FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

国家と教養

『国家と教養』(藤原正彦著 新潮新書)を読みました。   

1.第6章「国家と教養」の序文および「西洋崇拝の教養と決別する」の項からから抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①18世紀後半には、英仏に後れをとっていたドイツに、「古典に精神を学び、人格の陶冶を図る」という教養主義が生まれました。  (中略)  これを見ていた我が国は、明治維新より軍隊、憲法、高等教育などでドイツを手本とした国造りをしました。  (中略)  

②そしてこれら人文的教養に身を包んだ教養層が、20世紀になって、ドイツでも日本でも、第一次大戦、第二次大戦という歴史的愚行に際し、ほとんど抑止力とならなかったことを見ました。  (中略)

③両大戦を経て世界のスーパーパワーに躍り出たアメリカが、教養とは対局にある功利主義の国であったことや、科学技術の驚異的発展などが人文的教養のさらなる地位低下に連なったことも見てきました。

④しかしながら一方で、諸現象の真髄を見抜くために、知識や情緒に根差した物差しは欠かせません。  とりわけ、ますます広範に渡り深化する情報社会を生き抜くためには、この物差しの必要性はかってより増していると言えます。  (中略)

⑤これからの教養とは一体何でしょうか。  それは従来の教養のごとく、少数のエリートにより独占されるものではありません。  独裁政権や軍事政権の下では、瞬く間に排除あるいは抑圧されてしまうからです。  我が国に強く見られた、西洋崇拝に基づいた教養のひ弱さも第5章で見ました。  (中略)

⑥これからの教養は書斎型の知識ではなく、生を吹き込まれた知識、情緒や形と一体となった知識です。

⑦まず情緒ですが、ほぼ先天的に備わっている喜怒哀楽ではありません。  それなら獣にもあります。  より高次元とも言える、後天的に得られるもの、すなわちその人が生れ落ちてからこれまでにどんな経験をしてきたか、によって培われる心です。

⑧どんな親に育てられたか、どんな友達や先生と出会ってきたか、どんな美しいものを見たり読んだりして感動してきたか、どんな恋や失恋や片思いをしてきたか、どんな悲しい別れに出会ってきたか・・・・・・などにより形成されるものです。

⑨また形とは、日本人としての形、すなわち弱者に対する涙、卑怯を憎む心、正義感、勇気、忍耐、誠実、などです。  論理的とは言えないものの価値基準となりうる、獣ではない人間のあり方です。  (中略)

⑩一人前の人間として「大切な教養については、人により言い方が異なります。  東京女学館女子中学校の校長をしていた四竈経夫先生は「私が生徒にどうしても伝えたいのは三つのこと、読書と登山と古典音楽の愉しさです」と私に語りました。

⑪ある会社の社長は「人間にとって最も大切なのは、人と付き合い、本を読み、旅をすることだ」と言いました。

⑫手塚治虫はこう言いました。  「君たち、漫画から漫画の勉強をするのをやめなさい。  一流の映画を見ろ、一流の音楽を聴け、一流の芝居を見ろ、一流の本を読め。  そしてそれから自分の世界を作れ」。  表現は様々ですが、大体、私と同じことを言っているように思います。』

2.同じ章の「論理の危うさ」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①人間は論理的に考えるだけでは、物事の本質に到達することは決してできません。  『国家の品格』で詳述しましたように、実生活において、論理などというものは吹けば飛ぶようなものです。

②人を殺してはいけない論理も、人を殺してよい論理も、少しでも頭のいい人ならいくらでも見つけることができます。

③状況や立場や視点によっていくらでも変わりうる、変幻自在な論理などに頼ることなく、一刀両断で真偽、善悪、美醜を判断できる座標軸がぜひとも必要な所以です。

④教養という座標軸のない論理は自己正当化に過ぎず、座標軸のない判断は根無し草のように頼りないものです。』

  

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT