FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

マングースと花粉症

1.3月5日の朝日新聞夕刊・連載「e潮流」のタイトルは『マングース、勘違いの末に・・・』で、元朝日新聞編集委員の竹内敬二さんが書かれていました。  番号を付けて紹介します。

『①奄美大島(鹿児島県)で行われてきた環境省によるマングース駆除事業で、昨年4月の1匹を最後に捕獲が途絶えた。  2016年度は28匹、17年度は10匹と捕獲頭数は減り続けてきた。  環境省は「根絶が近い」と意気込んでいる。

②イタチに似た姿をしているマングースは1910年に、インドから沖縄へ17匹が導入されたとされる。  「毒蛇ハブを食べる天敵」と期待された。  インドで「コブラ対マングース」の対決ショーがあり、「ハブ退治にちょうどいい」と考えたらしい。  79年には、沖縄の30匹が奄美大島に放たれた。

③導入は大失敗だった。  ハブは夜行性なのに対し、マングースは昼行性だ。  「野生の状態では、そもそも、ほとんど出会わなかったのではないか。  それに、出会っても闘う理由がない」というのが、今の一般的な考え方だ。  冗談のような勘違いである。

④しかし、見せ物では激しく闘う。  「それは対決前にマングースにエサをやらないからです。  マングースは空腹で必死になる」と奄美観光ハブセンターの本山栄隆さんが教えてくれた。

⑤対決では、マングースがハブの首にかみついて勝つことが多いが、時にはハブにやられることもある。  沖縄や奄美に放たれたマングースは、当然ながらハブよりも弱い昆虫やネズミ、鳥、果実を食べた。  希少種のヤンバルクイナやアマミノクロウサギ、アマミイシカワガエルなども犠牲になった。

⑥奄美大島のマングースは2000年に1万匹になったと推定される。  島中に広がった動物を捕まえるのは極めて難しい。  そもそも、導入前に、昼行性と夜行性の違いは分からなかったのだろうか。  マングースは19世紀後半から、ハワイや西インド諸島でネズミ駆除のために放たれたが、生態系への害の方が問題になっていた。  こうした情報は届かなかったのだろうか。

⑦生態系全体で考える時代ではなかったのかもしれないが、結局、微妙な生態系に人間が安易に手を出してもうまく制御できないということだ。

⑧ハブとマングースは闘う関係ではなかった。  もう映像以外で対決ショーを見ることもないだろう。  「あの二人はハブとマングースだ」といった言葉だけが残るのだろうか。』

今さら「ハブとマングースは闘う関係ではなかった。」って言われても・・・(笑)

「1910年・インドから沖縄へ17匹、79年・沖縄から奄美大島に30匹」ということは、沖縄への導入から69年経った1979年時点でも「ハブとマングースは闘う」と考えられていたことになります。


2.私のスギ花粉症も今年で21年目です。  スギ花粉症についてウィキペディアで検索・抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①日本で1960年頃からスギ花粉症が急増した原因としては、農林水産省が推奨してきた大規模スギ植林が主に挙げられている。

②戦後復興や都市開発などで日本では第二次世界大戦以後木材の需要が急速に高まったが、一方で国内木材の供給量は不足気味で、林業の拡大と造林は 当時の日本において急務であった。

③このため農林水産省は戦後に拡大造林政策を行い、その一環として各地にスギやヒノキなどの成長率が高く建材としての価値が高い樹木の植林や代替植樹を大規模に行ったが、その一方でスギ花粉の飛散量も爆発的に増加することになり、大量のスギ花粉を曝露した日本人がスギの花粉症を発症することにもつながった。

④また高度経済成長を経て日本では林業が衰退し、木材も外国からの質が良くて安い輸入品に押されて国内スギの需要が低迷するようになったため、大量に植えたスギの伐採や間伐なども停滞傾向となり、花粉症原因物質であるスギの個体数が増加していることも花粉症患者の増加傾向の要因となっている。

⑤「花粉症の父」と称される齋藤洋三が1963年前後から目や鼻にアレルギー症状を示す患者が増加したことから、1964年に「栃木県日光地方におけるスギ花粉症 Japanese Cedar Pollinosis の発見」という論文を発表。  これが公式なスギ花粉症の発表とされている。』


3.スギ植林を時系列でみると、次のようになります。

①1950年に制定された「造林臨時措置法」を契機に、一気に植林が進められた。

②1961年に大規模な造林、俗にいう戦後の「拡大造林」を行った。

③1964年、「スギ花粉症」が発表された。

①~③まで14年ですから、1.のマングースのケースよりは短期間です。

それにしても、目がかゆいな~(笑)



TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT