FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

感情変換

『図解モチベーション大百科』(池田貴将著 サンクチュアリ出版)を読みました。  「感情変換」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『見出し・・・気持ちが高ぶっているときは、「落ち着こう」と努力するよりも、「これは興奮状態だ」と認めた方がパフォーマンスが高くなる傾向がある。  (参考:ハーバード・ビジネススクール  アリソン・ウッド・ブルックスの実験)


①重要な場面に直面したとき、まったく緊張しないという人はいないでしょう。  これから起きる物事に対して、人の体と心は張り詰めるようにできています。  ただ「緊張」という状況が生じたとき、その状態をどのようにとらえるのかには個人差があります。

②リラックスしなければと、深呼吸をしてみたり、気をそらそうとしたり、肩や首を回したり、ストレッチをするのもひとつの手です。  ただ、ベストな選択とは言えません。

③なぜなら「落ち着こう」という意思は、「力を発揮しよう」という意思と、反対方向に引っ張り合ってしまうからです。  結果的に、ミスが誘発されたり、パフォーマンスが中途半端なものになったりします。

④緊張という状態は無理になくそうとせず、ポジティブな方向にどんどん盛り上げた方が恐怖を消しやすくなります。

⑤人に対しても、または自分の脳内においても「なんかすごいことが起こりそう!」「ワクワクしてきた!」などといった言葉を使うだけで、緊張が興奮に変換されるのです。

⑥その瞬間、意識のフォーカスが、“失敗する不安”から“今やるべきこと”に向き、周囲があっと驚くような結果をもたらすのです。


結論・・・緊張したら「私は興奮している!」と脳内で叫ぼう。』


今年も1カ月を切りました。  昨日会った人たちとも、「この間新年会やったのに。  早いな~。」という話をしました(笑)

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT