FC2ブログ

2021年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年10月

運を拓く

1.9月8日に配信された弁護士の鳥飼重和先生のメルマガのタイトルは『運を拓く』です。  番号を付けて紹介します。

『①名選手には「運」がある点で共通するポイントがあるといいます。  メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手や菊池雄星選手など、多数の名選手を指導した花巻東高校硬式野球部の佐々木洋監督は、運気を上げるためのポイントを4つ挙げています。
  
1つ目は言葉。   いかなる場面でも愚痴や毒を吐かないこと。  「なんとかなる!」というポジティブな思考は運気を上げます。
  
2つ目は一緒にいる人。   夢を語れる友がいるということでしょう。
  
3つ目は表情、態度、姿勢、身だしなみ。  高い向上心の持ち方です。
  
4つ目は感謝と謙虚さ。   これも向上心の表れでしょう。
  
②「運というのは、運をつかむために自らをコントロールしている人のもとにしか来ないんだ」  これは佐々木監督の言葉ですが、本当だと思います。

③掃除の習慣も、運気を上げる重要なポイントになります。  花巻東高校の選手は宿泊したホテルの掃除を徹底的にするそうです。  「ベッドメイクが要らないくらいきれいにしてくれた」と喜ばれ、ホテルの人たちがわざわざ球場に応援に来てくれたりするそうです。

④また、トイレ掃除で運を拓き、有名になった人は多くいます。  ビートたけしさんは、その代表例です。
 
「自分は人より才能があるとは思えないけれど、視聴率が上がり、小説は売れるし、絵は絶賛され、撮った映画で賞までもらえた。  たったひとつだけ思い当たるのは、トイレ掃除が好きなこと」
  
⑤掃除が人の修養に役立つという信念を持っていた松下幸之助氏は、率先して掃除ができるようなリーダーを育てるために開いた松下政経塾で、自ら指導したのはトイレ掃除だけだったそうです。
  
⑥本田宗一郎氏もトイレ掃除を重視し、トイレ掃除を徹底させました。  

⑦トイレ掃除は、ただトイレをきれいにするだけではありません。  それ以上に心を磨き、運を引き寄せ、人生を拓いてくれるでしょう。』


2.①花巻東高校の佐々木監督はゴミ拾いの大切さについて、次のように指導したそうです。

「ゴミは人が落とした運。  ゴミを拾うことで運を拾うんだ。  そして自分自身にツキを呼ぶ。  そういう発想をしなさい」

②昨日、エンゼルスの大谷選手はヒューストン・アストロズ戦の第1打席でメジャートップの第44号ホームランを打ちました。  その打席でも2度ゴミを拾ってズボンの後ろポケットにしまっていました。

③特に2度目のゴミは、2018年にバッテリーを組んだ元エンゼルスのマルドナード捕手が見つけて、旧知の大谷選手に伝えていました。  その打席で44号ホームランです。

YouTubeで観たら、「運を拾わせちゃったマルちゃん」ってコメントが出ていました 笑

TOP↑

2021年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年10月