FC2ブログ

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月

宿無し弘文

前回はマイク・タイソンの師、カス・ダマトを取り上げましたが、今回はアップル創業者のスティーブ・ジョブズが師事した禅僧のはなしです。  『宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧』(柳田由紀子著 集英社インターナショナル)から抜粋し、番号を付けて紹介します。  内容は、1993年にオーストリアにある山奥の禅堂での乙川弘文(おとがわこうぶん)禅師の法話からです。

『①私は、危篤状態だったポールという人物を病院に訪ねた足で、ここ、オーストリアに来ました。  こちらに着いてから、彼が亡くなった知らせを受けたのですが、ポールがもう苦しまないですむと思うと、安らかな気持ちにさえなっています。

②ポールは、いささか風変わりな子を養子に迎えていましてね。

③20年ほど前でしたか、あれは私が、カリフォルニア州のロスアルトスに住んでいた頃のことですが、真夜中にその子が、私たち夫婦の自宅を訪ねて来たんです。  裸足で長髪、髭ぼうぼう、ジーパンは穴だらけ。  (中略)

④私には真剣さが伝わったので、夜中に2人して街まで出かけました。  1軒だけ開いていたバーに入りカウンターに腰かけると、誰もが我々をじろじろ見てね。  だって、とにかく彼の服装はひどかったんですよ、ふふ。

⑤「悟りを得た」と彼が言ったので、私は、「証拠を見せてくれ」  すると彼は困ったように口ごもって、「まだ見せられない」

⑥そんなことで、その夜はお開きになったのですが、1週間後、彼がまた裸足でやって来て、「これが悟りの証拠だ」と、そうですね、横幅40センチ、縦幅20センチくらいの金属板を出したのです。

⑦私は、そこにチョコが並んでいるのかと思ったのですが、パーソナルコンピュータのチップと呼ぶんですか、あれは。  今思えば、あの金属板の板が、アップルコンピュータの始まりだったんですね。  でも、あれが悟りの証拠と言えるのかなぁ?  ふふ。

⑧彼は、しばしば私に「僧侶にしてくれ」と頼むのですが、ダメだと答えています。  なぜって、彼自身も認めているように、とても悪い修行者ですから。  摂心(禅宗で、一定期間ひたすら座禅に専念すること。  接心とも書く)をしないんですよ。  聡明すぎるのでしょうか、1時間以上の座禅ができないんです。

⑨しかし、何よりうれしいのは、彼の娘、リサが、私のことをゴッドファーザーだと思ってくれていることです。  リサは、私が訪ねるといつも駆け寄って来て日本語で話しかけてくれるのですよ。』

本文中に「弘文が公にスティーブの話をするのはとっても珍しい、というか、これ1度じゃないかな。」とあるように、弘文禅師は生前、自分からスティーブ・ジョブスの話はしなかったようです。

「師弟は三世(さんぜ)」という言葉があります。  師弟の間は、前世・現世・来世の三世にわたる深い因縁でつながっているという意味です。

カス・ダマトとマイク・タイソン、乙川弘文禅師とスティーブ・ジョブズ、どちらの出会いも偶然ではなく、必然だったんでしょうね。

TOP↑

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月