FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

太らないカラダ

『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』(ジェイソン・ファン著 サンマーク出版)を読みました。  全編から抜粋して紹介します。

『(1)第1部「肥満の真実」

肥満の根本原因は主に血中の「インスリン」というホルモンの濃度が高くなることによってホルモンの複雑なバランスが崩れることである。  (中略)  そもそも、遺伝的な要素で説明がつくのは、私たちが目にしている肥満傾向の70%でしかない。  逆にいえば、残りの30%は私たちが自分でコントロールできるということになる。


(2)第2部「カロリー制限」という幻想

①体脂肪の増加を調節するホルモンが、新たにいくつも確認されているのだ。  (中略)  つまり、「脂肪の増加がホルモンで調節されている」なら、肥満はカロリーの取り過ぎではなく、ホルモンの異常により引き起こされるものであると言い切れる。

②食事療法と運動は、どちらも同じくらい大切というわけではない。  (中略)  肥満の原因の95%を占めるのは食事なのだ。  (中略)  運動することによる利点もあるだろうが、体重を落とす効果は期待できない。

③ここで関係する基本的な生物学原理は、「恒常性の維持」である。  体重や肥満に関しては〝設定値〟というものがあると考えられている。  (中略)  体重が設定値よりも低くなると、代償作用が働いて体重が増える。  (中略)  だから、肥満の問題点は、「設定値が高くなっている」ということにある。

④体は、自動温度調節器(サーモスタット)のようなものだ。  体重の設定値は、体重が増えても減っても変わらない。


(3)第3部「世界最新の肥満理論」

①肥満の原因は、体内のホルモンのバランスが崩れることによって体重の設定値が高くなり過ぎることだ。  (中略)  では、どのホルモンが肥満の原因なのだろう?  (中略)  因果関係が見られたホルモンがふたつあった。  「インスリン」と「コルチゾール」である。

②もし、カロリーの過剰摂取が肥満の原因だと信じていたなら、カロリーを減らしさえすればいいということになるだろう。  だが、このやり方はこれまでうまくいった例(ため)しがない。  インスリンの分泌量が多いことが肥満の根本原因なのだとすれば、インスリンの分泌量を抑えればいいということは明らかだ。

③代謝を維持するのに最もいいダイエットは何だろう?  それは、「炭水化物を極端に減らしたダイエット法」だ。  このダイエットをすると食欲が減るように感じる。  (中略)  インスリン値も下がる。

④常に何かを食べる機会が増えたことで、常にインスリン値が高くなってしまっているのだ。  (中略)  主犯はここに隠れている・・・やめるにやめられない「間食」だ。


(4)第4部「社会的肥満」

「砂糖や(炭水化物に含まれる)でんぷん質は摂り過ぎないこと」 「間食はしないこと」といった方法は、昔おばあちゃんが言っていた体重の減らし方とほぼ同じだ。  (中略)  糖分と精製された炭水化物の摂取量を減らせば、インスリンが減る。


(5)第5部「トロント最高の医師がやらない『太る食事』」

砂糖を摂ると太ってしまうのは、単純に砂糖が高度に精製された炭水化物だからだ。  砂糖を摂るとインスリンの産生が促され、それが体重の増加を引き起こす。  ここでもう一度思い出してほしいのは、米やジャガイモといった精製された炭水化物のほとんどは、体重の増加を招くということだ。

(6)第6部「医師が教える『太らないカラダ』の作り方」

①インスリン値が低い状態を一時的につくりだすには、どうしたらいいのだろう?  適切な食べ物を食べていれば、高いインスリン値を招くことはないとわかっているが、それだけではインスリン値をもっと低くするには不十分だ。  ある食べ物はほかの食べ物よりもインスリン値を上げないのは確かだが、すべての食べ物はインスリンの分泌を促すことを忘れてはいけない。

②どんな食べ物もインスリン値を上げるのだとすれば、インスリン値を下げるには、「まったく何も食べない」という方法しかない。  つまり、一言でいえば「ファスティング(断食)」という方法だ。

③ここでいうファスティングは、24時間から36時間のファスティングを「間欠的」に行うものを指す。』

もし、選手の皆さんが太りたかったら、上記の内容の逆をやってインスリン値を上げるようにすればいいことになります。  つまり、

①食べ物の種類によってインスリン値を上げる・・・砂糖や精製された炭水化物(白いパンや米やジャガイモ)を積極的に摂取する。

②ファスティング(断食)の逆を行ってインスリン値を上げる・・・3度の食事のほかに、2~3回の間食をする。

私自身、17歳で極真会館に入門したときの体重が64キロ、28歳で現役を引退したときの体重が87キロ、と11年かけて23キロの増量をしました。  やせるのも大変ですが、太るのも大変です(笑)


TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT