FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

『平家物語』と「運命論」

毎週、予約録画して観ているテレビ番組がいくつかあります。  NHK・Eテレの『100分de名著』もその一つです。  5月は『平家物語』が取り上げられ、能楽師の安田登さんが解説されていました。  5月20日に放送された第3回のタイトルは『衰亡の方程式』です。  安田さんが書かれたテキストから抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.「運命論」から読み解く源平の盛衰

①(平)清盛を失った平家は、このあと(源頼朝のいとこで同じ清和源氏の)木曽義仲との戦いに敗れ、とうとう都落ちすることになります。  今回は木曽義仲の活躍と平家の没落、そして、その義仲が頼朝派遣軍に討たれるという、源氏と平家双方の運命を追っていきたいと思います。

②さて、いま「運命」という言葉を無造作に使ってしまいましたが、この言葉は中国古典からの輸入語であり、『平家物語』以前はあまり使われていませんでした。  (中略)

③日本人が「運命」ということを考えはじめたのは、平安貴族の必読書のひとつであった『文選(もんぜん・・・六朝時代の梁の昭明太子(501~531年)が編纂した中国の詩文集)』の寄与するところが大きかったのではないでしょうか。

④『文選』には三命論と呼ばれる文章があります。  班彪(はんぴょう)の「王命論」、李康(りこう)の「運命論」、劉峻(りゅうしゅん)の「弁明論」です。  

⑤「運命論」によると運命には「運」「命」「時」の三つの側面があると言います。  「運」とは大きな流れ(運び)、「命」とはその人が持って生まれた天命、「時」とは流れゆく時間のうちの一瞬をしっかりとつかまえる力をいいます。

⑥王朝が興ったり衰退したりするときには「運」が大きく寄与します。  運が盛んになれば名君が現れるのですが、同時に忠賢の臣も現れ、王朝が変わります。  この「運」は天が定めるものであり、人間はいかんともしがたいというのが李康の考えですが、しかし『平家物語』では人の悪行と善行によって「運」も変え得ると考えます。  (中略)

⑦また、「命」と「時」の関係も大切です。  各人には定まった「命」があります。  しかしどんなにすばらしい「命」をもって生まれて来ても「時」をつかまえることができなければ、その「命」は十全に機能しない。

⑧『平家物語』の中では清盛の子どもたちがその例です。  逆に「命」として恵まれずとも、「時」をつかむことができれば「運」を変えることすらもできる。  源頼朝をはじめとする源氏の武将たちがそのように描かれます。


2.キーパーソンは文覚

①義仲はさらに驕りを増大させ、その果てに滅ぶことになるのですが、頼朝はのちに鎌倉幕府を開く大将軍になります。  (中略)

②ここで、もう一度『文選』の「運命論」を参考に考えてみると、義仲と頼朝を分けた重要な鍵、あるいはキーパーソンは実は文覚(もんがく・・・真言宗の僧。  高雄の神護寺復興を決意し、後白河上皇に荘園寄進を強要して院の逆鱗に触れ伊豆に流されるが、そこで頼朝と知り合い親交を結ぶ。)ではなかったかと思うのです。

③(後白河法皇の第三皇子)以仁王(もちひとおう)の(平家打倒の)令旨が出されたとき、頼朝はなかなか挙兵しませんでした。  ところが文覚がやって来て、はじめて立つ決心をする。  もちろん直接のきっかけは後白河院の(征夷大将軍任命の)院宣です。

④しかし、それをもたらした文覚との出会いは、「運命論」の「運」の考え方そのものです。  「運命論」によれば、運がすばらしいときにはすばらしい君主が出る。  が、同時にすばらしい忠賢の臣も出る、とされています。

⑤「聖明の君には、必ず忠賢の臣あり。  其の相(あい)遇(あ)う所以(ゆえん)は、求めずして自ら合ふ」とあります。  君主と忠賢の臣である軍師は誰かを介したり、片方がもう片方を求めたりして合うのではなく、自(おの)ずからふっと出会うというのです。  

⑥これに当てはめて考えると、頼朝にとっての忠賢の臣は文覚でした。  文覚が頼朝に出会ったのは、彼が後白河法皇に無礼を働いて伊豆に流罪になったからです。

⑦流されたふたりが偶然出会って、そして院宣がもたらされて立ち上がった。  君主と忠賢の臣という条件がそろったこのとき、頼朝は、まさに「運」を得ていたのです。  (中略)

⑧義仲は忠賢の臣との出会いを待てなかったし、そもそもいなかった。  ですから「運」を得ていなかった。  こう考えられるのではないかと思うのです。』

TOP↑

運は人柄

漫画原作者の鍋島雅治さんが書かれた『運は人柄』(角川新書)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.「はじめに」より

①この仕事(漫画原作)を約30年にわたって続けてきました。  (中略)  プロ・アマ問わず多くの漫画家の仕事ぶりと人生を、作り手の側から目にしてきたということです。

②そのなかには、出会ったときは駆け出しだったのに「あれよあれよ」という間にヒットを連発していまや大御所に、という人もいます。  一方で、デビュー間もなく売れっ子となるも、その後は鳴かず飛ばず・・・という人や、実力は十分あるのにヒットに恵まれず、漫画だけでは生活が成り立たない、という人も珍しくありません。

③わたしは「彼らのちがいはどこにあるのか?」と、常日頃から考えてきました。  それは興味本位ではなく、原作つき漫画の成功には漫画原作者の力も必要だから。  つまりは自分自身の仕事のための研究、ということです。  (中略)  

④わたしはたくさんの成功例や失敗例を見ているうちに、漫画家に必要なのは「才能と努力と運」であると思うようになりました。  (中略)  私の感覚だと、その平均した割合は「才能1:努力2:運7」くらい。  「いやいや、運の割合が多すぎでは?」と驚かれるかもしれません。  しかし、本当にこんな印象を受けますし、ほとんど正解という気がするのです。  (中略)

⑤ただ、ひとつ言わせてもらうと、「運を高める努力」は他人よりもしたと自負しています。  「運なんて高められるの?」という意見もありそうですが、「運」というのはずばり「人柄」なのです。  だから、人柄を高めていけばいい。


2.「第1章 運は呼び込むもの」より

①「人に頼める」というのも「愛嬌」や「可愛げ」があるからであって、人柄がいいからできる行為だととらえています。

②仕事において、「オレは仕事ができる。  みんなついてこい。」というタイプがいるとしましょう。  (中略)  実際にできれば「どうだ!」となり、これが続くと「どうせあなたはひとりでできるんでしょ」と周囲はただただ嫉(ねた)んでいく。  (中略)  つまり、いつまでも我を通し続けてしまう人は「可愛げ」がないんです。

③とはいえ、真の天才ならばそれも致し方ないのかもしれない。  「天才とは孤独である」とはむかしから言われることですからね。  しかし、中途半端に仕事ができるくらいのレベルの人がこうなってしまうと、晩年はちょっと悲惨な状況になる。  理解者が周囲にまったくいないという状況は、かなり辛いものがあります。  (中略)

④会社のなかで生き残り出世をしているのは、「人に頼める」タイプが意外と多いと思うのです。  (中略)  「人に頼める」タイプは、人から話しかけやすい人でもある。  それは、自分の弱さをさらけ出しているからこそとも言えますが、もうひとつ、おそらく機嫌のちがいもあるのでしょう。

⑤才能があり仕事が〝でき過ぎる〟人は、自分が優秀な分、周囲のできなさが目につきイライラしがちで、結果として機嫌が悪く見えます。  一方、「人に頼める」人は、そういったイライラとは無縁ですから、なんとなくいつも機嫌がよさそうで、周囲の人間も話しかけやすい。  ひいては人柄の善し悪しにもつながっていく。

⑥私が思うに、年をとった人間の義務は、いつも機嫌よくいることではないでしょうか。  (中略)  年配者が人柄をよくし、運を高めるには「機嫌よくいること」はかなり重要なことなのです。』

前回のブログで『私(山田)は「どんなときでも楽しく上機嫌であること」を理想としています。』と書きました。  上機嫌には、運気アップの効果もあるようです(笑)

TOP↑

勝利の女神の判断基準

元・日本将棋連盟会長で元・名人の米長邦雄先生が書かれた『運を育てる』(クレスト社)は2010年1月15日のブログで紹介しています。  そのときは中国古典『呻吟語』の中の『人物三等』を取り上げました。  今回は「勝利の女神の判断基準」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。  内容は平成2年当時、中学二年生の息子さんが学校で起こしたトラブルに関して、米長先生がどう判断・行動されたかという話です。

『①さて、ここでどうするか。  次の一手が大事である。  同じ年頃の息子をお持ちの読者は、一度本を閉じて、私の立場で考えていただきたい。  次の一手で息子の将来、我が家の空気といったものが大きく変わるのだ。  父親、亭主としてどうすべきか。

②いきなり殴りつけるのも一策、説教をするのも一策である。  しかし、最も大切なことは、勝利の女神が、それをよしとするか否かだ。  私の対応、教育方針、米長家の雰囲気、それらを勝利の女神が好ましいと判断し、微笑んでくれなければならない。

③女神の判断基準は二つである。  それ以外のことに彼女は恐らく目を向けない。  これは勝負師としての経験から言って、まず間違いのないところだ。

④一つは、いかなる局面においても「自分が絶対正しい」と思ってはならないということだ。  謙虚でなければならない。  どんなに自信があっても、それを絶対と思い込んで発信してはならない。  この場合なら、息子のしたことが悪いことで、父親たる私が正しく指導するというスタンスは、女神の不興を買う。

⑤もう一つは、笑いがなければならない、ということだ。  どんなにきちんと正しく身を処していても、その過程でまったく笑いがない場合には、どこかで破綻が生じる。  少なくとも大成、大勝することはない。

⑥勝利の女神に関するこの二つの考え方は、私の勝負哲学というより、人生哲学なのだ。

⑦「よくやった。  お父さんには、こんな度胸はない。  大したもんだ」  笑いながらそう言って、スタスタと居間を出た。  (中略)

⑧私が怒鳴るか殴るかするだろうと思っていた女房と息子の二人は、おそらく気抜けして、しばしボンヤリしていたにちがいない。  しかし、これで女房と息子の間に流れていた刺々しい空気は、比較的穏やかなものに変わったはずである。

⑨その日はそれで終わりになったが、そのまま放っておいてよい、というものでもない。  わけのわからない褒め言葉だけで終わってしまったのでは、それは無関心ということだ。  これでは息子にとって最悪である。  それくらいなら、二発でも三発でも拳固をもらって終わりになったほうが、よほどいい。

⑩私は一人、自室にこもって、解決策を考えた。  次に指すべき手は何か、どこかにいい手順はないかと、じっと息子の答案用紙を見ていたら、そこにヒントがあった。』

トラブルの内容と、最終的に米長先生が採られた解決策については省略します。

「正義を語るとツキが落ちる」というのは私の信条の一つです。  最近のテレビ放送で「自分の正義を語っている人」を見たので、取り上げました。  誰とは言いません(笑)

今日は府中で西東京都大会が開催されました。  皆さん、お疲れ様でした。





TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT