fc2ブログ

2024年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2024年03月

子どもが抱きしめられること

1.今回は元・寺田倉庫代表取締役社長の中野善壽さんが書かかれた『ぜんぶ、すてれば』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)からです。  

新聞で見た紹介文に次の文章があり、興味を持ちました。

その生き方の根幹にあるのは「何も持たない」こと。  家や車、時計は持たない。  お酒もタバコも嗜まない。  お金も若い頃から、生活に必要な分を除いてすべて寄付している。

2.「世の中捨てたもんじゃない。  楽観主義でやり直せばいい。」の項を抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①これまでの人生を客観的に見つめてみると、わりと僕の人生は「ピンチ」の連続だったかもしれない。

②戦争の真っただ中に生まれ、家庭の事情で祖父母に引き取られて育てられました。  仕事を始めてからも、会社を突然辞めることになったり、日本でのキャリアを捨てて外国で再出発したり。  持っていたものをゼロにして、もう一回やり直すということを繰り返してきた人生です。

③でも、僕自身はピンチという感覚はなかった。  ゼロからまた始めるのは怖くないし、誰かが離れていったとしても人間不信に陥ることはまったくなかった。

④世の中捨てたもんじゃない。  きっと誰かが助けてくれる。  心の底からそう信じられるのは、ひとえに愛情を注いでくれた祖母のおかげでしょう。  叱っても必ずそのあとにぎゅっと抱きしめてくれた。  

⑤子どもは抱きしめられると、本当にうれしいんです。  小学一年生のときに担任だったタカハシタキコ先生も、寂しそうな僕を気遣って、よく放課後に一分間抱っこしてくれた。

⑥そういう愛情の伝わりは、一生残るんです。  おかげで、人懐っこく、誰に対しても心を開ける性格になりました。』

私の母親も幼くして父を亡くし、祖父母に引き取られて育てられたそうです。  2月6日が誕生日で、93歳になりました。  現在は老人ホームでお世話になっており、今週の火曜日にも面会に行ってきました。  まだまだ元気で、ありがたいです。

TOP↑

目下の人にどう接するか

前回に引き続き、弁護士・鳥飼重和先生のメルマガからです。  2月14日配信分のタイトルは『人格は地位の低い人にどう接するかで分かる』でした。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①その人物が人格者かどうかを試す方法があるようです。  「その人間が目下の者にどうふるまうかを見ることだ」  名著『自助論』のサミュエル・スマイルズの言葉です。
  
②人格者であるかどうかを計る物差しはいろいろありますが、自分より地位の低い者にどのように接しているかというこの方法は、実用的かつ分かりやすい方法のように思います。
  
③真の人格者は、目下の者や立場の弱い者に対する場合でも、相手の自尊心を尊重する心が常に感じられるものです。  『実るほど、こうべを垂れる稲穂かな』  この言葉が、当てはまる振る舞いだと思います。

④そのような振る舞いをした経団連の会長がいたそうです。  新日鉄の社長なども歴任した故稲山嘉寛氏です。  肩書きをみじんも感じさせない気さくな性格で、腰が低く、相手が誰であれ分け隔てなく接したそうです。
  
⑤それが分かるこんな話があります。  稲山氏が理事長をしていたゴルフクラブのキャディたちは、日曜の朝になると、今日は稲山さんを担当できますようにと、神棚に手を合わせていたといいます。
  
⑥キャディたちがそう願ったのは、稲山氏が威張ることなく、いかに日常的に優しく接していたかという証しでしょう。  謙虚さと誠実さは、信頼を得るためにも、自己成長のためにも欠かせない資質だと言えるでしょう。』

かっての総理大臣・田中角栄先生も「料理屋に行ったときは女中さんや下足番のおじさんを大事にしろよ」と常に言っていたそうです。

私も目下の人に威張る人は苦手です。

TOP↑

神仏を信じる

1.極真会館の道場訓のなかにある『神仏を尊び謙譲の美徳を忘れざること』は私の好きなフレーズの1つです。

2.2月7日に配信されてきた弁護士・鳥飼重和先生のメルマガのタイトルは『神仏を信じる人生論に同感』でした。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『一道を究めた方々には共通点があるといいます。
  
①その1は「楽天的」ということです。・・・「くよくよしない」ということではありません。  絶望するような状況のなかでも、1ミリの穴から光が見えれば、その光を信じて進んでいくという強い精神のことです。

②その2は「感謝の念が強い」ということです。・・・自分にとってマイナスとみえる出来事にも、これは自分を成長させるために天が自分に与えたものだと感謝するのです。

③その3は「感動する」ということです。・・・人生体験を経てくると、物事に感動しなくなる人が多いものです。  一道を究めた人たちは、70歳、80歳、90歳になっても感動する心を失っていないようです。  そのような姿勢が、人に感動を与える力となります。

④最後の共通点は「神仏を信じている」ということです。・・・人智を超えた大いなるものの存在を信じることです。  そういう大いなるものに対する敬虔の念、畏敬の念を生涯持ち続けているということです。

⑤私(鳥飼先生)も、以上のことを同じように感じています。  全く同感です。
  
(参考文献:『小さな人生論』 藤尾秀昭著 致知出版社)』

①から④の「楽天的」・「感謝の念が強い」・「感動する」・「神仏を信じている」の四つは、私(山田)自身がいつも「こうありたい」と思っていることでもあります。

特に④の「神仏を信じる」については、70年の人生を振り返ったとき、私自身の能力や計らいを超えた出来事や出会いが多々あったので、素直に腹落ちする言葉です。

「自尊心が肥大化しない」(わかりやすくいえば「偉そうにしない」)ためにも、「神仏を信じる」ことは大切だと思います。  自戒を込めて。

  

TOP↑

明石家さんまさんと師匠

1月5日のスイッチインタビュー(NHK・Eテレ)の出演者はサッカー日本代表の森保一監督と明石家さんまさんでした。  さんまさんが師匠の笑福亭松之助さんについて、禅僧の内山興正老師に師事していたという話をされていました。

興味を持ったので『草や木のように生きられたら』(笑福亭松之助著 ヨシモトブックス 2016年初版)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①わたしはいまも彼(さんま)に週に一本、手紙を出していますが、それには訳があります。  弟子・師匠といっても西と東に別れてしまっていては会話をすることもままなりません。   弟子・師匠というものは名前の上だけのことではない、師匠の考え方を少しでも理解してこそ、弟子と師匠であるとわたしの経験上そう思っていましたので、手紙を出すことにしたのです。

②手紙は週に二本くらい出したこともあります。  内容は、わたしが読んだ本で感動したことや、彼の仕事に参考になること、禅の話の手紙でした。  

③東京へ行ってしばらく経ったころでしたか、ある週刊誌の「わたしの宝物」という欄に、彼がわたしからの手紙を「宝物」として掲げている写真が一ページを飾っていました。  それを見て、わたしは「有り難いこと(有ること難し)だ」と思いました。  師弟の関係が保たれているのを感じました。

2.①なにかの用事で奈良にある彼の家へ行ったことがありました。   お父さんがわたしにこういいました。  「さんまは、いま師匠が死ねといったら、死にますよ」

②それを聞いて「こんなヤクザな師匠をそれ程までに思っていてくれるのか」と思いました。   わたしは師匠の五代目松鶴のことを思い出していました。  口数の少ない師匠でしたが、師匠とはなにか通じるものがあったように思っていたからです。

3.①あるときわたしの気の迷いから、吉本をやめようと思って彼にそのことを伝えますと、「やめるのはいけません。   前に師匠が 『あるがまま』と教えてくれたではありませんか。  やめようというのは、我が計らいではありませんか」といいました。  この言葉にギャフンといわされました。

②「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」というのはこのことでしょう。   「あるがまま」というのは親鸞聖人の「自然法爾(じねんほうに)」ということです。   こんな言葉が即座に出るくらいに、わたしの手紙を読んでいてくれたのです。  教えたわたしが忘れ、教えられた彼が教えてくれる、こんな師弟はどこにもないぞ、そう思いました。

4.①(『荘子』を読んで)人は皆それぞれ考え方の違いがあって、生きているのだということを知りました。  これがわからないうちは、人も皆同じ考えだと思っていましたから、なぜ、わたしのいうことがわからないのだと思ったりしたこともあります。

②これがわかってからは、人様に自分の考えを押しつけることはなくなりました。  もちろん聞かれればそれに答えることはしますが、わたしの考えが相手に通じるかどうかは不明なのです。

③だから、さんまにもわたしは参考文献を書き写したものをそのまま送るようにしていました。  つまり「人間が一億人いれば、一億の考え方がある」ということです。  自分の意見を通そうとするとそこに争いが起こるのです。  

5.①さんまは倅にいったそうです。  「自分が歳をとったら、師匠の家しか帰るところはない」  こんな人間は現代には珍しいと思います。   「帰るところはここしかない」、これは仏法です。  また一つ彼に教えられました。』

うらやましいような師弟関係ですね。

私のブログのタイトルは『私の読書録・備忘録』です。  自分自身のための読書録であり備忘録ですが、テーマを取り上げる際には家族(カミさんと娘)や指導している選手にも伝えたいと思って書いています。

また、上の4.③同様に参考文献を書き写したものがほとんどです。  私のコメントはなるべく書かないようにしています。  理由は、その内容に関する私の解釈を押し付けたくないからです。


TOP↑

2024年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2024年03月