FC2ブログ

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

残酷すぎる成功法則

『残酷すぎる成功法則』(エリック・パーカー著 橘玲監訳 飛鳥新書)を読みました。 第1章「成功するにはエリートコースを目指すべき?」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①(前略)  ハーバード大学ビジネススクールの研究者ゴータム・ムクンダは、それまでの研究成果に一貫性がなかった理由は、リーダーが根本的に異なる二つのタイプに分かれるからだと分析した。

②第一のタイプは、(イギリスの元首相)チェンバレンのように政治家になる正規のコースで昇進を重ね、定石を踏んでものごとに対応し、周囲の期待に応える「ふるいにかけられた」リーダーだ。

③第二のタイプは、正規のコースを経ずに指導者になった「ふるいにかけられていない」リーダーで、たとえば、会社員を経ずに起業した企業家、前大統領の辞任や暗殺により突然大統領職に就いた元副大統領、あるいはリンカーンのように予想外の状況下でリーダーになった者などを指す。  (中略)


2.①ゴータム・ムクンダとリーダーシップの理論について話を交わしたのち、誰もが知りたがっているあからさまな質問を投げかけてみた。  「人生でもっと成功するために、この理論をどう役立てたらいいでしょう?」  

②二つのステップがある、と彼は答えた。  まず第一に、自分自身を知ること。  

③あなたがもし、ルールに従って行動するのが得意な人、首席だったり成績優秀で表彰されたことがある人、「ふるいにかけられた」リーダーなら、その強みに倍賭けするといい。

④自分を成功に導いてくれる道筋があることをしっかり確認しよう。  実直な人びとは学校、あるいは、明らかな答えや既定のコースがある場所で功績をあげられるが、決まった道がないところでは、かなり苦戦することになる。  調査によると、失業したとき、彼らの幸福度は、そこまで実直でない人びとに比べ、120%低下するという。  道筋がないと迷子になってしまうからだ。

⑤どちらかというと規格外で、アーティストなど「ふるいにかけられていない」タイプだったら?  その場合、既存の体制に従おうとしても、成果が限られるかもしれない。  それよりは、自分自身で道を切り開こう。  リスクをともなうが、それがあなたの人生だ。  (中略)


3.①自分のタイプと強みを知ったら、次はどうすればいいか?  第二のステップとして、ムクンダは「自分にあった環境を選べ」と語った。  (中略)  

②調査によれば、あなたが「ふるいにかけられた」医師だろうが、「ふるいにかけられていない」破天荒なアーティストだろうが、どの〝池〟を選ぶかが極めて重要だ。  ハーバード・ビジネススクールのボリス・グロイスバーグ教授は、ウォールストリートの敏腕アナリストたちが競合会社に転職すると、トップアナリストの座から転落することに気がついた。  なぜか?

③一般に、専門家の能力はもっぱら本人の技能によるものだと考えられ、環境の力は見過ごされがちだ。  例えば、専門家本人が周囲の内情を知り尽くしていること、彼らを支えてくれるチームの存在、一緒に働くうちにつくり上げた簡潔な伝達法、などといった要素だ。  

④それを裏づけるように、グロイスバーグは、花形アナリストが(自分一人だけでなく)自らのチームを率いて転職した場合、そのままトップの業績を維持していることを発見した。  

⑤私たちが〝池〟を賢く選択すれば、自分のタイプ(ふるいにかけられた/かけられていない)、強み、環境を十二分に活用でき、計り知れないプラスの力を生み出せる。  これこそが、仕事の成功に直結するものだ。  しかも、こうした自己認識は、あなたがその気になればどんな場所でもプラスの力を生み出すことができる。』

TOP↑

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月