FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

感謝と謙虚

1.『なんとかせい! 島岡御大の置き手紙』(丸山清著 文藝春秋企画出版部)を読みました。  

島岡御大とは、明治大学硬式野球部監督を務めた島岡吉郎さんの愛称です。  島岡さんは、明治大学在学中は応援団長で野球未経験でしたが、監督として東京六大学リーグ戦で15回の優勝(歴代1位)を果たしました。   抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。  御大はこの言葉も選手の前でよく言った。  「稲穂がよく実ると垂れるのは、いい土と太陽、そして施してくれる人がいるので垂れるのであって、自分の力で垂れるのではない。  稲穂はそれに感謝して穂を垂れている」

②さらに、「野球も人の道も一緒だ。  成功しても常に感謝の気持ちを持たなければならない。  感謝してもし過ぎることはない。  減るものではない。  人間は常に謙虚さを忘れてはいけない。」と付け加えた。  (パナソニック創業者)松下幸之助もこの言葉を信条としていた、ということもよく話した。  (中略)

③御大の「実るほど頭を垂れる稲穂かな」は、「感謝」と「謙虚」に行き着く。  いま、飽食の時代には大切なことだ。  「個」を主張する反面、忘れてはならないことだ。  御大はこういう時代を予測してか、選手にはいつも説いていた。  (中略)

④「(二人の恩師の名を挙げ、)この人がいなければ、この人と関わらなければ、今の自分ない、いつもどこかで感謝している」と、御大は口癖のように話していた。』


2.「感謝」については、『男を上げる女 女を上げる男』(斎藤一人・桝岡はなゑ著 ぴあ)の中で桝岡さんが書かれています。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①毎日のように言ってほしい言葉があります。  それが「天国言葉」です。

「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝しています」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」

このようないい言葉を口ぐせにしていると、ステキな男性はもちろん、いい運も大きなお金も、絶好の環境も手に入れることができます。  (中略) 


②反面、言ってはいけない言葉もあります。  それが「地獄言葉」です。  否定する言葉、悪い言葉、悲しい言葉を口にすると、元気を奪い、不幸な気持ちにさせてしまいます。 

「恐れている」
「ツイてない」
「不平不満」
「愚痴・泣き言」
「悪口・文句」
「心配事」
「ゆるせない」』


3.「類は友を呼ぶ」と言いますが、私の経験では、「天国言葉」を言う人の周りには「天国言葉」を言う人が集まり、「地獄言葉」を言う人の周りには「地獄言葉」を言う人が集まるみたいです。

付き合う人を選ぶことは、とても大切です。  できることなら、いつも「天国言葉」を言っている人と付き合いたいものです。

私がもっとも苦手なタイプは、「文句言い」です。  なんか、自分のツキを奪われそうですものね 笑

TOP↑

貸し方へまわった生き方をする

1.前回は、将棋の米長邦雄先生の評伝を取り上げました。  今回は米長先生のお母さんである米長花子さんが書かれた『おふくろ塾天才教師』(プレイブックス)です。  「一つ譲って十を得る米長流のやり方」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①邦雄はよく「貸し方へまわった生き方をする」ということを言っていますが、おふくろとしてもそれに賛成です。  私はいつも人との付き合いで、相手にばかり負担をかけない、ということを私なりに考えてきていたので、邦雄が自分の本の中で、「貸し方へまわった生き方をしたい」と言っているのを見つけた時は、似たような考え方をするものだなと感心して読んだものです。

②「貸し借り」といっても、お金やものの貸し借りではありません。  人生の生き方の姿勢といったらいいでしょうか。  人に気持ちの上で負担をかける側になるか、かけない側になるかとか、相手の立場を先に考えるか、自分の立場を先にするか、といったようにも考えられるでしょう。

③もちろん、相手の立場を先に考え、自分を後にするのが「貸し方」の生き方というわけです。  一見、損をしたように見えますが、決してそうではありません。

④いつもいつも、自分の立場ばかり押し通して得したと思っていても、それによって相手にイヤな思いをさせたり、損をさせていることになるのです。  これは人生の大きな「借り」です。  いつか、イザという時に、人の応援が得られない立場になってしまうにちがいないのです。  (中略)

⑤邦雄はこんなふうに言っています。  「貸し方にまわるのは、なにもお金の問題に限ったことではないのです。  たとえば、本当は怒鳴りたいという時もあります。  そのまま怒りを爆発させるか、我慢して人に不快な思いをさせないようにニコニコしているか。  こういう時に、自分の感情を殺してニコニコ笑っていられれば、これも貸し方にまわった生き方でしょうし、これが人に対する思いやりというものでしょう」』


2.「はじめに」の中で次のように書かれています。

『米長の家は、戦争を境に没落した旧地主で、その上、頼みの夫は当時病気で寝付いていましたから、家族7人(夫婦と4男1女)が生きていくには小学生の子供の手も借りなければならなかったんです。  畑仕事、掃除、炊事、子守り、店番・・・・・・どの子にも目いっぱい仕事がありました。  そのどれ一つをとっても、それこそ、〝ハンパ〟な仕事じゃないんです。』

米長先生は4男ですが、お兄さんたちは3人とも東大へ進学されています。

米長先生は「兄貴たちは頭が悪かったから東大へ行った。  僕は頭がいいから棋士になった」と言われていたそうです。

TOP↑

3つの幸福

『精神科医が見つけた 3つの幸福』(樺沢紫苑著 飛鳥新書)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①あなたにとって「幸せ」とは何でしょう?  どんな状態になったら「幸せ」と言えますか?  

②「えーと・・・・・・」ほとんどの人は口ごもります。  間髪入れずに答えられる人は非常に少ないはずです。

③「幸せとは何か?」がハッキリしない状態で、幸せになることができるでしょうか?  「目的地」を決めてもいないのに、「目的地」に到着することはありません。

④あるいは、どんな状態になったら「幸せ」かがわからずに、自分が「幸せ」になったときに、それに気付けるでしょうか?


2.①私が論じるのはありきたりの「幸福論」ではなく、精神医学、脳科学に基づいた「実用のための幸福」となります。

②ある日、思いました。  私たちが「幸せ」と感じるときに、脳の中ではどのような反応が起きているのだろう?  そして、具体的にどのような「脳内物質」が分泌されているのだろう?  (中略)

③私たちの日常的な幸福感を構成する主たる幸福物質として、「ドーパミン」 「セロトニン」 「オキシトシン」の3つが特に注目されます。


3.①ドーパミンが出ていると、心臓がドキドキするような高揚感をともなう幸福感が出ます(・・・お金や成功、達成の幸せ)。

②セロトニンが出ていると、さわやか、安らかな、おだやかな幸福感が出ます(・・・健康、やすらぎ、気分の幸せ)。

③オキシトシンが出ていると、人やペットなどとの「つながり」 「愛情」、あるいは赤ちゃんを抱っこしているときの、愛に包まれた幸福感が出ます(・・・愛、つながりの幸せ)。


4.①有史以来、多くの人が頭を悩ませていた「幸福とは何か」の問いに、本書ではたった10秒で答えを出してしまいましょう。

②ドーパミン、セロトニン、オキシトシンが十分に分泌された状態で、私たちは「幸福」を感じる。  つまり、脳内で幸福物質が出た状態が幸せであり、幸福物質を出す条件というのが「幸せになる方法」であると言えます。


5.①「お金、成功」 「健康」 「つながり」。  「3つの幸福」の全てを手に入れている人は非常に少ない。  それは、「3つの幸福」を得るためには、「優先順位」があるから。  そして、ほとんどの人がその優先順位を間違えているから、幸せになれないのです。

②ズバリ結論から言いましょう。  セロトニン的幸福→オキシトシン的幸福→ドーパミン的幸福の順番。

③この順番を間違えると、幸福になるどころか、むしろおもいっきり不幸になる可能性もありますし、私はそうなった人を山ほど見ています。  (中略)  

④自分の健康を害して、なぜそこまで頑張るのだろう?  (中略)  そこで私は気付きました。  セロトニン的幸福をないがしろにして、ドーパミン的幸福を目指すと、メンタル疾患や身体疾患に陥るのだと。  幸福になるどころか「不幸」になってしまうのだと。  (中略)  セロトニン的幸福が先で、ドーパミン的幸福は後です。 

⑤「家族のつながり」を軽視して、仕事で頑張りすぎると、ろくなことにはなりません。  どれだけ仕事で成功しても、妻に離婚され、子供からも毛嫌いされてしまっては、「幸せ」とは言えません。  (中略)  オキシトシン的幸福が先で、ドーパミン的幸福は後なのです。

⑥仕事も順調で、「家族と一緒に最高に幸せな生活」をしていたとしても、ある日突然、「がん」を宣告されたとしたらどうでしょう。  (中略)  自分の「健康」があってこそのつながりです。  (中略)  セロトニンが先で、オキシトシンが後なのです。       


6.①これで幸福な人生にアプローチすための手順が明らかになりました。  (中略)  「セロトニン→オキシトシン→ドーパミン」の順番に積み上げていかなくてはいけない、ということです。  (中略)

②セロトニン・オキシトシン的幸福の「幸福の基礎」がしっかりと固まっていれば、その上にドーパミン的幸福は、高層ビルのようにいくらでも積み上げていくことができます。

③セロトニン的幸福とオキシトシン的幸福を盤石にして、ドーパミン的幸福を積み上げていく。  結果として、セロトニン的幸福、オキシトシン的幸福、ドーパミン的幸福の3つの幸福、全てを手に入れることができる。  

④これが、「幸せの三段重理論」です。』

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT