FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

先崎学九段

プロ棋士の先崎学九段が書いた『うつ病九段』(文藝春秋)を読みました。  著者紹介には次のように書いてあります。  「2017年7月にうつ病を発症し、慶応大学病院に入院。  (中略)  そして一年間の闘病を経て2018年6月、順位戦で復帰を果たす。」  本書の最終部分から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①中学生の時、イジメにあった。  それまで小学校で3年間、内弟子という奇妙な体験をしてこまっしゃくれていた私は、中学校に入るとすぐにクラスで浮いた。  

②おりしも校内暴力の全盛期で、授業中に校庭でバイクが集団で走りまわり、トイレは喫煙防止のために仕切りがすべてなくされるような荒れた学校で、私はまたたく間に不良たちの「かわいがり」の対象となった。  私がどもりだったこともあるかもしれない。

③教師は、今では信じられないことだろうが、将棋のプロになるというのはヤクザになるのと同じくらいにしか思っておらず、まったく相手にしてくれなかった。

④はじめは無視されたり、将棋野郎といわれるくらいの軽いものだったが、当然の成り行きでエスカレートしていった。  半年もたつと教科書を盗まれたり、生徒手帳にバカと書かれて廊下の壁に貼られたりした。  椅子に大きくあざけりのことばが書かれていたこともある。

⑤いじめは学校の中だけでは済まなかった。  ある朝、家の壁に私を中傷する落書きがいくつも描かれていた。  学校へ行こうとすると、母親が黙ってそれを消していた。  いくら拭いても消えないのに、ただ黙ってモップでこすっていた。

⑥私はそれを見て、母親に学校へ行ってくるといったまま将棋連盟に行って、仲間と将棋を指した。  その日は連盟に泊まって、翌日帰ると落書きはさっぱり消えていた。  今に至るまで、このことを母親とはなしたことはない。

⑦私は猛然と記録係をするようになる。  記録係というのはプロ棋士の公式戦の記録をつける仕事で、朝10時からこれをすると学校へ行かなくて済む。  月に十日から十五日くらい記録係をして、できるだけその日は連盟に泊まるようにした。

⑧必然、週に一度も学校へ行かないようになる。  母親は何度も学校から呼び出しをくらい、私も同席させられた。  教師にイジメについて訴えても、そんなことはよくあることだとまったく取り合ってもらえず「学校に来ないとロクな人間になれんぞ」と声高にいわれた。  私はこいつのいうことを聞いたらロクな人間になれないと確信した。

⑨学校生活に比べると将棋界は楽園だった。  先輩たちは温かったし、ひとつの伝統ある世界の一員として扱ってくれた。  なにより仲間と将棋を指す時間は宝物だった。

⑩とはいえ毎日将棋だけにかかわるわけにもいかない。  私はむさぼるように本を読んだ。  学業をしていない分、圧倒的に知識がないのは明らかだった。  ひたすら本を読んで、だから今この原稿を書いている。  (中略)

⑪本を読んで知識を得、現場で勉強して常識を得、(アナウンサーの卵が通う学校に通って)どもりを直して中学時代のつらい経験を克服しようとしてきた。

⑫しかし、心の支えは何といっても将棋だった。  あの落書きをされた日、将棋を指す仲間がいなかったら自分はどうなっていただろう。  記録係をできずに学校へ行くよりなかったら・・・・・・。

⑬棋士になって様々な仕事をし、様々な人に会って臆せずはなせたのも、すべて自分は将棋が強いんだという自信があるからだった。  そう、私は腕一本で人生を切り拓いてきた。  そして今回もうつ病を、ひたすら将棋を指すことで切り抜けた。  

⑭だから大丈夫である。  もしうつ病に対する偏見があっても、将棋の力によって必ず切り抜けられるはずだ。  ベテランだから勝てないなんてことはどうでもよい。

⑮将棋の力であのイジメに勝ったのだ。 それが私の「誇り」である。  くだらない偏見なんてものに負けるわけがない。

⑯今、書いていて分かった。  こんなことを書いているくらいだから、うつはたしかによくなっている。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT