FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

継続力が人生を分けます

1.一昨日は城西カップとビギナーズカップでした。  表彰式の後、少年部に向けて次のような話をしました。

『小さいときから一つのことをやり続けることは、将来皆さんが大人になった時に大きな自信となります。  皆さんは極真空手を稽古しているわけですが、柔道・サッカー・野球・水泳・体操・音楽・ダンスなどでも同じことです。  仮に幼稚園から始めた空手を20歳になっても続けていれば、そこから得られる自信ははかり知れません。
長い道のりですから途中で空手を続けるモチベーション(意欲・やる気)が少なくなり、止めたくなることもあります。  試合に出ること、大きな試合を観ることは、そのモチベーションを保ち続けることにつながります。  試合に負けてくやしい、試合に勝ってうれしい、先生の試合を観て感動した、などの感情が空手の稽古を続けるモチベーションにつながります。
来週末は第50回全日本大会です。  城西地区の先生や先輩が多数出場します。  ぜひ会場に足を運び観戦し、皆さんの空手へのモチベーションに活かしてください。』

2.昨日の『伊勢ー白山 道』さんのブログのタイトルは『継続力が人生を分けます』でした。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①最近のテレビ番組で多い傾向は、
・「昔に飛び抜けて〜〜だった、アノ人は今は何をしている人なの?」
・「様々な競技の頂点を極めた人には、一度も勝てなかったライバルが居た。  その最強のライバルの今は何をしている人?」
という昔にある分野で優秀だった人々の、今を調査する番組が人気です。  色々な人々の人生ドラマを知ることが出来ます。

②何回かこの手の番組を見て感じますことは、
・ 昔に負けた人のほうが、その後に世界の頂点に立っている。
・ 昔に無敵だった人は、その競技を止めて、紆余曲折を経て違う職業の人が多い。
そのまま継続すれば良いものを、それがナゼか出来なくなることが、気持ちが向かなくなることが、人により起こります。  (中略)

③そして、「継続力」こそが神秘だと言えます。  頂点を極めた人は、自分が勝てない相手が居ても、継続力で勝ったのです。  何かを継続出来るとは、本当に幸福なことだと言えます。  (中略)  

④善悪の結果よりも、継続性を評価する視点を持って頂ければ、自分の人生が変わるかも知れません。  仕事を辞めてばかりを繰り返す人生よりも、1つの仕事を長く継続することが、収入の意味でも社会保険の意味でもお得です。  継続性を大切にすることを、参考にして頂ければ幸いです。  継続性=道に成ります。』





TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT