT