FC2ブログ

2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月

源平の争乱

6月8日のブログで『平家物語』を取り上げました。  今回は『乱と変の日本史』(本郷和人著 祥伝社新書)の中の「源平の争乱」に関する記述から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①なぜ源氏と平氏が戦ったのかという本質については、多くの人が(時に研究者ですら)、なかなか答えられません。  実際、この質問を講演会で投げかけると、「ライバルである源氏と平家の覇権争い」 「武士のリーダーを決める最終決戦」などの答えが返ってきます。

②これでは、紅白歌合戦のようなものです。  (中略)  この「赤が勝つか、白が勝つか」というわかりやすい構図は、小学校の運動会などにも使われますが、私はこの見方が日本人の外交下手につながっているように思います。

③なぜなら、現実の社会では「正義が勝つか、悪が勝つか」といった単純な図式で物事が動くことは、めったにないからです。  通常、AとBが戦うと、CやDといった第三勢力が出現し、複雑な動きが繰り広げられます。

④中国の歴史で言えば、紀元前五~三世紀の戦国時代に、「戦国七雄」と呼ばれる国々が割拠しました。  これらは時に戦い、時に牽制し、また連携しました。  (中略)

⑤魏・呉・蜀が分立した、三世紀の三国時代を見ると、魏が強大だったのに対し、呉・蜀は軍閥のような小勢力でした。  赤壁の戦いの時点で曹操の勢力を10とすれば、孫権が2、劉備が1ぐらいでしかありません。  しかし、小さな軍閥でも手を組むと、強大な勢力とそれなりの戦いができることを、私たちは学ぶことができます。

⑥最近の国際情勢で言えば、日本は「アメリカか、中国か」という単純な図式だけではなく、第三勢力の存在や、それらとの連携も視野に入れてもいいのではないか。  また、ヨーロッパやロシアとどうつきあっていくのか、あるいはどう利用するのかを考えないと外交は成り立たないと思うのです。  単純化した構図だけでは、現実の国際情勢を乗り切れません。

⑦こうした日本人の「赤か、白か」という発想の根幹にあるのが、おそらく源平の争乱ではないかと私は考えているのです。』

TOP↑

2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月