fc2ブログ

2021年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年07月

マイケル・ジョーダンの「舌出し」

1.『近くて遠いこの身体』(平尾剛著 ミシマ社)を読みました。  『無の境地=「ゾーン」にいたったら』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①スポーツの世界では、重圧がかかる場面でも高いパフォーマンスを発揮できる理想的な心身の状態を指して「ゾーン」という。  極度に集中力が高まった心身の状態を意味し、試合の流れを左右するような大事な場面でいかんなく能力を発揮するには、「ゾーン」に入る必要があるとされている。  (中略)

②「ゾーン」、つまり無心の境地にあるときには口元は必ず緩む。  (中略)  このときの身体実感は「適度な緊張感を保ちつつのリラックス」である。  だから口元は緩む。  (中略)

③プレー中に口元が緩んでいるアスリートは意外にもたくさんいる。  舌を出しながらプレーする選手はたくさんいて、有名なのは、NBA元バスケットボール選手のマイケル・ジョーダン。  写真でも映像でも、彼はぺろりと舌を出しながらプレーをしている。

④ボールを保持せず味方に指示を出している場面では眉間に皺を寄せた険しい表情も見られるが、いざプレーしている場面ではそんなことはない。  少しおどけた顔で舌を出すのがほとんどである。

⑤これは歯を食いしばっていないということに他ならない。  つまり力んでいない。  身体のどこにも力みがない状態でなければ、情況の変化に応じた最適な動き方ができるはずもないのである。  (中略)

⑥だが、「ゾーン」がどのような状態かがわかったところで、そこに至ることができるかどうかはまた別問題である。  これがまた相当な難題であることは論を俟(ま)たない。  (中略)  目指すは「ゾーン」に自由に出入りできる身体。  少なくとも歯を食いしばらないようにだけは努めることにするか。』


2.マイケル・ジョーダンの「舌出し」について、スポーツライターの青島健太さんが、日経ビジネスのサイト(2017年12月25日)で書かれていました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①私が「舌」を出す選手に注目して、その効用を考えていたのは90年代のことだ。  NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンがいつも「舌」を出してプレーしていたからだ。  彼の代名詞「トリプルアクセル(空中で3回のフェイクを入れる)」からダンクシュートを決める時にも、空中で大きく口を開け「舌」を出しながらゴールのリングにボールを叩き込んでいた。

②彼に会った時に「なぜ舌を出すのか」と聞いたことがあるが、彼のおじいさんに「舌を出すとよいプレーができる」と子供の頃に教わったからだと言っていた。

③それは舌を出すと奥歯を踏ん張らないので、上体の力が抜けてリラックスした状態でプレーできるからだろう。  バスケットボールは視野を広くして、瞬時に臨機応変に動く必要がある。  華麗なドリブルからパスを出すのか、自分でカットインするのか、いずれにしても求められるのは柔軟な対応力だ。  それが舌を出すことで助長される!?』

私の知る限りでも、NFLカンザスシティ・チーフスの天才クォーターバック、パトリック・マホームズがパスを投げる際によく舌を出しています。

TOP↑

2021年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年07月