FC2ブログ

2020年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年07月

幸福感や人生に対する満足度

1.『スタンフォード式 人生を変える運動の科学』(ケリー・マクゴニガル著 大和書房)を読みました。  「はじめに」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①世界的に見ても、体をよく動かす人たちのほうが、幸福感や人生に対する満足度が高い。  それはウォーキング、ランニング、水泳、ダンス、サイクリング、競技スポーツ、ウェイトリフティング、ヨガなど、どんな運動をしている人にも当てはまる。

②また定期的に運動している人たちは、目的意識が強く、日常生活において感謝や愛情や希望を実感することが多い。  仲間との深いつながりを感じるため、孤独や気分の落ち込みを感じにくいこともわかっている。

③このような効果は、年齢や、社会的な地位や、文化の違いにかかわらず、共通して見られる。

④ここで重要なのは、運動がもたらす心理的・社会的な効果は、身体能力や健康状態とは関係がないことだ。  慢性の痛みや身体障害、心や体の深刻な病気を抱えている人びとや、ホスピスケアの患者たちにも、同じような効果が表れている。

⑤希望、やりがい、仲間同士の親睦などの深い喜びは、健康状態や体力ではなく、なによりも体を動かすことと関連しているからだ。

⑥本書の中心的なテーマは、「運動は人間の幸福にいかに貢献するか」である。  私はまず、科学論文を徹底的に調べることから始めた。』

私が極真会館総本部に入門してから、来年で50年です。  私のまわりを見ても、極真空手に長く関わる人は、①に書かれているように、「幸福感や人生に対する満足度が高い」ような気がします。  ちょっと、手前みそかな(笑)


2.以下は、6月4日に配信されてきた、本郷孔洋先生のメルマガからの抜粋で、タイトルは『カンニング』です。

『小学校の教師が生徒の母親を呼び出した。  
教師・・・「困りました。  おたくの息子さんがカンニングをしたんです。  これが息子さんの答案、それからこっちが隣の席の生徒の答案です。  比べてみましょう。」

――江戸幕府を開いたのは?
教師・・・「2人とも答えは徳川家康です。」
母親・・・「先生、それは2人とも正解しただけでしょう。  カンニングの証拠にはなりません。」

教師・・・「では、これはどうです?」
――「奥の細道」を書いた俳人は?
教師・・・「2人とも小林一茶と答えているんです。」
母親・・・「2人とも同じ間違いをしただけです。  カンニングの証拠にはなりません。」

――徳川家光が将軍になった年は?
教師・・・「お友達は『分かりません』と答えています。」
母親・・・「で、うちの息子は?」
教師・・・「『僕もです。』と答えています。」
                       (ジョーク集より)』

TOP↑

2020年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年07月