FC2ブログ

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

チームカルチャー

明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願い致します。

極真空手の試合は個人競技ですが、私がたびたび「チーム城西」と書いているように、道場ごとの「チームによる戦い」の側面があります。

そこで今回は、『最強のポジティブチーム』(ジョン・ゴードン著 日経BP社)を取り上げます。  第2章「ポジティブチームが生み出すポジティブカルチャー」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.序文

①偉大なチームがすばらしいカルチャーを持っているのには理由がある。  カルチャーとは、チームが「何を信じるか」 「何を大切にするか」 「何をするか」を示す、生きた「本質」だからだ。  チームカルチャーとは、チームのコミュニケーション、つながり、考え、仕事、行動について明文化されたルール、あるいは不文律だ。

②カルチャーとは、何かひとつのものを指す言葉ではない。  すべてを意味している。  カルチャーは希望や信念につながり、希望や信念は行動につながる。  行動は習慣につながり、習慣は未来をつくる。

③アップルは、ふたりのスティーブ(ジョブスとヴォズニアック)しかいなかった時代からこれまでずっと、どういうカルチャーをつくりたいかについて、まったくぶれていない。  それは「常識を疑うカルチャー」である。  

2.あなたのカルチャーをつくる

①NBAボストン・セルティックスのヘッドコーチ、ブラッド・スティーブンスはこう語っている。  「カルチャーとは単なる伝統ではない。  ロッカールームにいる人たちが受け継いでいくものだ」

②チームとして、あなたをはじめとするメンバーは常に独自のカルチャーをつくっている。  毎日、いつでも、考えていることや発言していること、そして行動していることによってカルチャーをつくりあげている。  昨日、あるいは1年前のあなたのカルチャーがどんなものだったかは関係ない。  大事なのはカルチャーをつくるために、今日、何をするかだ。

3.カルチャーは変化するもの

①組織やチームのカルチャーと聞くと、多くの人はリーダーシップに期待する。  確かにそれは間違っていない。  リーダーはカルチャーに対する大きな影響力を持つからだ。  全体のトーンを決め、チームが何を重んじ何を体現するのかを決めるのはリーダーの役目だ。  とはいえ、ここで大事なのは、カルチャーに命を吹き込み、カルチャーをつくっていくのはチーム全員の使命だということだ。  (中略)

②カルチャーは変化するものだ。  あなたが話す言葉、あなたの考えで高められる。  あなたが何を共有するかで改善でき、あなたの行動でつくり変えられる。  今すぐポジティブなカルチャーを生み出すポジティブなチームに変えられるはずだ。

4.カルチャーを優先する

①2001年からバージニア大学の男子テニス部の監督を務めたブライアン・ボーランドによると、準々決勝や準決勝に何度も勝ち進み、決勝まで残ったことも数回あった。  それにもかかわらず、優勝はできなかった。  ところが2013年にすべて変わり、その後は5回の全国大会のうち実に4回優勝している。

②私はブライアンに何があったのかと尋ねた。  「私が変わり、私たちが変わった。   それまでの私はただ厳しく、結果ばかりを気にしていた。  選手たちもそれを感じ取っていた。  でも2013年にカルチャーを中心に据えて、それまでの結果重視の方針からカルチャーやプロセスを大切にするようになった。  つまり、それまでは優勝したいと考えている個人の集まりだったが、偉大なチームになろうと考えるようになったんだ」

5.根っこに投資を

①どんなチームであっても、才能のある人の存在はありがたい。  だが、その人たちが偉大なことを成し遂げるよう方向づける必要がある。  それをするのがカルチャーだ。  私はこれまで、才能のある人たちがいてもカルチャーがよくないため結果を出せないチームをいくつも見てきた。  

②木になる果実にばかり気を取られているチームが多すぎる。  彼らが意識しているのは、結果、数字、株価、テストの点数、利益、そして勝敗だ。  果実ばかりに目が行って、根っこの部分のカルチャー、人、人間関係、プロセスを見ていない。』

私が理想とするチーム城西のカルチャーは次の通りです。

「どこよりも創意工夫する、どこよりも練習する、どこよりもそれらを楽しんでやる」

でも、3.①にあるように、「カルチャーに命を吹き込み、カルチャーをつくっていくのはチーム全員の使命」です。

今年もチーム城西一丸となって稽古していきましょう。


TOP↑

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月