FC2ブログ

2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月

生き延びるために大切なこと

1.世のなかの複雑な現象を、分かりやすく解説する本が好きで、よく読みます。  私が若いころの執筆者であれば、邱永漢・渡部昇一・米長邦雄・堺屋太一などの各氏で、このブログでも何回か紹介しました。  でも、残念ながら、皆さんお亡くなりになっています。


2.最近よく読むのは、哲学者・武道家の内田樹先生の本で、直近では1月14日のブログでも取り上げました。  今回は『サル化する世界』(文藝春秋)の「生き延びるために一番大切なこと」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①人はやりたいことをやっているときに最もパフォーマンスが高くなります。

②難局に遭遇して、そこで適切な選択をするためには、他者の過去の成功事例を模倣することではなく、自分自身の臨機応変の判断力を高めた方がいい。  そして、自分の判断力が高まるのは、「好きなことをしているとき」なんです。

③「自分は本当は何をしたいのか?」をいつも考えている人は「これはやりたくない」ということに対する感度が上がります。  そして、生物が「これはやりたくない」と直感することというのは、たいてい「その個体の生命力を減殺させるもの」なのです。

④自分の生きる力を高めるものだけを選択し、自分の生きる力を損なうものを回避する、そういうプリミティブな能力を高めることがこの前代未聞の局面を生き延びるために一番大切なことだと僕は思います。』


3.本書中の他の項でも「生き延びるために大切なこと」が書かれていますので、これも番号を付けて紹介します。

『①生き延びるため一番大切なのは、ネットワークです。  (中略)

②生き延びるために必要なもう一つは、いかに〝愉快に、機嫌よく〟生き延びるか、です。  不機嫌では想像力も知性も働きません。

③悲観的にならない、怒らない、恨まない。  そういうネガティブな心の動きはすべて判断力を狂わせます。

④危機的状況下では判断力の正確さが命です。  にこにこ機嫌よくしていないと危機は生き延びられません。  眉間に皺寄せて、世を呪ったり、人の悪口を言ったりしながら下した決断はすべて間違います。  すべて。  ほんとうにそうなんです。

⑤不機嫌なとき、悲しいとき、怒っているときには絶対に重大な決断を下してはいけない。  これは先賢の大切な教えです。』


会員の皆さんの「好きなこと」が極真空手で、〝愉快に、機嫌よく〟稽古されているなら、最高です。





TOP↑

2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月