FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

第53回スーパーボウル

昨日はNFLの第53回スーパーボウルが行われ、私が応援しているニューイングランド・ペイトリオッツがロサンゼルス・ラムズと対戦しました。

NFL公式サイト日本語版から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①現地3日(日)、ジョージア州アトランタにあるメルセデス・ベンツ・スタジアムにて第53回スーパーボウルが開催され、AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)覇者のニューイングランド・ペイトリオッツと、NFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)王者のロサンゼルス・ラムズが対戦した。

②3年連続9度目の出場となるペイトリオッツの攻撃で始まった試合はクオーターバック(QB)トム・ブレイディが放ったパスをラムズのラインバッカー(LB)コリー・リトルトンがインターセプトしてターンオーバーに持ち込んだが、ラムズ攻撃陣は得点につなげられず。  ペイトリオッツはさらにフィールドゴール失敗のミスがあり、第1クオーターは両チームとも無得点に終わったものの、第2クオーターに入ってペイトリオッツがフィールドゴールで先制点を挙げた。  ただ、前半の得点はペイトリオッツのフィールドゴールにとどまり、攻撃がうまく噛み合わないラムズは無得点のまま後半に突入している(3対0)。

③ハーフタイムを挟んでなお、どちらの攻撃陣も攻め手に欠いた状態が続く。  それぞれのディフェンス陣が好パフォーマンスを見せているため、得点圏に進めないドライブも多いが、第3クオーター終盤にラムズのキッカー(K)グレッグ・ズアーレインが53ヤードのフィールドゴールを成功させて同点に追いついた(3対3)。

④しかしながら、最終クオーターを迎えて古豪ペイトリオッツが猛攻に入る。  QBブレイディがタイトエンド(TE)ロブ・グロンコウスキーやワイドレシーバー(WR)ジュリアン・エデルマン、ランニングバック(RB)レックス・バークヘッドらにパスをつないで敵陣に進入。  グロンコウスキーが29ヤードパスを見事にキャッチしてレッドゾーンに突入した直後、RBソニー・ミシェルが最後の1ヤードを押し込んでタッチダウンを決めた(10対3)。

⑤ようやくリズムをつかみ始めたペイトリオッツ攻撃陣はターンオーバーにつなげた守備陣の奮闘に応え、敵陣24ヤード地点に進んだ後、確実にフィールドゴールで追加点を得た(13対3)。  残り1分強となった試合はラムズの攻撃に移るも、10点差をひっくり返すには時間があまり残されていない。  なんとかペイトリオッツ陣地に進んでフィールドゴールを狙ったが、成功できずに万事休す。

⑥第51回スーパーボウル以来、2年ぶりにヴィンス・ロンバルディー・トロフィーを掲げたペイトリオッツ。  QBブレイディにとっては通算6回目のスーパーボウル制覇だ。』

24歳のQBジャレッド・ゴフを擁するヘッドコーチ(HC)ショーン・マクベイが33歳なのに対して、41歳のQBトム・ブレイディを擁するHCビル・ベリチックは66歳と、QB・HCの新旧対決も話題になっていました。  終わってみると、ラムズの「若さ」をペイトリオッツの「経験」が封じたことになります。  31歳の世界大会代表選手を抱える65歳の指導者にとっては、とても勇気づけられる結果でした(笑)


TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT