fc2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

本棚の整理・12年目

1.2012年から、毎年最終回のブログのタイトルは「本棚の整理」とし、その年に購入した本を記録しています。  私にとってのメリットは2点あります。

①保管スペースの関係で、ブログで紹介したものを除きほとんど処分しますが、購入して読んだ本を「ブログ内検索」で検索できる。  その結果、「同じ本の二度買い」を防げる。

②ブログで紹介した本には、ブログの日付を書いてあるので、後日その内容の一部をブログで読むことができる。

2.今年も大変お世話になりました。  

私も12月27日で70歳の古希を迎えました。  昨年生まれた孫が1歳1か月です。  健康に気を付けて長生きしたいなと思っています。

第13回世界大会が終わり、4年後に向けてチーム城西の稽古が始まりました。  例年のことですが、年末年始も関係なく選手稽古は続きます。

2024年が皆さんにとってすばらしい一年となりますよう、お祈り申し上げます。

3.2023年購入リスト
※ブログで紹介したもの・保管するもの・まだ読んでいないものについては、「・・・○月○日ブログ」・「・・・保管」・「・・・未読」のコメントをそれぞれの末尾につけました。
・『なぜ、この芸人は売れ続けるのか?』(中西正男 マキノ出版)・・・2月19日ブログ
・『中高年のスロトレ』(石井直方 日東書院)・・・保管
・『白隠禅師・・・健康法と逸話』(直木公彦 日本教文社)・・・保管
・『ぼけの壁』(和田秀樹 幻冬舎新書)
・『うつの壁』(和田秀樹 幻冬舎新書)・・・保管
・『運をつかむ』(永守重信 幻冬舎新書)・・・1月28日ブログ
・『誤嚥性肺炎で死にたくなければのど筋トレしなさい』(西山耕一郎 幻冬舎新書)・・・保管
・『シン・養生論』(五木寛之 幻冬舎新書)・・・4月7日ブログ
・『老いては「好き」にしたがえ!』(片岡鶴太郎 幻冬舎新書)・・・8月21日ブログ
・『「人生、こんなはずじゃなかった」の嘆き』(加藤諦三 幻冬舎新書)・・・12月9日ブログ
・『賃貸仲介・管理業一筋50年 必勝の経営道』(加治佐健二 幻冬舎)
・『ストレスフリーの資産運用』(林敬一 幻冬舎)・・・保管
・『長生きは小さな習慣のつみ重ね』(川嶋みどり 幻冬舎)・・・未読
・『ひとりで生きて99歳』(三條三輪 幻冬舎)・・・未読
・『高学歴親という病』(成田奈緒子 講談社+α新書)・・・11月11日ブログ
・『終生 知的生活の方法』(渡部昇一 扶桑社新書)・・・5月6日ブログ
・『渡部昇一、靖国を語る』(渡部昇一 PHP)
・『最新の脳医学でわかった! こんなカンタンなことで子どもの可能性はグングン伸びる』(瀧靖之 ソレイユ出版)・・・5月13日ブログ
・『91歳の現役医師がやっている 一生ボケない習慣』(松原英多 ダイヤモンド社)・・・保管
・『太極拳養生法』(帯津良一 春秋社)
・『養老先生、再び病院へ行く』(養老孟司・中川恵一 エクスナレッジ)
・『人はあなたの何を見ているか』(小宮一慶 エムディエヌコーポレーション)・・・2月25日ブログ
・『シンクロニシティ 科学と非科学の間に』(ポール・ハルパーン あさ出版)
・『薬に頼らず血圧を下げる方法』(加藤雅俊 アチーブメント出版)・・・保管
・『知らないと怖ろしいカラダの新常識100』(川嶋朗 アチーブメント出版)・・・保管
・『安倍晋三 回顧録』(安倍晋三・橋本五郎  中央公論新社)
・『安倍晋三実録』(岩田明子 文藝春秋)
・『トッド人類史入門 西洋の没落』(エアマニュエル・トッド 文春新書)
・『聞く力』(阿川佐和子 文春新書)・・・7月1日ブログ
・『老化は治療できるか』(河合香織 文春新書)・・・保管
・『うらやましいボケかた』(五木寛之 新潮新書)・・・保管
・『熟達論』(為末大 新潮社)・・・11月25・12月2日ブログ
・『ハイパーインフレの悪夢』(アダム・ファーガソン 新潮社)
・『水谷豊 自伝』(水谷豊 新潮社)・・・10月28日ブログ
・『居場所。』(大崎洋 サンマーク出版)・・・4月22日ブログ
・『空疎な小皇帝「石原慎太郎」という問題』(斎藤貴男 岩波現代文庫)
・『メガトン級「大失敗」の世界史』(トム・フィリップス 河出文庫)
・『栗山ノート』(栗山英樹 光文社)・・・8月12日ブログ
・『栗山ノート2 世界一への軌跡』(栗山英樹 光文社)・・・8月7日ブログ
・『歴史を知る読書』(山内昌之 PHP新書)
・『最新医学データが導き出した・減塩に頼らない血圧の下げ方』(山口貴也 ユサブル)・・・保管
・『襲撃 中田カウスの1000日戦争』(西岡研介 朝日新聞出版)
・『また会う日まで』(池澤夏樹 朝日新聞出版)・・・未読
・『最高司令官の大戦手記』(D・D・アイゼンハワー 朝日新聞社)・・・9月23日ブログ
・『海峡を越えた怪物』(西崎伸彦 小学館)
・『柳川組二代目 谷川康太郎』(猪野健治 バンブー・コミックス)
・『「心のクセ」に気づくには』(村山綾 ちくまプリマー新書)
・『客観性の落とし穴』(村上靖彦 ちくまプリマー新書)
・『田中清玄自伝』(田中清玄 ちくま文庫)・・・9月30日ブログ
・『発勁の秘伝と極意』(笠尾恭二 BABジャパン)・・・保管
・『元国税庁長官の俗物的料理日記』(中原広 霞出版社)
・『戯言』(安藤昇 竹書房)
・『70代、腸内細菌と筋肉で老いを超える』(江田証 さくら舎)・・・7月15日ブログ
・『「天気が悪いと調子が悪い」を自分で治す本』(佐藤純 アスコム)・・・保管
・『TIME OFF 戦略的休息術』(ジョン・フィッチ クロスメディア・パブリッシング)・・・6月3日ブログ
・『人体六00万年史(上)』(ダニエル・E・リーバマン ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
・『なんでそう着るの?』(江弘毅 亜紀書房)
・『なぜヒトだけが老いるのか』(小林武彦 講談社現代新書)・・・保管
・『思い出せない脳』(澤田誠 講談社現代新書)・・・保管
・『人はどう老いるのか』(久坂部羊 講談社現代新書)・・・保管
・『怪物に出会った日』(森合正範  講談社)・・・12月20日ブログ
・『能力はどのように遺伝するのか』(安藤寿康 ブルーバックス)
・『疲労とはなにか すべてはウイルスが知っていた』(近藤一博 ブルーバックス)・・・2024年1月6日ブログ
・『運は遺伝する』(橘玲・安藤寿康 NHK出版新書)
・『グッドライフ』(ロバート・ウォールディンガー 辰巳出版)・・・7月10日ブログ
・『いのちを守る水分補給』(谷口英喜 評言社)・・・7月23日ブログ
・『フォスター 老年について』(E・M・フォスター みすず書房)
・『崔書勉と日韓の政官財学人脈』(小針進 同時代社)
・『40℃超えの日本列島でヒトは生きていけるのか』(永島計 DOJIN文庫)・・・保管
・『壁を壊した男 1993年の小沢一郎』(城本勝 小学館)
・『気法 練丹操』(浅井恵子 朝日ソノラマ)・・・保管
・『知らないと損をする気と漢方食事法』(浅井恵子 朝日ソノラマ)・・・保管
・『汚れた顔の天使たち』(野村秋介 二十一世紀書房)
・『大リーグのメンタルトレーニング』(ケン・ラビザ ベースボール・マガジン社)・・・9月4日・9月9日ブログ
・『感奮語録』(行徳哲男 致知出版)・・・9月16日ブログ
・『敗者のゲーム』(チャールズ・エリス 日本経済新聞出版)
・『子どもとの関係が変わる 自分の親に読んでほしかった本』(フィリッパ・ペリー 日本経済新聞出版)・・・保管
・『健康診断の結果が悪い人が絶対にやってはいけないこと』(野口緑 日経BP社)・・・保管
・『歴史群像 2022年10月号』(歴史群像編集部)・・・9月23日ブログ
・『腸のお掃除』(鈴木奈央子 銀河書房)
・『店は客のためにあり』(笹井清範 プレジデント社)
・『科学がつきとめた「運のいい人」』(中野信子 サンマーク出版)・・・12月16日ブログ
・『Dr.Fの格闘技医学』(二重作拓也 秀和システム)・・・保管
・『可能性にアクセスするパフォーマンス医学』(二重作拓也 星海社新書)・・・11月5日ブログ
・『気の力を覚醒させる太極拳』(蘇昱彰 東邦出版)・・・保管
・『太極拳内景経』(蘇昱彰 壮神社)
・『戦争とオカルティズム』(藤巻一保 二見書房)・・・未読
・『九鬼周造随筆集』(菅野昭正 岩波文庫)
・『医者が治せない病気には漢方薬が効く!』(石原結實 海竜社)・・・未読


TOP↑

本棚の整理・11年目

1.2012年から、毎年最終回のブログのタイトルは「本棚の整理」とし、その年に購入した本を記録しています。  私にとってのメリットは2点あります。

①保管スペースの関係で、ブログで紹介したものを除きほとんど処分しますが、購入して読んだ本を「ブログ内検索」で検索できる。  その結果、「同じ本の二度買い」を防げる。

②ブログで紹介した本には、ブログの日付を書いてあるので、後日その内容の一部をブログで読むことができる。

2.2022年購入リスト
・『マンガでわかる! 認知症の人が見ている世界』(川畑智 文響社)
・『奈落の底から見上げた明日』(照ノ富士春雄 日本写真企画)・・・2月6日ブログ
・『武医同術』(水足一博 BABジャパン)・・・1月16日ブログ
・『ヒトの壁』(養老孟司 新潮新書)・・・2月27日ブログ
・『一期一会の人びと』(五木寛之 中央公論社)
・『株は「1点張り」が一番稼げる』(隆佑 ビジネス教育出版社)
・『運命』(国木田独歩 岩波文庫)
・『安倍晴明占い』(祖笛翠 二見文庫)
・『HEALTH RULES』(津川友介 集英社)
・『大恐慌の勝者たち』(玉手義朗 日経BP社)
・『実戦内家拳ファイル』(佐藤貴生 BABジャパン)
・『海底撈 知られざる中国巨大外食産業の素顔』(山下純 徳間書店)
・『沢井健一の遺産・・・太気拳で挑む』(高木康嗣 福昌堂)・・・3月13日ブログ
・『昭和の武人 櫻公路一顱先生の教え』(小林直樹 壮神社)
・『死という最後の未来』(石原慎太郎・曾野綾子 幻冬舎文庫)
・『煉丹術の世界』(秋岡英行ほか 大修館書店)
・『不安と折り合いをつけて うまいこと老いる生き方』(中村恒子 すばる舎)
・『89歳、ひとり暮らし』(大崎博子 宝島社)
・『楽しくまなぶ『易経』』(梶川敦子 青弓社)
・『セレンディピティ 点をつなぐ力』(クリスチャン・ブッシュ 東洋経済新報社)・・・3月27日ブログ
・『方丈記』(武田友宏 角川ソフィア文庫)
・『Do It Yourself 自分の人生の作り方』(マイケル・ギダ 飛鳥新書)
・『50歳を過ぎたら高田純次のように生きよう』(高田純次 主婦の友社)
・『気のはなし』(若林理砂 ミシマ社)・・・5月29日ブログ
・『実戦拳法太気拳』(久保勇人 ベースボール・マガジン社)
・『太気拳の扉』(天野敏 BABジャパン)
・『生きること、闘うこと、太気拳の教え』(岩間統正 ゴマブックス)・・・4月10日ブログ
・『ヒトラーの震え 毛沢東の摺り足・・・神経内科からみた20世紀』(小長谷正明 中公新書)・・・4月3日ブログ
・『山口組ぶっちゃけ話』(竹垣悟 清談社Publico)
・『シャンプーをやめると、髪が増える』(宇津木龍一 角川書店)
・『インフレ不可避の世界』(澤上篤人 明日香出版社)
・『内向型人間の時代』(スーザン・ケイン 講談社)・・・2023年1月21日ブログ
・『意拳学』(韓星橋 スキージャーナル)・・・4月24日ブログ
・『日本人の「遺伝子」からみた病気になりにくい体質のつくりかた』(奥田昌子 講談社ブルーバックス)・・・5月14日ブログ
・『人はどう死ぬのか』(久坂部羊 講談社現代新書)
・『武道の原点』(宇城憲治 合気ニュース)
・『武術空手の知と実践』(宇城憲治 合気ニュース)・・・5月8日ブログ
・『武術空手への道』(宇城憲治 合気ニュース)
・『空手と気』(宇城憲治 合気ニュース)
・『名医が教える飲酒の科学』(葉石かおり 日経BP社)・・・6月27日ブログ
・『「日本でいちばん大切にしたい会社」がわかる100の指標』(坂本光司 朝日新書)・・・2023年1月14日ブログ
・『エルヴィス 〝68カムバック・スペシャル〟』(前田絢子 青土社)
・『なぜかいいことが起こる70の習慣』(大原敬子 PHP研究所)
・『アリストテレス『ニコマス倫理学』』(山本芳久 NHKテキスト)・・・5月21日ブログ
・『空手革命』(塚本徳臣 ネコパブリッシング)
・『盛運の気』(無能昌元 日本経営合理化協会)・・・6月11日ブログ
・『山口組分裂の真相』(尾島正洋 文藝春秋)
・『歴史とは何か 新版』(E・H・カー 岩波書店)
・『承継と創造 日本ラグビー 世界で勝利するためのオリジナリティー』(横井章 ベースボール・マガジン社)・・・7月24日ブログ
・『教養としての神道』(島薗進 東洋経済新報社)
・『拳道伝説・・・拳聖中村日出夫の足跡』(山平重樹 福昌堂)
・『海を渡った空手~記録で辿る大山倍達のアメリカ遠征』(Leo 著者の自費出版)
・『70歳が老化の分かれ道』(和田秀樹 詩想社新書)
・『「私」という男の生涯』(石原慎太郎 幻冬舎)
・『第三次世界大戦はもう始まっている』(エマニュエル・トッド 文春新書)・・・7月3日ブログ
・『男性復活! 宇宙の進化と男性滅亡に抗して』(佐治晴夫 春秋社)
・『超人・・・中国政府を動かす「世界最強」の超能力者・張宝勝』(加藤修 データハウス)
・『実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス』(前野隆司 PHP新書)・・・7月11日ブログ
・『図解だからわかる お金の本』(ひろゆき 興陽館)
・『昭和の参謀』(前田啓介 講談社現代新書)
・『復活への底力』(出口治夫 講談社現代新書)
・『100年足腰』(巽一郎 サンマーク出版)・・・8月13日ブログ
・『この国の戦争 太平洋戦争をどう読むか』(奥泉光 河出新書)
・『健康長寿の人が毎日やっている心臓にいいこと』(別府浩毅 自由国民社)
・『「薬に頼らず、うつを治す方法」を聞いてみました』(亀廣聡 日本実業出版社)
・『怖い血栓症はこうしたら防げる!治せる!』(金田一子 平原社)
・『運を味方にする「偶然」の科学』(バーバラ・ブラッチュリー 東洋経済新報社)
・『運命を開く易経の知恵』(渡部昇一・中山理 モラロジー研究所)
・『低血糖症と精神疾患治療の手引』(柏崎良子 株式会社ヨーゼフ)
・『運動脳』(アンデシュ・ハンセン サンマーク出版)・・・9月18日ブログ
・『易経〈上〉〈下〉』(高田眞治 岩波文庫)
・『ヨーロッパ戦争史・・・決戦戦争と持久戦争』(石原莞爾 毎日ワンズ)
・『ネガティブ・ケイパビリティ』(帚木蓬生 朝日選書)・・・9月25日・10月1日ブログ
・『チンプ・パラドックス』(スティーブ・ピーターズ 海と月社)・・・10月24日・11月15日ブログ
・『評伝モハメド・アリ・・・アメリカで最も憎まれたチャンピオン』(ジョナサン・アイグ 岩波書店)
・『爆弾と呼ばれた極道』(山平重樹 徳間書店)
・『永遠の今を生きる 時空を超える二人』(角川春樹・成瀬雅春 徳間書店)
・『ズボラな人でもコレステロールがラクラク下がる』(工藤孝文 永岡書店)
・『忘れる脳力』(岩立康男 朝日新書)・・・10月19日ブログ
・『万葉学者、墓をしまい母を送る』(上野誠 講談社)
・『結局、腸が9割』(川本徹 アスコム)
・『98歳まで生きて分かった、「超ポジティブ思考」がいちばん!』(宇野千代 幻冬舎)・・・11月7日ブログ
・『山県有朋』(岡義武 岩波文庫)
・『5人の名医が脳神経を徹底的に研究してわかった究極の疲れない脳』(内野勝通 アチーブメント出版)
・『物理学で合気に迫る』(保江邦夫 BABジャパン)
・『 武道vs.物理学』 (保江 邦夫 講談社+α新書)
・『「気の持ちよう」の脳科学』(毛内拡 ちくまプリマー新書)
・『体を冷やせば健康になる』(南雲吉則 光文社)
・『科学的エビデンスにもとづく  100歳まで健康に生きるための25のメソッド』(ルイージ・フォンタナ  東京大学出版会)
・『中井久夫スペシャル』(斎藤環 NHKテキスト)

3.今年も大変お世話になりました。  おかげさまで公私ともに充実した年を送ることができました。

来年は大山総裁の生誕100年で、第13回世界大会が開かれます。

チーム城西も加賀と石崎、二名の出場が確定しています。  来年6月の体重別大会で、一名でも多くの選手が入賞を果たし、かっての城西の先輩たちのように、四年に一度の大舞台での得難い体験を積んでもらいたいと思っています。

それに向けて、年末年始も稽古は続きます。  そんなありがたい環境に、私自身心から感謝しています。

2023年が皆さんにとってすばらしい一年となりますよう、お祈り申し上げます。





TOP↑

掃除

12月7日に配信されてきた弁護士の鳥飼重和先生のメルマガのタイトルは『たかが掃除されど掃除、歴史はその重要性を教えてくれる』でした。  番号を付けて紹介します。

『1.①W杯カタール大会での日本代表の活躍に日本列島は歓喜に沸きました。  サムライブルーの激闘は、日本だけでなく世界に感動を与えました。
  
②また、日本代表が試合後のロッカールームをきれいに掃除した様子や、試合後スタジアムを掃除する日本人サポーターの姿も話題になりました。
  
③この掃除は、日本の伝統文化というべきものです。  日本には、世界に誇るべき伝統文化がたくさんあります。  武道、料理や芸能、衣服、正月なども、日本の伝統文化です。
  
④日々の暮らしのなかで息づく日本伝統の代表ともいうべき掃除の出発点は、縄文時代から始まっているようです。  日本は高温多湿なため、生活の場とごみを捨てる場所を明確に分け、身の回りをきれいにすることが、長生きするには必要だったのです。
  
⑤日本独特の気候から生まれた掃除の習慣は、神事の儀式としての宮中行事を経て、禅宗の教えから仏教寺院の修行に発展したようです。

2.①江戸時代、江戸は100万人を超える人口密集都市でした。  海外交易が許されたことにより、コレラなどの疫病被害が生じ、公衆衛生の必要上、掃除を庶民生活に根付かせる必要がありました。
  
②コレラの流行は、衛生的なごみ処理を進めるきっかけとなり、清潔を維持するための掃除は、一般庶民に根付いていきました。  江戸の町は世界一衛生的で美しい町だったといわれています。
  
③また、自分の場所を自らの手できれいにするという学校掃除から、子供たちはルールに従ったり、管理能力をつけたり、共同体の中で他者と一緒に生きるということ、自分の周りにあるものへ感謝をし、大切にものを扱うという精神も学んでいきます。
  
④今回の日本代表やサポーターのように、日本人の掃除や思いやりが高く評価されるのは、この学びのおかげだといえるでしょう。
  
⑤最近では、住環境を良くする掃除の道具も盛んに開発されています。  その意味で、経済面でも、掃除・環境は重要な分野になっています。
  
⑥たかが掃除されど掃除、歴史はその重要性を教えてくれています。』

私も毎週水曜日の選手稽古後に道場の掃除をします。  特にトイレは念入りに掃除します。

先日、孫弟子で精神科医の山下悠毅と食事をしたら、「最近、クリニックのトイレ掃除をしています。」と話していました。

掃除の輪が、そんな形で広がって、嬉しいです (^^)

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT