FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

井上尚弥選手

3月18日の「イーファイト」で井上尚弥選手のイメージトレーニングが取り上げられていました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①5月18日に開催されるWBSS準決勝に挑むWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25=大橋)と5月25日に2度目の防衛戦に臨むWBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(28=伴流)が3月17日(日)、都内で対談を行った。  ボクシングを始めたきっかけや世界を獲ったエピソード、次戦への意気込みなど話は多岐に及んだ。

②無敗のモンスター井上、前回は70秒で相手を葬っている。  ようやく決まった準決勝まで2ヶ月、イメージトレーニングの話になると井上は意外にも「今は自分が分が悪いイメージをしている」と話す。  倒されるイメージまでしっかりすると言い「そう思わないと練習を追い込めない」とも。  初めからそうできると挑んでしまったらできない時に対処ができないとも語った。  (中略)

③リスクマネージメントでもある。  前回の元WBA世界バンタム級スーパー王者ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)では徹底的なサウスポー対策、フィリピンから3人の〝仮想〟パヤノを招聘し120ラウンドのスパーをこなしている。  そこで何度かダウンを奪い、慣れないサウスポーを克服、試合前には準備万端、穴を無くし絶対の自信に昇華させる。  「自分が戦わなければいけない距離で戦えれば問題なくクリアできると思う」と試合前に自信を覗かせた井上は70秒の衝撃KOに繋いだ。

④また、「自分は相手をめちゃくちゃ過大評価している、すると対戦したとき、あ、こんなもんか」と思えるのだという。

⑤伊藤はそれを聞き「僕も相手を過大評価してヤバイときのイメージをするんですが、相手に怖さがない場合は難しい。  そしてどういう風に自分がやられるのか考えないといけない、イメトレはやっぱり難しいなと思う」と相手によりイメトレは難しいとも語った。』

私の理想とするイメージトレーニングは、実際に試合で戦った時に「この間やったイメージトレーニングとまったく同じ状況・感覚・心理状態だ」と思えるような、実戦にきわめて近いイメージトレーニングです。  自分が追い込まれている(例えば相手に技有りを取られた)ようなネガティブなシチュエーションを想定したイメージトレーニングも欠かせません。

井上・伊藤両選手の対談は、WOWOWで4月27日20時20分より、『KO必至!井上尚弥&伊藤雅雪!!世界へ羽ばたく侍ボクサー』というタイトルで無料放送されるそうです。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT