FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

2019極真祭

1.昨日・一昨日と京都府立体育館で2019極真祭でした。  城西からの入賞者は以下の通りです。

優勝・・・小木戸琉奈(13歳14歳女子-45㎏級)、中水流嘉臣(40歳~44歳男子-80㎏級)、諸岡幸乃(9歳女子)、岡部慎太郎(16歳17歳男子+65㎏級)

第3位・・・柴倉愛弥(型15~34歳男子の部)、川合貫太郎(9歳男子)、小野そら(11歳女子+40㎏級)、金子雄大(16歳17歳男子-65㎏級)、小木戸瑛斗(16歳17歳男子-65㎏級)

2.本部席前の第2コートの入賞者について感じたことを書いてみます。  他のコートの入賞者については、各セコンドが指導員ブログでコメントします。

①小木戸琉奈・・・安定感のある組手でした。  決勝戦では先に上段蹴りの技有りを取られましたが、その後胸元への突きの技有り二つで一本勝ちしました。  今後の課題は、①(今回技有りを取られたので)顔面のガードをより意識すること、②強い突きをより生かすために上下に蹴りを振り分けること、③接近戦での膠着状態による「頭を付けての攻撃」の注意を取られないために、接近戦でのサイドステップを身に付けること、などです。

②小野そら・・・突きと下段と膝蹴りのパワーはありますが、若干単調な戦い方に見えます。  準決勝で負けた岡部こころ選手には上段への多彩な蹴りがあった分、多少印象負けしたのかな、と感じました。  (空蹴りやミット稽古による)上段への蹴り込みを増やすことによって、上段への蹴りが「よいしょ」ではなく「スッ」と出せるようになるのが理想です。  私の先輩に大石代悟という上段蹴りの名手がいました。  毎日、横蹴上げと前蹴上げを1000~2000本蹴ることを日課にされていました。

③金子雄大・・・優勝した山科直史選手とは体重差が8㎏あり、バランスを崩される場面が見られ、それが判定に響いたのだと思います。  稽古熱心で、夏合宿の翌日からの蓼科合宿や毎週木曜・金曜日の私の稽古に参加し、鎌田・竹岡・加賀らの先輩たちと一緒に汗を流しています。  たくさん食べることやウェイトトレーニングに励むことを通して体重増を目指すことは、もちろん必須です。  その「体作り」という課題はあるものの、順調にレベルアップしてきていることも事実です。 小木戸瑛斗や岡部慎太郎もそうですが、2年後からの一般選手権への参戦が楽しみです。   

④小木戸瑛斗・・・準決勝では飯塚翼選手の最後のラッシュで印象負けしました。  定形的なラッシュには、①突きと下段蹴りと、②突きと膝蹴り、の二種類があります。  相手が②突きと膝蹴りでラッシュしてきた場合は、こちらも②突きと膝蹴りのラッシュで応戦する必要があります。  ②に対して①突きと下段蹴りで応戦すると、㋑下段を蹴る時にボディが正面を向いてしまうので膝蹴りの標的になりやすく、㋺下段を蹴る時に軸足一本で立つことになるので、膝蹴りの圧力に対抗できずに、後ろに押し込まれてしまうことにもなります。  「目には目を」ではないですが「膝蹴りには膝蹴りを」が鉄則です。

⑤岡部慎太郎・・・準決勝、持ち前のパワーとスタミナで後半は圧倒していました。  決勝戦は相手選手がドクターストップで出てきませんでした。  高校2年生ですが、175cm・90㎏と体格に恵まれています。  金子雄大とともに、蓼科合宿や毎週木曜・金曜日の私の稽古にも参加しています。  本当に真面目に稽古に取り組んでいる、というのが私の印象です。  少年部のときから久米川道場で、鎌田翔平の指導を受けながらここまで来ました。  先生である鎌田翔平に匹敵する選手になることも夢ではないと思います。

でも、相手がドクターストップで、勝ち名乗りを受けるだけの試合場では、マウスピースはいらないと思うよ、シンタロー(笑) 

例年に比べると涼しかったのですが、にわか雨の多い京都でした。

選手・セコンド・ご父兄・応援の皆さん、お疲れ様でした。     

TOP↑

2019東日本大会その2

以下は、一昨日の東日本大会のB・Cコート以外の支部入賞者です。  コメントは城西支部の指導員ブログに掲載されています。  私自身の備忘録として、メモ書きしました。

①深沢 泰洋(小学3年生男子+30kg級の部・第3位)

②諸岡 幸乃(小学4年生女子の部・第3位)

③江島 晴陽(小学6年生男子−40kg級の部・第3位)

④小野 そら(小学6年生女子+40kg級の部・第3位)

⑤上江洲 志穂(女子35歳以上−55kg級の部・準優勝)

⑥鈴木 武彦(壮年45〜49歳−70kg級の部・第3位)

TOP↑

2019東日本大会

昨日は墨田区総合体育館で2019東日本大会でした。  一般選手権は第12回全世界大会の最終選抜戦で、準決勝進出者4名が代表に選ばれました。  本部席前のB・Cコートの支部入賞者についてコメントします。  他のコートの入賞者については、それぞれのセコンドがコメントを書くことになっています。

①江島陽向(小学3年生男子-30㎏級・第3位)
左右へのサイドステップが秀逸ですし、動きながらも冷静に相手の動きを見ていました。  また、組手全体のバランスが整っている印象です。  今後は、蹴り込みなどによって上段の蹴りを磨くとともに、強い突きが打てるよう腕立て伏せなどで筋力を鍛えれば、優勝も見えてきます。

②川合貫太郎(小学4年生男子-30㎏級・優勝)
決勝を含め、安心して観ていられました。  動きの中での上段への蹴り、相手との間合い操作が光っていました。  欲を言えば、これからも安定して勝ち続けるための力強さが欲しいです。  江島陽向同様、腕立て伏せなどで筋力を鍛えることは必要でしょう。  

私自身の体験ですが、小学5年生の時に鉄棒の懸垂が1回もできませんでした。  担任の先生に家で腕立て伏せをするようにアドバイスを受け、毎日続けたところ、一年後には懸垂が10回できるようになりました。  バーベルを用いたウェイトトレーニングは高校生になってからだと思いますが、自重(自分の体重)を用いた筋力トレーニングは、小学生でも可能です。    

③小木戸瑛斗(高校2・3年生男子-65㎏級・第3位)
腰が落ちた安定した戦い方で、力強さも出てきました。  準決勝は相手選手の、左右へのサイドステップと突きの連打に若干圧倒された印象です。  あの戦い方に対抗するには、㋑自分自身もサイドステップを取り入れること、㋺連打の回転スピードが上がるようにトレーニングすること、㋩連打の回転を一定時間続けられるようスタミナトレーニングに励むこと、㋥強い連打が打てるようウェイトトレーニングにも注力すること、が必要です。

④岡部慎太郎(高校2・3年生男子+65㎏級・準優勝)
国際親善大会のときと同様、自分より体の小さい選手に動き回られ、ラッシュを仕掛けられ、手数負けしたように見えました。  もし、サポーターを着用しない一般の試合だったら違った判定になったかも知れません。  でも、与えられた条件の中で勝たなければならないわけですから、やるべきことは小木戸瑛斗と同じ㋑~㋥です。  
今回は、上段の蹴りで技あり寸前までいく惜しい場面もありました。  その蹴りが技有りとなるためには、他の技とのコンビネーションや相手の攻撃に合わせたカウンターで蹴ることなど、もっと創意工夫しなければなりません。  「空手頭(からてあたま・・・空手のトレーニング方法・戦い方など試合全般に関する知能)」は磨き続けなければ向上していきません。  

⑤竹岡拓哉(一般選手権・第4位)
竹岡らしい勝負強さを見せてくれました。  特に、準々決勝の樋口知春戦・再延長での力強いラッシュは、相手もラッシュを仕掛けてくるあの局面を考えると、簡単にできるものではありません。  欲を言えば、3位決定戦の高橋扶汰戦でもう少し踏ん張れたのではとも思いますが、そこも竹岡らしいと言えば竹岡らしいです(笑)  
でも、絶対取らなければならない勝負で勝ちを取ってくる、その戦いは、チーム城西の後輩たちに良いお手本を示してくれました。

いずれにしても、竹岡、世界大会出場おめでとう!  また、11日に男の子が生まれたそうです。  パパ、頑張りましたね(^^)/

選手・セコンド・応援の皆さん、お疲れ様でした。  次は、来月の極真祭です。  ともに、稽古に励みましょう。

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT