fc2ブログ

2022年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2022年12月

つねに褒めること

1.10月24日のブログで『チンプ・パラドックス』(スティーブ・ピーターズ著 海と月社)を紹介しました。  ブログから一部抜粋・紹介します。

『①(本書では脳内の)前頭葉、辺縁系、頭頂葉をそれぞれ〈人間〉、〈チンパンジー〉、〈コンピュータ〉と名づける。  この三つの領域は協調してはたらくこともあるが、たびたび対立して主導権を握ろうとする。  その争いでは〈チンパンジー〉(辺縁系)が勝つことが多い。

②あなたの〈コンピュータ〉には、ふたつの機能がある。

・情報、信念、価値観の源になる。
・プログラムされた思考と態度によって無意識に考え、行動できる。

③〈コンピュータ〉の動作速度は〈チンパンジー〉の約四倍、〈人間〉の二十倍と考えられる。  したがって〈コンピュータ〉が正常に機能すれば、〈チンパンジー〉や〈人間〉が思考を終えるまえに、驚くべき速さで正確に命令を実行できる。』

2.今回は本書の「4章 心の〈コンピュータ〉を理解するために」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『(1)〈コンピュータ〉の構成は?

・〈自動運転〉=建設的で役に立つ信念や態度。
・〈グレムリン〉=役に立たないか破壊的な信念や態度だが、取り除くことができる。
・〈ゴブリン〉=同じく役に立たないか破壊的な信念や態度。  こちらは、しっかりと根を張っていて、取り除くことはきわめて困難。
・〈人生の石板〉=人生のよりどころとなる価値観や信念が刻まれている。  

(2)〈ゴブリン〉と〈グレムリン〉

①〈ゴブリン〉と〈グレムリン〉は〈コンピュータ〉に蓄えられた役に立たない破壊的な行動、信念、自動プログラムだ。  

②〈ゴブリン〉は、たいてい幼い時期(8歳まで)に〈コンピュータ〉に入力される。

③〈ゴブリン〉は程度の差こそあれ、〈コンピュータ〉としっかり結びつき、削除するのがとてもむずかしい。

④〈グレムリン〉は〈コンピュータ〉との結びつきがそれほど強くないので、見つければ取り除くことができる。

(3)〈ゴブリン〉の例

①〈ゴブリン〉でもっとも一般的なのは、「冷蔵庫の扉シンドローム」だ。  これは多くの欧米人に影響を与えている。

②小学校への登校初日、子どもがワクワクしていると、先生が「お父さんとお母さんの絵を描きましょう」と言う。  子どもは描いた絵をもって家に帰り、親に見せる。

③シナリオ1・・・親は「とっても上手ね。  あなたは頭がいい。  自慢の子よ。  みんなに教えてあげなくちゃ」と言い、冷蔵庫の扉にその絵を貼って、わが子の賢さを周囲に知らせる。  するとその子は、人生をともに歩む大きな〈ゴブリン〉を持つことになる!

④シナリオ2・・・親はその子に「ちょっと待って」と言い、絵を横に置くと、わが子を抱きしめる。  「あなたは自慢の子よ。  あなたのような賢い子がいてくれてうれしい。  どれだけうれしいか、みんなに教えてあげなくちゃ」。  そう言ってから、ふたりで絵について話し、親は絵とわが子を褒め、上手に描けているから冷蔵庫の扉に貼ったらどうかと提案する。

⑤シナリオ1では、親は子どもの賢さを褒め、わが子がなしとげたことで胸を張る。  言い換えれば、その子の価値は絵のうまさで決まると暗に示している。  そして、 みんなに見せたいから絵を冷蔵庫の扉に貼ろうと続ける。  

⑥したがって、子どもに伝わるメッセージは、「あなたの価値は人生で達成したことによって決まる。  他人から高く評価されるのは、何かをなしとげるからだ」となる。

⑦一方、シナリオ2で子どもに伝わるメッセージは、「あなたはありのままですばらしい。  愛され、尊敬されるのはあなた自身がすばらしいからであって、何かをなしとげたからではない」だ。

⑧親はさらに、立派なことをするのはすばらしいけれど、自分の価値と混同してはいけない、と続ける。  もちろん、子どもが全力を尽くして何かをしたときには、でき具合がどうであれ、つねに褒めることが望ましい。

⑨ふたつのシナリオは、理解しやすいように極端な見方をとっているが、ふだんから私たちは、自分が何をして、他人がどう思うかということをあまりにも気にしすぎていることに気づいてほしい。  

⑩試験を受けるとき、多くの学生は試験の結果を心配し、怖れる。  (中略)  もしも誰からも悪く見られないとわかっていれば、私たちはまず怖がらない。  不合格になったあとの対処もさほど苦にならず、自己評価が試験結果に左右されることもなくなる。  冷蔵庫の扉の〈ゴブリン〉など怖くなくなる!』

今週末19日の土曜日は「2022国際親善空手道選手権大会」です。  城西支部からも多くの少年部選手が出場します。

応援のご父兄には、(3)⑧にあるように「子どもが全力を尽くして試合をしたときには、勝ち負けはどうであれ、つねに褒めること」をお願いしたいと思います。

TOP↑

2022年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2022年12月