FC2ブログ

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

生涯の修行(青木功と羽生善治)

1. 日曜日にテレビのドキュメンタリー番組でプロゴルファーの青木功選手を取り上げていました。

 青木プロといえば、 「 世界の青木 」 と呼ばれるように、国内外で大活躍し、アメリカのゴルフ殿堂入りも果たしている名選手です。

2. さらにすごいことは、功成り名遂げて引退しているわけではなく、65歳になった今も現役として海外のシニアツアーに挑戦し続けていることです。

 番組のエンディングで聞いた 『 今日も功は世界のどこかでゴルフをしています。 青木功 65歳 幸せな男です。 』 というナレーションが印象的でした。

3. 将棋の羽生善治さんと船井総研の小山政彦社長の書かれた 『 勉強について、私たちの考え方と方法 』 ( PHP研究所刊 ) を読みました。

 その中で羽生さんが次のように書かれていました。

 『 最近は、勉強というものに対して、マラソンを走っているようなものだと思っています。   
  
 マラソンランナーがなぜすばらしいかというと、速く走れるのももちろんすごいのですが、なによりすばらしいのは 「 同じペースで走り続ける 」 ことができる点です。

 10キロだったら10キロを決まったタイムで走り続けることができるというのが、マラソンランナーが持ち合わせているすばらしい能力だと感じています。 』

 
4. 『 一. 吾々は生涯の修行を空手の道に通じ 極真の道を全うすること 』

 私が最も好きな道場訓の一節です。 

TOP↑

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月