fc2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

陽気は美徳、陰気は罪悪

『98歳まで生きてわかった、「超ポジティブ思考」がいちばん!』(宇野千代著 幻冬舎)を読みました。  Amazonの書籍紹介には「4度の結婚と離婚を経験。  自由奔放な生き方を貫きながら、世界一ポジティブな思考をもち、幸せな人生を送った作家だといっても過言ではない。  98年間の生涯において、普通の人が体験しきれないことを経験し、それらから学んだことを1冊にまとめたのが本書。」と書かれています。  1996年6月に亡くなられました。

1.『第一章 迷ったときは「行動する」ほうを選ぶ』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①(経営する)スタイル社の倒産。  あのときは、突然のことで、ひどい打撃でした。  しかし、このとき私は、一切の抵抗をすることなく、これしか生きて行く道がないという最低の場所へ、するりと平気で入り込むことによって窮状を脱出したのでした。

②やり切れない状態というものは、当人のやり切れないと思う分量が多いほど、やり切れない形になるのですね。  平気でいれば、ある程度平気になれるものです。

③私は当時、62歳でしたか。  (夫の)北原武夫は10歳ちがいの52歳。  (中略)  私たちに負わされたのは、億という莫大な借金でした。  いま、考えても、途方もない金です。  その金を返すために、私と北原は、昼も夜もなく働きました。

④傷つき合ったけもののように身を寄せ合いました。  北原は小説を書き、エッセイを書き、そのどん底から盛り上がったエネルギーがベストセラーを生みました。』 

2.『第二章 一人でいるときも「陰気な顔つき」をしない』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『(1)幸福な気持ちでいる人に不幸は寄り付かない

①幸福はとびきり上等のものばかりではありません。  どんなにささやかでも、小さなことでも、あなたが幸福だと思えば幸福なのです。  そのささやかな幸せを積み重ねることが幸福な人生の秘訣なのです。

②今朝も爽やかに目覚めた。  空がきれいだ。  体いっぱいに呼吸する。  こんなとき、私は、「しあわせだなア」と思わずつぶやきます。  すると、体中が幸せに包まれてあたたかくなります。

③思わずにっこりします。  すかさず(スタッフの)淳ちゃんもにっこりして、「今日もいい一日でありますように」と挨拶してくれます。  こうして私の幸せな一日が始まるのです。

④いつでも幸福な気持ちで生きている人間には不幸のかげは寄りつきません。  

⑤人間は同時に二つのことを思うことができないのです。  同時に不幸であったり、幸福であったりすることはないのです。

⑥私たちは、幸福だけを願って生きて行きたいものです。

(2)陽気は美徳、陰気は罪悪

①生きて行くことが上手な人は、何よりも快活な人である。  生きて行くことが上手な人で、それで陰気な人、というのを私は見たことがない。  

②陽気は美徳、陰気は罪悪というのが、私のつくった格言であるが、美徳も罪悪も、そのままの姿では生きてはいない。  すぐそこで、隣の人に感染(うつ)るものである。

③どんなに大きな美徳も、どんなに小さな美徳も、すぐそばの人に感染する、大きな力を持っている。

④陰気はどんなに大きな陰気であっても、どんなに小さな陰気であっても、すべての人に感染るものであるから、夢にも、陰気の気持ちを持ってはならない。  (中略)

⑤あなたの隣にいる人が、ぶすっとした顔をしていると、あなたも何となく、ぶすっとした顔になりたくなるでしょう。

⑥あなたの隣にいる人が、ぶすっとした顔をしていても、あなたはそれに負けないで、笑顔をしているとしたら、それはあなたが、とても偉い人だからです。』

「笑う門には福来る」、私の座右の銘の一つです。

「悲観は気分、楽観は意志」も好きな言葉です。

  


TOP↑

ネガティブ・ケイパビリティ、気づく力

最近の新聞記事から、私が備忘録的にメモしておきたい内容を二点、抜粋し番号を付けて紹介します。

1.ネガティブ・ケイパビリティ(8月9日・朝日新聞、作家・精神科医の帚木蓬生さんのインタビュー記事)

『①病気と長く付き合わなくてはいけない患者さんと向き合う時、「治そう」という考えだけでは、どうにもなりません。  私が逃げ出さずにやってこられたのは、約40年前に出会った「ネガティブ・ケイパビリティ(負の能力)」という言葉に支えられたからです。

②どうにも答えの出ない事態に直面した時に性急に解決を求めず、不確実さや不思議さの中で宙づり状態でいることに耐えられる能力、を意味する言葉です。  元は19世紀の英国の詩人キーツが、詩人が対象に深く入り込むのに必要な能力として使った言葉でした。

③ネガティブ・ケイパビリティによる処方を、私は「目薬・日薬・口薬」と言います。  「あなたの苦しみは私が見ています」という目薬、「なんとかしているうち、なんとかなる」という日薬、「めげないで」と声をかけ続ける口薬。  患者さんは難しい状態にあっても、なんとかこれでやり過ごせます。

④医師でなくても、調子の悪い家族や友達を心配することがあるでしょう。  「早く何とかしてあげなくては」と焦ると、治らない時にいらだってしまいます。  人間の復元力は、早さとは異次元の所で発揮されますから、早さばかりが頭にあると、つまずきやすい。    
 
⑤人は「自分の脳みそで考えて解決しないといけない」と凝り固まるところがありますが、それはせっかく晴れかけた空をかき乱すようなもので、成り行きに任せた方がいいこともあるのです。

⑥心配による心の痛みは、ワクチン注射くらいに思ってはどうでしょうか。  思い通りにならない物事に対する免疫ができ、ちょっと強くなったなと。  痛みを嫌なものとして払いのけようとすると、そのたびに痛みがこたえます。

⑦痛みというのは、心理的なものも大きい。  訴えるたびに痛みを感じる回路が黒々と太くなるかのようです。  痛みは「見せず、言わず、悟られず」、淡々と日常のことをこなしていた方が楽になることもあります。

⑧社会の問題に向き合う時も、ネガティブ・ケイパビリティは役立ちます。  「みんなが言うから自分も」という付和雷同を慎み、待てよ、と踏みとどまる。  極論に走らず真ん中を見通すための、知性と歴史観を持つことが大切だと思います。』

経営者になって40年以上になりますが、経営者とはある意味「問題解決業」だと私は思っています。  会社を経営する中で日々生じてくる問題やトラブルを一つづつ解決していくことが業務の中心になります。

その際、すぐにでも解決できる問題・トラブルと、時間をかけないと解決できない問題・トラブルとに分けて考えることが必要です。  後者について焦って早く解決しようとすると、かえって問題を大きくしてしまいます。


2.気づく力(9月6日・日経新聞、大相撲の二所ノ関親方(元横綱・稀勢の里))

『①中学卒業後、15歳で旧鳴戸部屋に入門した私は、倍以上も年の離れた30代の兄弟子を含む約30人と一つ屋根の下で暮らす「密」の中で育ち、人としてもっとも大切な礼儀や気づかいを学んだ。

②とくに後援者らを部屋に招いてちゃんこをともにする時間や千秋楽の後にホテルで開催する部屋主催のパーティーの場などは人間形成と社会勉強になった。

③こうした場では後援者の隣で話を聞くだけではなく、食事を取り分けたり、空いたグラスにビールをついだりしなくてはならない。  私は若いころ、先代師匠(故鳴戸親方=元横綱隆の里)や兄弟子から会食の場でのこの「給仕(きゅうじ)」の大切さを教わった。

④おかげで表情や目線から相手が今何を求めているのかを読み取り、自分が次に何をすべきかを先回りして考え、行動する癖がついた。

⑤これができなくて強い力士になれるわけがない。  土俵上でも相手の表情や動作のわずかな変化を見逃さないことが勝負を左右するからだ。

⑥稽古土俵に落ちているゴミを拾わない力士もものにはならない。  足元のゴミに気づかないのは、常にアンテナを張っていないからだろう。

⑦私の弟子でも番付が一番上(東幕下2枚目)の友風はいろいろなことによく気づき、先回りできる。  やはり気づく力と相撲の強さは相関関係にあると、親方になって改めて実感している。』

⑦の「気づく力と強さの相関関係」は極真空手においても成り立つと思います。

指導中、道場に落ちている小さなゴミや髪の毛を、私はよく拾います。  選手がこのブログを読んでくれたら、道場がもっとキレイになるかも 笑


3.昨日は東日本大会でした。  入賞選手へのコメントは、セコンド役の指導員がブログに書くことになっています。

選手・セコンド・応援の皆さん、お疲れ様でした。

TOP↑

上機嫌とユーモア

1.毎週水曜日に弁護士の鳥飼重和先生からメルマガを送っていただいています。  8月10日のタイトルは『上機嫌こそ人生の柱に』でした。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①「人間の最大の罪は不機嫌である」  これはドイツを代表する文豪ゲーテの言葉です。
  
②何故、不機嫌が人間の最大の罪なのでしょうか?  不機嫌は他人に伝播し、負の連鎖を引き起こすためです。  

③不機嫌な人は周りの空気を汚し、その空気を吸った人たちをどんどん負のスパイラルに巻き込んでいきます。  たった1人の不機嫌が負の連鎖の源になるのです。

④反対に、上機嫌も他人に伝播し、正の連鎖の源になりえます。  それを表す、フランスの哲学者・アランの有名な言葉があります。  「他人への最大の贈り物は上機嫌」
 
⑤さらに、アランは上機嫌を次のようにも言っています。  「上機嫌は、世の中すべてを豊かにする真の礼儀である」
  
⑥確かに、上機嫌の人といると、幸せな気分になってきます。  笑顔で上機嫌で過ごすと、周りにも笑顔が伝播し、自分だけでなく周囲の人たちを連鎖的に元気にし、幸せの輪が広がっていきます。
  
⑦たった一人の上機嫌が、幸せの連鎖を生み出すのです。  上機嫌を身に着け、人生の柱にしたいものです。』

「上機嫌」について、今読んでいる対談本『運命を開く 易経の知恵』(渡部昇一・中山理著 モラロジー研究所)の中で、渡部先生が次のように語っています。

『ジュリアス・シーザーは常に上機嫌だったそうです。  将軍として軍隊を率いる人が常に上機嫌だったら、兵士も働きやすいですよね。』


2.8月24日のタイトルは『 ユーモアで仕事力を増やそう 』でした。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①ユーモアは人間関係の潤滑油です。  笑うことで心が潤い、その場が明るくなるのは確かですから。
  
②そのため、ユーモアセンスは仕事の能力に直結するといいます。  ある保険会社の営業担当者400人を対象に行った調査がありますが、ユーモア度が高い人ほど営業成績がいいという結果が出たそうです。
  
③この結果は、政治、スポーツ、アカデミックのどの分野でも同じで、心理学の研究でも明るい人ほど成功することが分かっているそうです。
  
④実業家の本田宗一郎氏も、次のように語っていました。  「人間は楽しんでいるときに最高の力を発揮する。  すぐれたジョークは、すぐれたアイデアに通じるのだ」

⑤最悪の状況でも、ユーモアやジョークが生きる力につながります。  惨劇を極めたアウシュビッツ捕虜収容所でも、ユーモアは自己維持のための闘いにおける心の武器となり、生きる力になったのです。
  
⑥精神科医ヴィクトール・E・フランクル博士は、著書『夜と霧』で、ユーモアが心身の健康維持につながったと書いています。
  
「(捕虜収容所の)劣悪な環境という恐怖の中にあっても、ユーモアがあった者ほど心身の健康状態を維持し、生き延びられた」

⑦ユーモアは、ストレス社会に生きる我々にも必要なことでしょう。  マザー・テレサが「平和は微笑みから始まる」と言っているように、世界の共通言語である笑顔やユーモアで、生きる力を育みましょう。
  
⑧職場におけるメンタルヘルスのためにもユーモアを磨きたいものです。』

「笑う門には福来る」、私の好きな言葉の一つです。


3.先週末は京都で、全日本型競技大会・セミコン全国交流大会・西日本大会でした。  

型競技大会で長嶺拓叶(小学2年生の部・第3位)、セミコン大会で晝間俊之介(11歳男子+40kg級・優勝)・三上善晴(12歳男子+50kg級・優勝)、西日本大会で小木戸瑛斗(一般無差別・第3位)の4人が入賞しました。  

選手・セコンド・応援の皆さん、お疲れ様でした。

今週末は東日本大会です。

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT