FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

身体に覚えさせる

1.セ・パ両リーグ(ヤクルトと西武)で日本一となった“名将”広岡達郎さんが書かれた『広岡イズム』(ワニブックス)を読みました。  「理論は超越しなければいけない。」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①理論を理解しただけで「できる」「わかった」と思うのは間違いです。  理論は超越しなければいけません。  そのために練習があります。  理論を頭で考えているうちは、何ごともうまくはなりません。  反復練習によって理論を身体に覚えさせてこそ、「わかった」「理解した」といえるのです。  野球の特守や特打もそのためにあります。

②特守は千本ノックとも呼ばれます。  始めはスタンドの目も意識して、かっこよく捕り、投げようとしますが、やがてフラフラになり、飛んでくる球を見るのがやっとになります。  球以外は何も見えなくなり、無我夢中でボールに飛びつくだけのくり返しになります。  そのときに余分な力が抜け、身体が本来の守備のあり方を覚えるのです。  基本とは頭で覚えるのではなく、汗とドロにまみれて身体に覚えさせてこそ身につくものです。

③特打も同じです。  始めは元氣ですし、周りによいところを見せようと力が入りますが、疲れてくると、やがて球だけしか見えなくなり、ただ来た球を打つだけになります。  この状況と境地に入ると、全身の余分な力が抜け、スコーン、スコーンとよい当たりが出始めます。  これが大事なのです。』

全日本大会前の朝練での、捌きの稽古も、反復回数が少なかったのかもしれないな~(笑)


2.以下は、久しぶりに本郷孔洋先生のメルマガからの引用です。

『号外

新聞売り場で一人の売り子が、大声で新聞の内容を叫びながら売っている。
 
「号外、号外、一日に48人の人が詐欺に引っかかった。」
 
「オイ、その新聞一部くれ。」
 
「はい、ありがとうございます。  さあ号外、号外、一日に49人の人が詐欺に引っかかった。」
                        
                                                (ジョーク集より)』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT