FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

三船久蔵十段からのヒント

1.柔道の三船久蔵十段(1883~1965)の生涯を描いた『荒ぶる魂』(嶋津義忠著 PHP文芸新書)を読みました。  三船十段は、身長159cm・体重55㎏と小柄ながら「空気投げ」などの新技をあみ出し、「柔道の神様」と言われた柔道家です。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『(1)①相手を倒すことから始めた柔道だから、久蔵は立ち技の方が性に合っていた。  得意技は持たない。

②勝敗は、相手の虚(弱点)をつき、迅速に動いて敵を倒すことで決まる。  得意技があったとしても、相手はその技に入るかたちになってくれるとは限らない。  そのかたちを作ろうと努めれば、そこに虚(弱点)が生じて、相手につけ込まれる。

③体の動きは千変万化ゆえ、お互いに多様な虚(弱点)を作り出す。  その虚(弱点)に適応した技を繰り出した方が、勝ちを得ることになる。

④久蔵はそう考えるから、得意技を作ろうとしなかった。  多くの技を研究し、生涯に一度しか使うことがなくても、それでよい、と思っている。

(2)①「これまでは、押さば引け、引かば押せ、と言われてきた。  そこから進んで、おれは、押さば回れ、引かば斜めに、と言いたい。  つまり、大事なことは円運動なんだ」と久蔵は言う。  

②相手が押してくる。  それは直線的な力の働きである。  そのとき、こちらが回って背後を押してやれば、相手を前へ突き飛ばすことができる。  

③相手が引くときも同じである。  こちらは斜めに出て押してやればいい。  それは自分が球になることだ。

(3)まだまだ、(空気投げの)完成にはほど遠い。  練り上げ、精度を上げ、美しくしなければならない、と久蔵は思う。  よい技はすべからく美しいのだ。』


2.私の感想を書いてみます。

(1)①の「得意技は持たない」について

松井館長・フィリョ師範・木山監督などの世界チャンピオンに共通するのは、「得意技は○○」という評価がされないことです。  逆に言えば、手技・足技のどの技を取り上げてもすべてが強力で、ひとつの技に絞り切って評価できない、ということだと思います。  世界チャンピオンになるには、すべての手技・足技がトップレベルで使いこなせるオールラウンドプレーヤーであることが必要です。

(2)①の「押さば回れ、引かば斜めに、と言いたい。  つまり、大事なことは円運動なんだ」について

昨年は両手押しが解禁になり、今年の第50回全日本大会から「場外」注意がルールに盛り込まれました。  実際、大会で場外に押し出され、結果として「減点」を取られた選手も見受けられました。  体が大きく手も長い外人選手の押しに対抗する技術の開発が急務です。  その際、三船十段の言われた「押さば回れ、引かば斜めに、と言いたい。  つまり、大事なことは円運動なんだ」ということばは大いに参考になるはずです。

(3)「練り上げ、精度を上げ、美しくしなければならない、と久蔵は思う。  よい技はすべからく美しいのだ。」について

約20年前、東中野で東京城西支部を再スタートさせましたが、その時の私の目標は「芸術的なチャンピオン」を育てることでした。  つまり、大山総裁の言われた「華麗なる組手」の体現者を城西から生み出すことです。  20年経った今もその目標は変わりません。  「よい技はすべからく美しく」、「よい選手の動きはすべからく華麗」です。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT