FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ヴァレリー『湖に浮かべたボートを漕ぐように』

1.『湖に浮かべたボートを漕ぐように、人は後ろ向きに未来へ入っていく。  

目に映るのは過去の風景ばかり、明日の景色は誰も知らない』

ネットで検索したポール・ヴァレリー(フランスの著作家・詩人 1871~1945)の詩です。つまり、「未来は誰にも分らないのだから、過去の事例から類推するしかない」ということだと思います。


2.『なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議』(半藤一利編・解説 文春新書)を読みました。  月刊誌『偕行』で1976年~1977年にかけて連載された、太平洋戦争開戦時の陸軍中堅参謀の座談会記録と半藤さんの解説です

半藤さんが書かれた「余話と雑話・・・あとがきに代えて」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『(1)①一つだけ、本書ではまったくふれられていないことを付け加えておきます。  こうして世界情勢が急展開しているとき、日本の国民はどうしていたのか、ということです。  これがまた情けなくなるほどメディアに煽られて勇み立っておりました。

②たとえば(1941年)10月26日の東京日日新聞(現・毎日新聞)の社説です。読めば読むほどいやはやとため息がでてくるばかりの大言壮語。

「戦わずして日本の国力を消耗せしめるというのが、ルーズヴェルト政権の対日政策、対東亜の根幹であると断じて差支えない時期に、今や到達していると、われらは見る。  (中略) われらは東條新内閣が毅然としてかかる情勢に善処し、事変完遂と大東亜共栄圏を建設すべき最短距離を邁進せんことを、国民と共に希求してやまないのである」

「最短距離」とは戦争をやれ、ということですね。  (中略)

③(臨時国会では)島田俊雄議員も大声をあげます。  「ここまでくれば、もうやる外ないというのが全国民の気分である」  東條首相もこう獅子吼(ししく)します。  「帝国は百年の計を決すべき重大なる局面に立つに至ったのであります」

④これをうけて新聞は、それぞれ勇ましい論陣を張りました。  「一億総進軍の発足」(東京日日新聞)、「国民の覚悟に加えて、諸般の国内体制の完備に総力を集中すべき時」(朝日新聞)。  どこもかしこも対米強硬の笛や太鼓ではやしつづけていたわけです。


(2)①もう一話。  戦争に踏み切れと鼓舞したような東京日日の社説が載った一月後の11月26日、千島列島の単冠湾から南雲忠一中将指揮の大機動部隊が、(ハワイの)真珠湾めざして出撃していきました。  

②そして同じ日、京都では高坂正顕、高山岩男、西谷啓治、鈴木成高の座談会が行なわれていました。  当代きっての有識者の彼らは説いています。  (中略)

③そしていちばん最後に高坂正顕がいいきりました。

「人間は憤る時、全身をもって憤るのだ。  戦争だってそうだ。  天地と共に憤るのだ。  そして人類の魂が清められるのだ。  世界歴史の重要な転換点を戦争が決定したのはそのためだ」

④さてさて、(真珠湾を攻撃した)1941年12月8日、日本人はみんなほんとうに憤っていたのでしょうか、当時11歳のわたくしにはそうは見えなかった記憶があるのですが。』

これを読むと、メディアも政治家も有識者も間違うことがあるようです。  1月13日のブログで紹介したように、自分自身の「教養という座標軸」が必要ですね。  


3.同じく「余話と雑話・・・あとがきに代えて」の末尾に次のような記述があり、感銘を受けました。

『読書にはどんな種類の愉しみがあるのでしょうか。  その人その人によって、もちろん違うでしょうが、もし共通の愉しみがあるとすれば、おそらくおのれの知的好奇心の満足ということになるのではないか。

老躯となった自分(※半藤さんは1930年生まれ)の体験でいえば、人生は忙しく短し、そして面白そうな本はいっぱいある、と。  であるから、本書を手に取った読者の好奇心を100パーセント満足させる、そうであるようにできるだけ頑張るのは、まさしく歴史探偵の仕事なのです。  老齢なんか関係ありません。  それで長い長い「あとがき」になりました。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT