FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

やれば伸びる

『才能の正体』(坪田信貴著 幻冬舎)を読みました。  坪田さんは映画化もされて大ベストセラーとなった『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者です。  『第1章「才能」とは何か?』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①僕は、才能というものは誰にでもあって、それは〝正しい努力〟次第で手に入るものだと考えています。

②ところで、「自分はやればできる」「今は本気出していないだけ」と言う人がいますが、これはとんでもない「まやかしの言葉」です。  

③例えば、あなたが「何の競技でもいいから、今からオリンピックに出よう。  やればできるはずだ」と思ったとしましょう。  

④まず、どの競技ならできそうか、いろいろと競技を見ますよね。  スノーボードやスキー、スピードスケートは無理そうだけど、ストーンを滑らせてその前をホウキみたいので擦るだけのカーリングだったらできるかも、と思ったとします。  これが「認知」です。

⑤それで練習を始めますが、カーリングがとても難しい競技であることに気づきます。  すると「相当練習をしないと、いや練習をしても、そうそうオリンピック出場なんて無理だ」と思いますよね。  それでどうなるかというと、オリンピック出場を諦めて、カーリングの練習をやらなくなります。

⑥「やればできる」と思っている人は、オリンピック出場という「結果」に焦点を当てているため、それが望めないとわかった瞬間に「動機」がなくなり、練習をやらなくなります。  (中略)

⑦こうして見てくるとわかるように、「やればできる」という思考は「結果至上主義」なんです。  その結果が手に入らないとわかった瞬間に、やることそのものをやめてしまうのですから。

⑧これは、「できそうにないなら、やらない」と言っていることと表裏一体なのです。

⑨そんなわけで僕は、「やったら、いつか必ずできるよ」という意味の「やればできる」という言葉を使いません。  世の中には「できないこと」がたくさんある以上、大人が子どもに、または目上の人が部下に言いがちな「やればできる」という言葉は嘘になるからです。

⑩・・・こんなふうに言うと、気持ちを削がれてしまいますか?  でも大丈夫です。  使う言葉を変えていけばいいのです。

⑪こういうときに使うべき正しい言葉は「やれば伸びる」です。

⑫何事も、やらないよりもやった方が絶対にいいいのは間違いありません。  誰でも、何かを始めて、それを継続していければ、やった分だけ成長して、経験した分だけ経験値は増えて、必ず伸びていく。  能力が伸びれば、その「部分」が際立ってきて、「才能」になる可能性がある。

⑬使い古された言葉ですが、「継続は力なり」というのは本質的に真実なのです。  問題は、「自分にはできないと認知した段階」で丸ごと諦めてしまうことです。』

1993年に、空手の指導や国家試験受験の経験を踏まえて、日本実業出版社から本を出しました。  書名は『やればできる! 能力開発と目標達成』です。  『やれば伸びる!』とすべきだったかもしれません(笑)

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT