FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

神経活動の適応

『科学的に正しい筋トレ 最強の教科書』(庵野拓将著 KADOKAWA)を読みました。  

1.「右手を鍛えれば左手も〝教育〟される」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①筋肉の収縮は、脳の神経から伝わる指令によって起こります。  現代の脳科学では神経活動を高め、運動に適応させていくことが筋力アップに繋がると示唆しています。

②例えば、神経活動にアプローチすることで、筋肥大に関係なく簡単に筋力を強くする方法があります。  「右手」に重めのダンベルを持ち、アームカールを疲労困憊になるまで行ってみましょう。  実は、これだけで「左手」の筋力は10%アップします。  

③何とも奇妙な話ですが、ここにも科学的なエビデンス(根拠)があるのです。  (中略)  2018年にはイタリア・サッサリ大学のマンカらが、31の研究成果(785名)をもとに解析したメタアナリシス(複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること)により、「片側のトレーニングは、反対側の筋力を11.9%(腕9.4%、脚16.4%)増強させる」と報告しています。』


2.1.に続く「イメージトレーニングだけで筋力が上がる」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①神経活動にアプローチすることで簡単に筋力を強くする方法は、もう1つあります。  それは「自分がトレーニングしている姿をイメージする」こと。  実は、これだけで筋力は10%ほど増強されます。  これは、最新の脳科学において筋肉と神経活動の関係を検証したエビデンスが示されています。

②2017年、フランス・ブルゴーニュ大学のGrospretreらは、同様のイメージトレーニングを7日間連続で行った結果、被験者の下腿三頭筋の筋力が9.46%増強したと報告しています。  また、終了後、被験者の脊髄の神経活動が増加することを神経生理学的評価によって明らかにしています。

③同じく2017年、同大学のルフィーノらは、イメージトレーニングによる筋力増強のメカニズムを検証した過去の研究報告をレビューし、脊髄とともに大脳皮質の運動野の神経活動が増加することを示唆しています。

④このように、筋肉の大きさが変わらなくても、神経活動を変化させることにより、筋力を増強することができるのです。  しかし、紹介した2つの方法(片側のトレーニングとイメージトレーニング)による筋力増強は、一時的な神経活動の変化がもたらすものにすぎません。  翌日には元の筋力に戻ってしまいます。  これでは真の筋力増強には繋がりません。

⑤そこで重要になるのが「神経活動の適応」です。  (中略)  新しい運動に取り組むと、最初はうまくできなかったものが、繰り返し練習するうちに次第に上達していきます。  つまり「体が覚える」ということです。  これは、新たに得た様々な情報を伝達するうちにシナプス(神経細胞間の接合部)が組み替わり、神経のネットワークが変化することに起因しています。

⑥このようなネットワークの再構築を「神経活動の適応」と言い、脳科学では運動が上達するメカニズムとして活用されています。  そして、筋力増強の効果を長期的に得るためには、筋肥大とともに、筋力を強く発揮できるように神経活動を変化させ、適応させることがポイントになるのです。』

ちょっと専門的になりますが、私が極真空手と併せて修行してきた意拳の稽古方法の1つである「試力」の効果も、「神経活動の適応」によるものかも知れません。

早いもので、来週末は国際親善大会と全日本ウェイト制大会ですね。  

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT