FC2ブログ

2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月

ザ・スコアラー

今回は、プロ野球・巨人軍のスコアラーを22年間にわたって務められた三井康浩さんが書かれた『ザ・スコアラー』(角川新書)からです。  三井さんは2009年のWBC(ワールド・ベースボ-ル・クラシック)第2回大会では、日本代表チームのチーフスコアラーとして世界一に貢献しました。  その大会の決勝戦に関する記述から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①3月23日の決勝戦。  この大会で5度目の戦いとなった韓国代表とのロサンゼルスのドジャースタジアムでの決勝戦です。

②この試合を前に、私は具体的な指示を出すことをやめました。  なぜなら、これまで4度も戦ってきた韓国の選手たちの特徴は、完全に選手の頭のなかに入っていたからです。  ここにきての付け焼き刃の入れ知恵よりも、日本代表メンバーが大会を通じて見せてきたことを信じるべきだと思えたのです。

③選手が自分たちの頭で考え、グランドでヒントを見出し、攻略に結び付ける・・・スコアラーが出してきた指示は、あくまできっかけでいいのです。  実際にボールを投げ、打つ選手たち自身が自律的に正解を導き出していくことこそ、理想形なのですから。  (中略)

④日本代表チームは既に「なにかにたどり着けた」という感覚もあったのです。  わたしたちスコアラーが届ける、データという必要最小限の〝無形の力〟を、選手たちが〝有形の力〟として増幅させて戦う。  そんな理想へと。

⑤試合は予想通り、緊迫したシーソーゲームとなりました。  日本代表は1点をリードして最終回を迎えましたが、ダルビッシュ有が四球で走者を溜めた後、韓国代表の李机浩にレフト前へと運ばれ同点とされます。  (中略)

⑥そして10回表、3対3。  2死で一塁に岩村、三塁には内川。  マウンドには、韓国代表のクローザーを務めていた当時ヤクルトの林昌勇がいます。

⑦この決定的な場面で、打席には世界最高峰の打者であるイチローが向かおうとしていました。  イチローはこの大会、誰も見たことのないような不振にあえいでいました。  準決勝までの8試合で38打数8安打、打点3、本塁打0。  打率はなんと、2割1分1厘。  ただ、この決勝戦に限ってはここまで3安打を記録しており、最後の最後に彼らしさが戻ってきていました。

⑧もう、イチローのバットに託すしかありません。  しかし、打席に向かう直前、思わぬことが起こります。  大会を通じ、自分からなにかを聞いてくることなどなかったイチローが、ここでわたしに問いを投げかけてきたのです。

「この打席。  僕はなにを狙えばいいですか?」

⑨「えっ!  ここで聞いてくるのかよ・・・」。  心のなかでわたしはそう思いました。  本音をいえば、困惑しました。  でも、本当に大事な局面で選手に頼ってもらえたわけですし、ましてやイチローからの問いです。  スコアラーをしている身としては、なによりもうれしいことでした。

⑩もちろんそこで感動に浸っているわけにはいきません。  わたしはスコアラーとして、打つべき球を答えなければならない。  これまで通り、強く、短く、伝えました。

「シンカーだけ狙っていこう」  (中略)

⑪そして、8球目を迎えます。  捕手が構えたアウトコースよりわずかに内側に、そしてわずかに高く入ったボールにイチローが反応します。  鋭く出したバットがボールをとらえ、打球はセンターに飛んでいきます。

⑫歓声と悲鳴が交錯するなか、内川と岩村が揃って生還し5対3。  日本代表は、この一打で世界一を手中に収めました。

⑬イチローがとらえたボールはシンカーでした。』

TOP↑

2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月